歯を失う原因は、むし歯だと考えている人は多いでしょう。しかし日本人が歯を抜かなければならなくなる原因のトップは、歯周病です。日本歯周病学会と日本臨床歯周病学会の共著として発刊した書籍『日本人はこうして歯を失っていく 専門医が教える歯周病の怖さと正しい治し方』(朝日新聞出版)から、歯周病の治療法を紹介します。

*  *  *
 歯周外科治療は、「手術」のこと。目的によって次の3つに分けられます。

(1)フラップ手術=汚れの徹底清掃

(2)歯周組織再生療法=崩れた土台を作り直す工事

(3)歯周形成手術=見た目の改善を主目的に、外壁を修復する

「フラップ手術」は、スケーリングやルートプレーニングでとりきれなかった歯周ポケットの奥深くにあるプラークや歯石を、歯肉を切り開くことによってしっかりとり去ります。歯根表面をきれいにし、歯周ポケットを浅くするための治療です。

 歯槽骨が吸収されてしまっている場合は、歯槽骨の再生を促す「歯周組織再生療法」が追加されます。

 一方、「歯周形成手術」は、歯肉が下がって歯が長く見えるようになってしまった場合に、他の部分から歯肉を移植して形成し、見た目を良くする方法です。

■奥深くの汚れをきれいにする「フラップ手術」

 歯周病の進行度にかかわらず、まずおこなわれる治療は、プラークや歯石の除去を中心とした歯周基本治療です。歯周基本治療をすれば歯と歯肉はくっつき、歯周ポケットを浅くすることができます。しかし、プラークや歯石が歯周ポケットの奥深くに入り込んでいて、外側からとりきれずに残ってしまうと、歯と歯肉はくっつきません。

 そこで効果的なのが、「フラップ手術(歯肉剥離掻爬術(しにくはくりそうはじゅつ)」です。歯周基本治療をしても歯周ポケットが5ミリ以上残って歯石がとれていない場合は、フラップ手術を検討します。


 局所麻酔をしたのち、歯に添って切開して歯肉を開き、歯根を露出させた状態にしてスケーリングやルートプレーニングをします。こうすれば、外側からでは器具が届かなかったプラークや歯石を根こそぎ取り去ることができます。その後、歯肉を元に戻して縫合します。

 フラップ手術は徹底的に清掃ができる半面、治療後に歯肉が下がって、歯が長くなったように見えてしまうことがあります。とくに前歯は下がりやすいので、こうしたリスクについても十分説明してもらったうえで手術を受けるようにしてください。

■破壊された骨を再生させる「歯周組織再生療法」

 歯周病の基本治療やフラップ手術で歯や根の面を掃除して、歯周病の原因細菌が潜んでいるプラークや歯石を除去することができれば、歯周病の進行はストップし、歯周組織の炎症は改善します。フラップ手術だけでも70%程度は回復が見込めます。

 しかし、すでに歯槽骨が吸収されるなど歯周組織の破壊が骨にまでおよんでいる場合、原因を除去しても壊れた骨まで完全に回復することはできません。土台となる骨が心もとないので歯は安定しないし、抜歯をしなければならなくなることもあります。そこで壊れた土台を作り直す「歯周組織再生療法」が推奨される場合が多いのです。

■GTR法とエムドゲイン法

 現在おもにおこなわれている歯周組織再生療法には、「GTR(Guided Tissue Regeneration)法」と「エムドゲイン法」という2つの方法があります。

 フラップ手術で歯肉を開いて歯周ポケット内にあった歯石を取り去ると、歯と接する骨の部分は溶けてすき間が開いた状態になっていますが、歯周病の原因の汚れは除去されているので、ここには「歯肉」が再生されます。実は歯槽骨も再生はするのですが、歯肉の増殖スピードのほうが圧倒的に速いため、歯槽骨が再生される前に歯肉が再生されて歯槽骨があったはずのすき間を埋めてしまい、骨が再生されるスペースがなくなってしまうのです。


 そこで「GTR法」では、人工膜(GTR膜)で壁を作って、歯と失われた歯槽骨の間にスペースを確保します。膜でおおわれたスペースには歯肉は入り込めないので、歯槽骨が再生されます。

 一方、「エムドゲイン法」は、エムドゲインというドロリとしたゲル状のタンパク質を、露出した根表面と吸収されてしまった歯槽骨に塗ります。歯肉の再生が抑制されるだけでなく、エムドゲインのタンパク質が歯根部の細胞に働きかけ、歯槽骨が再生されるのです。

 GTR法もエムドゲイン法も、歯周組織の再生は手術を受けた直後から始まり、個人差はあるものの、半年以上経過すればエックス線写真で骨の再生を確認できます。

 再生した状態を維持するには、毎日のブラッシングなど患者さん自身のセルフ・ケアはもちろんのこと、歯科医師によるメインテナンスも不可欠です。

■GTR法とエムドゲイン法、どちらがいい?

 GTR法でもエムドゲイン法でも、期待できる効果や治療の条件はほぼ同じですが、GTR法のほうが技術的に難しく、効果が歯科医師の技量や経験に左右されやすいという面があります。主治医がどちらを得意としているのか、費用、その後の治療計画などについて説明を受けてください。(なお、エムドゲイン法は、大学病院を中心にした一部の医療機関では「バイオ・リジェネレーション法」という名称で、検査などに保険が認められる先進医療として実施しています。)

■再生治療ができない場合も

「歯周病になっても、今は骨の再生手術があるから大丈夫」と考えがちです。しかし、一般的に再生療法の対象となるのは中等度。重度で歯槽骨の吸収が進みすぎていれば、骨の再生はあまり期待できません。

 また、再生療法は歯科医院のイスの上でおこなうとはいえ、体を切る「手術」ですから、全身状態が悪い人は受けることができません。歯周病では、重度の糖尿病や心筋梗塞など持病を持っている人が多いのですが、持病を隠して手術をすると、出血が止まらないなど思わぬ事故につながります。きちんと持病を歯科医師に申告したうえで、治療方針を話し合ってください。なお、喫煙する人は、しない人に比べて歯槽骨が再生しにくいことがわかっています。


■歯肉を美しく、ブラッシングもしやすくする「歯周形成手術」

 歯周病では病気が進行したり治療を受けたりすることによって、「歯肉が下がって、あるいは歯肉が痩せて歯が長く見える」「差し歯と歯肉の境い目が見える」「歯肉が左右非対称など形が悪い」「歯と歯の間のすき間が大きくなった」など、「見た目」に支障をきたすことがあります。「歯周形成手術」は、こうした歯肉の見た目を手術で改善します。笑顔を重視する欧米ではすでに50年ほど前からおこなわれていて、日本でも広がりつつあります。

「見た目」の重要度は人それぞれですが、とくに最近は20代30代の若い女性にも歯周病が増えていて、見た目の悪さが患者さんの精神状態に大きな影響を及ぼしているケースもあります。歯周形成手術をしたあと、笑顔に自信がもてるようになり、とても明るくなる患者さんも少なくありません。また、歯肉の形を整えることによって、ブラッシングがしやすくなるという効果も期待できます。

 さまざまな歯周形成手術の中で最もよくおこなわれるのが、歯肉が下がって歯が長く見える場合におこなわれる「根面被覆術(こんめんひふくじゅつ)」です。局所麻酔をして、口蓋(上顎の裏側)から切除した歯肉を、歯肉が下がってしまった部分に移植する手術で、1時間ほどで終了します。ただし口蓋の歯肉が薄い人は、この治療はできません。