近年、葬式やお墓は、値段もスタイルも選択肢が増えてきました。先祖代々受け継がれてきた作法にのっとったうえで、「自分らしさ」を出すことも可能です。週刊朝日ムック『はじめての遺言・葬式・お墓』(朝日新聞出版)では、自分の葬式やお墓の準備について解説。残された家族も納得する葬式・お墓を準備しましょう。監修は葬祭カウンセラーの二村祐輔さんです。

*  *  *
 身内や知人の葬式に出席した経験はあっても、いざ自分自身の葬式となると、まだまだイメージしづらいのではないでしょうか。

 一口に葬式といっても、「葬儀」と「告別式」の二つに大きく分けられます。その大まかな流れは【図】の通り。(1)納棺、(2)通夜・葬儀、(3)告別式、(4)出棺、(5)火葬のプロセスを2〜3日かけて終わらせるのが、一般的な葬式の形です。

■ニーズが変化し、葬式の形態が多様化

 しかし、時代とともに葬式を取り巻く環境やニーズが変化し、これらのプロセスをすべて一度に行う従来の葬式のやり方を見直す動きが出ています。

 高齢化が進み、昔より人が集まりにくくなっていることや、「大げさにせず、身内だけで見送ってほしい」という生前の本人や遺族の要望から、質素な葬式が好まれる傾向が強まっているのです。

 そうしたニーズから生まれたのが、親族やごく親しい知人など、近親者のみで見送る「家族葬」。プロセス(3)告別式を省いたものです。(2)通夜・葬儀を省略して「一日葬」とする方法もあります。さらに、最小限の儀礼として必要な(1)納棺と(4)出棺と(5)火葬のみを行う「直葬」というスタイルも現れています。遺体と遺族が火葬場に直行する形で、読経などの宗教的な儀式を伴わず、実務のみの対応です。コストが安く済む半面、厳密にいうと葬式の概念に当てはまりません。

 なお、これらの新しい形式は葬儀社によって呼び方や内容、費用などが異なります。プラン内容に何が含まれるのかを必ず確認しましょう。

■質素ではなく「粗雑」、簡素ではなく「安易」

このように昔ほど形式にこだわらず、さまざまな方法を選びやすくなりました。ただ、簡素な葬式にしたいと願う人は多いものの、コストや合理性を追い求めた結果、質素ではなく「粗雑」、簡素ではなく「安易」な葬式になってしまう残念なケースも見受けられます。

 そこで、葬式の本来的な意義を踏まえたうえで、葬儀と告別式を切り離して考えてみてはいかがでしょう。儀礼としての宗教的な要素は残しつつ、告別式は自由な発想、スタイルで行うのです。

 たとえば後日、趣味や好きな音楽を生かした「お別れの会」を開き、仲間に集まってもらってもいいでしょう。元気なうちに自ら別れを告げる「生前葬」という方法もあります。自分らしい葬式のイメージを具体化してみましょう。

【葬式のプロセスと主な手法】
(1)納棺 (2)通夜・葬儀 (3)告別式 (4)出棺 (5)火葬

・一般的な葬式 /(1)(2)(3)(4)(5)
ある程度の人数の会葬者を呼ぶスタンダードなスタイル。通夜と告別式を2日にわたって執り行う。規模により異なるが、費用は130万円程度から。

・家族葬 /(1)(2)(4)(5)
家族や親族、ごく親しい知人など少人数で見送る形態。読経と遺族のお別れに絞ったもので、通夜を省略する場合もある。費用は70万〜 100万円程度。

・直葬 /(1)(4)(5)
納棺、出棺、火葬のみに絞ったもの。読経も祭壇もお別れの儀式もないので、厳密にいうと葬式の概念に当てはまらない。費用は15万〜 20万円程度。

・生前葬 /(3)の生前施行
本人が生前に告別式やお別れ会を行う新しいスタイルで、ここ最近注目されている。実際に亡くなった際の葬式は、遺族や近親者のみで行う。

※『遺族のための葬儀・法要・相続・供養』(二村祐輔監修/池田書店)をもとに作成

●日本葬祭アカデミー教務研究室代表・葬祭カウンセラー
二村祐輔さん(ふたむら・ゆうすけ)
葬儀コンサルティング、講演活動などを展開。テレビでも活躍。葬儀社に約18年間勤務し、2000件以上の葬儀にかかわる。『60歳からのエンディングノート入門 わたしの葬儀・法要・相続』(東京堂出版)など著書多数

※週刊朝日ムック『はじめての遺言・葬式・お墓』より