季節の変わり目、とくに春は、湿疹ができたり肌が荒れて粉をふいたりしたようになってつらい――。老若男女を問わず、こんな肌の悩みを抱える人は少なくない。4月に放送されたバラエティ番組「アメト――ク!」(テレビ朝日系列)でも、人気お笑いタレントの今田耕司や狩野英孝などが「お肌よわよわ」芸人として集まり、「よわよわ体験」を告白。SNSなどネット上には多くの共感の声が上がっていた。この季節に起こりやすい肌のトラブルについて、皮膚科の医師に取材した。

*  *  *
 季節の変わり目の肌荒れや、芸人たちが訴えた「頭皮をかいて毛がなくなった」「肌が弱い人のあだ名はだいたい『粉ふきいも』」「タイツ的なものをはいたら世界のかゆみが来た」「仕事のストレスで肌がかゆくなる」――。

 これらの症状について、『敏感肌の診療』(メディカルレビュー社)などの著書がある宇野皮膚科医院・院長の漆畑修医師は次のように解説する。

「多くはいわゆる敏感肌のことかと思われます。敏感肌は、敏感肌体質といえる何らかの体質をもった人に生じる、各種の刺激に反応しやすい肌のことです。肌荒れ(乾燥肌)や湿疹、かぶれ、ニキビ、フケ、これらに伴うかゆみなどが生じ、なかでも肌荒れは、敏感肌の前段階と考えられます」

 肌荒れは、肌の最も外側の組織である角層のバリアー機能が低下し、外部刺激が侵入することで肌に炎症がおこり、角層の水分が減少した状態。角層の水分減少でさらにバリアー機能が低下するという悪循環に陥り、肌荒れが悪化していく。

 また、敏感肌は学術用語ではなく、医学的な定義もないが、漆畑医師によると、主に脂漏(しろう)性皮膚炎、成人ざ瘡(そう)(大人ニキビ)、接触皮膚炎(繊維や金属、化粧品、洗剤、食品などによるかぶれ)、光線過敏症、アトピー性皮膚炎(超敏感肌)をベースに発症する。肌荒れが進むとこれらのベースとなる皮膚疾患が表面化し、敏感肌として自覚されることになる。

 さらに、体調や季節的な要因で一時的に発症しやすくなるケースもあり、季節の変わり目の肌荒れにはこうした敏感肌が含まれるとみられる。とくに、年度替わりの生活環境の変化などでストレスが増大しがちな春におこることが多い。

「ベースとなる皮膚疾患のなかでも多いのが脂漏性皮膚炎です。日本人の4〜5割はこの皮膚炎になりやすい体質をもっているといわれています」(漆畑医師)

 脂漏性皮膚炎は、脂漏といっても肌がべとつきやすい脂性肌とは関係なく、皮膚の脂漏部位に生じた炎症のこと。脂漏部位は頭部、顔面、胸部、背中、わきの下、へそ周辺、外陰部などである。

「アメト――ク!」でも、何人かの芸人がこれらの部位をついかき過ぎてしまうことを打ち明けていた。

 こうした敏感肌症状を訴える人に、漆畑医師は次のように警告する。

「健康を害することが明らかな寝不足や過労、ストレス、栄養不足、喫煙などが引き金になって肌荒れ、そして脂漏性皮膚炎などが発症・悪化するため、敏感肌は体調悪化のシグナルともいえるのです」

 季節の変わり目の肌荒れは、年度替わりの生活環境の変化などでストレスが影響しているかもしれない。

(文・近藤昭彦)