うつ病を克服し、偏差値29から東大に合格。ベストセラー『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』の著者・杉山奈津子さんが、今や3歳児母。日々子育てに奮闘する中で見えてきた“なっちゃん流教育論”をお届けします。

* * *
 言葉というのは複雑なもので、同じことを伝えようとしても、言い方によって受け取る側の印象は全く違ってきます。友人がアクセサリーをくれるというとき、「微妙で捨てようと思ったけどもし使うならあげる」と正直に言われるより、嘘でも「貴方に似合いそうだからよかったらあげる」と言われた方が、よっぽど気分がいいし嬉しいですよね。まさに、ものは言いよう。

 大人も、子どもに対してうまい言葉の使い方をすれば、子どもも随分と変わっていくように思います。周囲のお母さんたちの声を聞いていると、「○○してはいけない」「○○しなさい」といった命令調の言い方を頻繁に耳にするように思えます。

「公共の場で大声を出してはいけない」「廊下を走ってはいけない」等々。確かに、周囲に迷惑になるとき、子ども自身がけがをしそうで危ないときは、「やっちゃダメっ!」と大声を出したくなります(というか出しています)。ただやはり、あまりに「やってはいけない」ことばかりでは、子どもの世界はどんどん縛りつけられて、狭く窮屈になってしまいます。

 私が通っていた高校は、校則が非常に厳しくて、ひどく堅苦しいところでした。「ひざ掛けをしてはいけない」というような、なんのためにこんな規則があるの?と疑問に思うモノも。そこで、「この校則はなんのためにあるのか?」と先生に聞いたことがあるのですが、大体が「昔から決まっているから」の一点張り。そんな、生徒を無意味に縛りつけるような校則はなくせばいいと言っても、「社会に出たらもっと不条理なことはたくさんある。学校はその予行演習みたいなものなの」という、論点のズレた答えが返ってきました。

 人間には、心理的リアクタンスという、自分の行動は自分で決めたいという心理が備わっています。小さな子は特に本能の赴くままに行動しがちなので、やってはいけないと言われれば言われるほど、やりたくなる気持ちは強くなるでしょう。それを「子どもだから」という理不尽な理由で抑えつけられるのは大きなストレスです。私も自分の中で納得のいかない校則は守らないこともあり、しょっちゅう先生に呼び出されて怒られていました。


 それだけ怒られておきながらもはっきり言いますが、「理由・目的がわからない」規則をかたくなに守らせることは、単に思考を放棄させることであり、頭の固い人間をつくり出す行為だと思っています。今後はセンター試験も柔軟性を試す方向に向かっていくそうですし、やはり子どもには自分の頭で考えて状況に適応できる人間になってほしいです。 先日、友人と子ども数人で科学館に遊びに行ったのですが、ある小学1年生の男の子で、ひたすら真面目に規則を守る子がいました。誰もいない遊び場の周囲をうろうろして、「僕もここで遊びたい」と何度も言うのですが、そこには「小学生以上のお子様は入らないでください」との看板が。子どもが多い場所には、小さい子どもが大きい子にぶつかると危ないため、年齢を分けて小さい子どもだけのコーナーが作られていることがあるんです。しかし、今は誰一人遊んでいないわけで……。

 私が「なんで遊んじゃいけないと思う?」と聞くと、その子は「そう書いてあるから」と答えました。小さいうちは、なぜそういう規則があるのかと考えさせるより、単純に「してはいけないことはしてはいけない」と教えてしまうことが多いです。男の子なんて特に訳のわからない危険な行動を突然やりだすので、気持ちはとてつもなくよくわかります。私が「今なら入っても大丈夫だよ」と言うと、なんと「悪いことすると警察がくるから」と返され、可愛くて思わず笑ってしまいました(うちの息子も悪いことをするとマツコ・デラックスがくると言って脅かしています)。どうしようかなと悩んだ末、スタッフさんに「誰もいない間は遊んでもいいですよね?」と聞きました。OKをもらうと、男の子はやっと安心して嬉しそうにわっと遊びだしました。彼の返答から、その家のしつけ方がみえてきて面白かったです。
 
 ただ、入っては「いけない」は、入ることが「できない」と同じです。小さいころから「してはいけない」、つまり「できない」ことが多ければ多いほど、意欲や好奇心を育む機会が失われて、諦める癖がついていきます。たくさんの「できない」という否定に囲まれていると、徐々に偏った固定観念が形成されて、大人になってから、考える前に「僕にはできない」「無理だよ」と捉え、諦める癖がついてしまいます。私の学校の校則で先生が言った通り、自然と社会の不条理を受け入れてしまうのです。


 私はなるべく、「できない」という言葉で締めつけるより、自分で選んで行動させてあげたいと思っています。そこで、「してはいけない」と言うのではなく、「した方がいい」という言葉を使うよう心掛けています。
 
 たとえば、レストランでは「大声を出してはいけない」ではなく、「こういうオシャレな場所では小さな声で話す方がオシャレで素敵なんだよ」と言います。デパートの中では「走ってはいけない」ではなく、「ゆっくり歩く方がお兄さんっぽくてイケメンだよ」と伝えています。仮面ライダーにハマっているので、「かっこいい男」というフレーズが心に響くようです。最近は年少さんなのに色気づいてきて「○○ちゃんが好き」みたいなことを言ってきて、ますます「イケメン」「かっこいい」という言葉が強く効いてくるわけです。

 一時的なものかもしれませんが、最近は頻繁に「なんでなの?」と聞いてくるので、理由も併せて答えたり、または一緒に考えたりするようにしています。息子が納得すればいいので、答えはかなり適当に答えます。「なんで夜は暗いの?」と聞かれれば、「お日様も眠って休まないと疲れちゃうから」といった程度です。まあ、駐車場で突然手を離し、1人で走り出そうとするときなんかは単純に「やめろーーーーっ!!」と大声で叫んでしまいますが……。
 
 サンタさんはもちろん、まだまだ鬼や魔法使いを信じているようなお年頃。難解な宇宙の仕組み、「地球が自転して、夜は日本が太陽の反対側にいっちゃうから」というきちんとした理由は、もう少し大人になって、論理的にものごとを考えられるようになってからでいいかな、と思います。

 ただ、うちは両親ともに理系なので、もし息子が将来ド理系のロジカルモンスターになったら嫌だな、と。「お小遣いを上げられない理由」「歴史で原始人の名前を覚える理由」なんかを挙げて人の説明の矛盾点をついたり、論破したりしてくる子になったら非常にやっかいだな、などと考えてしまいます。思考の柔軟性はあれど、性格が堅苦しい子になる、
なんてことにはなりませんように……。

(文/杉山奈津子)

すぎやま・なつこ/1982年、静岡県生まれ。東京大学薬学部卒業後、うつによりしばらく実家で休養。厚生労働省管轄医療財団勤務を経て、現在、講演・執筆など医療の啓発活動に努める。1児の母。著書に『偏差値29から東大に合格した私の超独学勉強法』『偏差値29でも東大に合格できた! 「捨てる」記憶術』『「うつ」と上手につきあう本 少しずつ、ゆっくりと元気になるヒント』など