注目されるiPS治療。初めて治療に応用されたのは眼の病気だ。3月27日発売の週刊朝日ムック『眼の病気&老眼がまるごとわかる2018』では、最先端の医療現場をルポした。

*  *  *
 体のさまざまな臓器や組織に分化できるiPS細胞。2007年に山中伸弥氏率いる研究チームが作製に成功して以来、さまざまな病気の治療に道を開くことが期待され、大きな注目を集めてきました。

■根治を見込める治療として期待

 iPS細胞が初めて治療に応用されたのは、「眼」の病気です。患者は右目の加齢黄斑変性を患う70代の女性。14年9月、臨床研究として患者自身の細胞から作り出したiPS細胞を使い、新たな網膜色素上皮細胞に分化させて、機能が低下した古い色素上皮細胞の代わりに移植しました。

 現在、加齢黄斑変性におこなわれている標準治療では、病気の原因になっている網膜色素上皮細胞を元に戻すことができないので、完全に治すことはできません。iPS細胞を利用した治療は網膜色素上皮細胞を新しいものに置き換えるため、根治を見込める治療として期待されています。

 一連の研究や治療を主導してきたのは、理化学研究所や神戸市立医療センター中央市民病院などで構成された研究チームです。17年12月には中央市民病院眼科と先端医療センター病院眼科が統合して「神戸市立神戸アイセンター病院」が開院し、チームのメンバーが各々の施設から移ってきました。同院院長に就任した栗本康夫医師もその一人です。

「院内に理化学研究所の研究室も設置し、より密接に連携しながら活動しています」(栗本医師)

 iPS細胞が他の臓器よりも先んじて眼の病気で臨床試験を始めることができたのは、いくつかの幸運が重なっています。まず加齢黄斑変性の治療に使う網膜色素上皮細胞をiPS細胞から作る方法が、たまたま最初に見つかったこと。そして眼は深部の臓器ではなく体の表面にある器官なので、処置や観察がしやすいということです。

 前出のiPS細胞を使った治療を初めて受けた女性の経過は良好で、術後は視力低下が止まり、3年以上経った今も0・1の視力を維持できています。自分の細胞を使うため、移植後の拒絶反応も起きていません。安全性と効果を確かめるため、今後も経過観察を続けていきます。

■iPS細胞ストックの実用化へ

 しかしこの治療は本人の細胞をもとにiPS細胞を作製するフルオーダーメイドなので時間も費用もかかり、多くの人が受けるのは難しいと言わざるを得ません。

 現在、この問題を解決すべく研究チームが取り組んでいるのが、「iPS細胞ストック」を利用する方法です。iPS細胞ストックとは、日本人に多い免疫の型を持つ人から提供された細胞でiPS細胞を作り、網膜色素上皮細胞に分化させて冷凍保管したもの。他人のiPS細胞でもこの型に合う人であれば、移植しても拒絶反応は起きにくい。ピタリとはいかないまでもそこそこ合わせられる、というわけです。

 保管したiPS細胞ストックを使えばすぐに移植をすることができます。またiPS細胞ストックは量産できるので、コストも格段に抑えられます。

「17年には5人がiPS細胞ストックの移植手術を受け、経過観察しています。自分の細胞ではないのでなんらかの拒絶反応が起こるのは織り込み済みですが、免疫抑制剤を使わなくて済む程度に抑え込めれば、治療として成り立つと考えています」(同)

 安全性が確かめられれば、効果についても確認し、数年以内の実用化を見込んでいます。また臨床試験で使用したiPS細胞ストック免疫の型では日本人の17%の人が治療を受けられますが、今後違う型のiPS細胞ストックを増やしていくことで治療を受けられる人が増えていきます。

「iPS細胞による再生療法は、夢の扉を開けたばかりです。将来多くの人が受けられる治療として根づかせるために、今は一つひとつ丁寧に成果を積み重ねていくことが大切です」

と、栗本医師は話しています。(週刊朝日医療健康チーム・熊谷わこ)