近年増える熟年離婚。切り出すのは多くの場合、女性だ。なぜ彼女たちは離婚をしたがるのか。 



 まずは熟年離婚したケースから紹介しよう。

 宮崎県出身の風間康子さん(仮名・62歳)は高校卒業後に上京して健康食品会社の事務職に就く。27歳のバレンタインデーの夜に、同じ年の広告会社の男性と出会い、その1年後に勢いで結婚。だが風間さんの結婚生活は、姑(しゅうとめ)の一言で揺らぎ始めた。

「結婚後すぐに夫が転職し、川崎市のマンションで新婚生活がスタートしました。東京都港区に住む夫の実家と距離を置いたのは、姑が私の宮崎なまりを馬鹿にしたからです。そのとき夫はまったくかばってくれませんでした」

 方言をからかわれたことで、生まれも育ちも存在も否定された気がした風間さんは、孤独感が募っていく。だが、その姑を引き取り、介護して看取(みと)り、その間に3人の娘を育てあげる。ところが夫は「仕事があるから」と介護も育児も協力してくれなかった。

「一番つらかったのは、産後に友達の家で休養していたのに、夫が一度も訪ねてこなかったことです。家に帰っても、一言のねぎらいもありませんでした」

 産後に夫の優しさが足りないために、ゆるやかに破綻(はたん)していくケースは、何も熟年世代に限ったことではない。育児中の妻を無視するような夫ならなおさらだ。

「『仕事があるから』が口癖の夫は子供の悩みも聞きませんでした。家のローンを払うために夫婦を続けている感じでした」

 夫が女性と連絡を取り続けていたことを知った風間さんは、44歳の時に長女15歳、次女12歳、三女9歳を置いて家出してみたが、仕事が見つからず、子供のことも気になり、離婚を断念して家に戻る。だが、長女の進路を巡り大げんかし、再び離婚を決意。45歳でヘルパーの資格を、その後、介護福祉士の資格を取得し、58歳で離婚した。

「この人とずっと生きていけるか。60歳を前に出した答えはノーでした。尊敬もなければ、感謝の言葉もなかった夫婦でした」

 1992年から離婚カウンセラーとして延べ3万7千人の相談を受けている「離婚110番」の澁川良幸氏は、熟年離婚の特徴を次のように述べる。

「離婚したい人の8〜9割が女性です。一方、7〜8割の男性は離婚を回避したい。女性は離婚したい気持ちを長い間抱え込む傾向にあります。子供が巣立ってから、自分を自由にしてあげたい気持ちが強くなり、子供に背中を押してもらって離婚に踏み切るケースが多いですね」

 離婚したい女性は、夫の言葉の暴力や思いやりのなさ、浮気、親の悪口といった理由を挙げるという。

「浮気を妻が許してくれたと思い込んでも、妻は完全に許していません。また親の悪口を上から目線で口にする夫を、妻は一生許しません。思いやりの言葉をかけてもらえなかったことも、妻はちゃんと覚えているんです」(澁川氏)

 19年前に65歳で離婚したマンション管理人で戦争体験を伝える太田弥三郎さん(仮名・84歳)は、「妻とほとんど会話がなかった」と振り返る。25歳で3歳年下の妻と見合い結婚したのは、肝臓がんで余命半年と宣告された母親を安心させたかったからだ。「妻は私の母親を看取ってくれた。大変だったと思います」。だが妻にねぎらいの言葉を口にしなかった。

 母親を亡くしてすぐに神奈川県で小さな製紙会社の経営に乗り出す。長女と長男が生まれると、夫は働き、妻は家事と子育てと役割分担が決まった。だが、55歳の時に会社が倒産。会話が乏しく、趣味も異なる。別れは必然だったのか。飲食店で働いて自活した妻は、10年間の別居の後に、離婚届を送ってきた。

「長女とは疎遠になりましたが、58歳になる長男とは交流があります。孫は可愛いです」

【熟年離婚・危険度チェック(夫編)】
□ 妻が60歳前から資格を取得したり、働き始めたりした
□ 長い間「ありがとう」を言っていない
□ そもそも会話がほとんどない
□ 子供が自立している
□ 子育ての悩み事を聞いてあげたことがなかった
□ 浮気がばれたことがある
□ 言葉の暴力を浴びせたことがある
□ 出産後、妻に優しい言葉をかけてあげなかった
□ 妻の実家の悪口を言ったことがある
□ 自身の親族が原因で妻が困っていても無視していた

(作家・夏目かをる)

※週刊朝日 2017年9月1日号より抜粋