「留学生の存在が日本人学生を成長させる」。医学部教授からそんな声も聞こえてくる。週刊朝日ムック『医学部に入る 2018』では、医学部の「内なる国際化」について取材。不可欠とされる国際交流だが、留学受け入れはどこまで進んでいるのか。その実態に迫った。

*  *  *
「世界に羽ばたく人材育成を!」

 国際交流を行う医学部が参加する「全国医科大学国際交流センター連絡協議会」のホームページをのぞくと、こんなキャッチコピーが書かれている。だが、日本の医学留学生の受け入れ状況は、国際医療福祉大学を除けばさほど活発とはいえない。

 医学部の「内なる国際化」を支える留学生。彼らはどれほど日本で受け入れられているのか。医学教育の現状をまとめた「わが国の大学医学部・医科大学 白書 2016」(全国医学部長病院長会議)によると、新設組の東北医科薬科大学と国際医療福祉大学を除く80医学部のうち、55校が海外留学生を受け入れる制度を設けている。だが、そのほとんどが数週間から数カ月滞在させる程度だ。

■“お国事情”であえて日本の医学部留学も

「国際医療福祉大学のように1学年から入学させる“外国人枠”は、国公立大や私立大では実質的に機能していません」

 こう話すのは、外国人向けの医学部受験コースを運営する医学部専門予備校YMSの寺山守さんだ。YMSは5年前に外国人留学生コースを開設し、今回取り上げた国際医療福祉大学の入試でも、韓国人2人を合格させている。

「たとえ“外国人枠”があっても、何年間も合格者を出していない医学部も少なからず見られます。募集枠も大抵1〜2人なので実に狭き門です。各大学とも国際化の要請から“内なる国際化”を掲げていますが、学部レベルではまだまだのようです」(寺山さん)

 そもそも、外国人が日本の医学部を目指すのはなぜなのか。4学年や5学年で欧米から日本へ短期留学する学生の場合は、他学部の留学生と同じく、日本という国自体への興味や関心が理由にあることが多いという。


 一方で、韓国や台湾などアジアから来る留学生の場合は、自国での医学部入学が日本以上に狭き門となっていることが背景にあり、“外国人枠”を目指すことがあるようだ。

「YMSの外国人向けコースには自国の医学部に入れない若者たちが来ています。また、台湾の大学では一度ある学部を卒業すると、その学部以外を受けられなくなり、医学部への道が絶たれます。このため、日本の医学部を選択肢に入れることがあります」(同)

 このほか、ミャンマーやベトナムなどでは、医学教育のシステムが脆弱なため、日本の医学部を目指す留学生がいるという。

■留学生の存在は日本人学生にプラス

「海外学生との国際交流は医学教育の上で欠かせない」

 医学部の教授に話を聞くと、こう話す人は多い。実情はどうなのか。一例として、大阪大学の取り組みを紹介しよう。

 同大が発表した論文によると、2009年度から留学生を受け入れるプログラムを始め、08年度にゼロだった留学生が13年度には14人となった。ヨーロッパとアジア出身が多く、臨床実習で6〜12人、研究で1〜6人を受け入れている。

 この結果、病棟や研究室などで留学生と接触する機会が増え、国際化が進むとともに、指導教員や日本人学生たちの「心の中の国際化」ができた。同大はこう分析している。

 留学生の存在は、日本人学生にとってプラスに作用する可能性が高い。医学部を受験する際、その大学がどれほど国際交流に力を入れているか、検討する材料の一つに入れてみてもいいだろう。

(文/加藤弥)

※週刊朝日ムック『医学部に入る 2018』から抜粋