1960年代、映画「若大将」シリーズで主演の加山雄三さんの恋人を演じ、アイドルとして人気を博した星由里子さん。日本テレビ系「2時のワイドショー」の司会を務め、NHK連続テレビ小説「あぐり」ほか上品な姑役を演じ「あんなお母さんがほしい」と誰もが思った女優が、心房細動と肺がんで死去した(享年74歳)。がん死亡率No.1の肺がんだが、最も安全な手術法があるという。



*  *  *
 星さんが発症した肺がんは、がんの中での死亡者数が最も多く「難治がん」とも言われる。初期には無症状のことが多いが、進行すると咳、痰、胸の痛みや息苦しさを感じる。日本において大腸がん、胃がんに次いで罹患者数が多い肺がんだが、早期発見ができれば手術や放射線治療により完治も可能だ。

 肺がんの早期発見には、CT(コンピューター断層撮影)検査が最も有用とされ、CT検査の普及や診断技術の進歩により、早期に肺がんが見つかるケースが増えつつある。一方で、一般的な健康診断にはCT検査が含まれないことも多く、X線検査ではごく早期の小さながんや、臓器や骨の裏側にあるがんは発見できないこともある。

 とくに肺がんは、初期には自覚症状がないことが多く、症状が表れたときには進行していることも多い。「毎年健康診断を受けているから早期発見できるはず」と、過信はできない。

 肺がんの発症には、喫煙(受動喫煙含む)や大気汚染、女性ホルモンなど環境的な要因が関係していることが考えられると国立がん研究センター東病院呼吸器外科の坪井正博医師は話す。

「喫煙者だけでなく、非喫煙者でも家族や職場に喫煙者がいる場合や、身近に肺がんにかかった人が何人もいる場合、咳が長引く場合(2〜3週間以上)などは一度CT検査を受け、異常がなければ、その後は数年に一度でいいのでCT検査を受けたほうがいいかもしれません」(坪井医師)

 肺がんは、がん細胞の形や性質によりいくつかのタイプ(組織型)に分けられ、それぞれの組織型やがんができる場所により、がんの性質や進行のスピードが異なる。場所としては、肺の入り口付近にできる「肺門型」と、肺の奥のほうにできる「肺野型」に分けられる。組織型では、「高悪性度神経内分泌がん(小細胞がん、大細胞神経内分泌がん)」と「非小細胞がん(腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんなど)」に分類される。

 肺がん全体の半数以上を占めるのが「腺がん」で、肺野型であることが多く、非喫煙者の女性にもみられる。腺がんの中でも、CT検査で薄い影のように見える「すりガラス様陰影」と呼ばれるタイプは、進行がゆっくりでおとなしい性質のがんと考えられる。

 次に多いのが「扁平上皮がん」で、約20%を占める。喫煙と関係の深いがんであり、肺門型が多かったが、フィルター付きたばこの普及により減少傾向にある。「小細胞がん」も喫煙者に多く、進行が速いことが特徴である。

■不要な手術はしない、医療の考え方の一つ

 肺がんの治療は「手術」「放射線治療」「薬物治療」の三つが基本となる。治療法は、がんの進行度(病期)や組織型、患者の年齢や体力などにより決められる。

「高齢による体力の衰えや、持病の有無などの身体的な条件のほか、例えば、認知症がないか、病状や治療について理解ができるか、治療に前向きに取り組めるかなどといった精神的な状況と、仕事やライフスタイルを含めた社会的状況、そして患者さんご本人の意思も考慮した上で治療方針を決めます」(同)

 原則として、手術の適応となるのは非小細胞がんの早期(I期、II期、IIIA期の一部)のみ。I期で3センチ以下の早期がんであれば、手術で8割超が完治するといわれる。

 ただし、坪井医師によると、近年では悪性度が低い(おとなしい性質の)非常にゆっくり進行するタイプのがんがあることが判明した。この場合はすぐに手術をせず、経過を観察するケースもあるという。

「患者さんが『気になるのでとってしまいたい』と希望される場合は手術で切除します。しかし、『できれば手術したくない』という方や、年齢によるからだへの負担が懸念される場合は、すぐに生命に関わることはないと考え手術をせずに様子をみます。必要な人に必要な治療をすることが重要であり、『不必要な手術はしない』という選択肢も、これからの医療の考え方の一つだと思います」(同)

■根治と呼吸機能維持の二つを見極める

 肺は、右肺が三つ、左肺が二つの「肺葉」に分かれており、手術では、がんがある肺葉ごと切除する「肺葉切除」が標準治療とされている。しかし、早期の小さながんでは、さらに小さく切除する「縮小手術」を検討することもある。

 肺は一部切除しても、リハビリによってある程度は呼吸機能を回復させることができる。しかし、切除する範囲が大きいほど呼吸機能は低下してしまう。がんを取り残さないようにしっかり切除することが最優先だが、その上でできるだけ呼吸機能を温存できるように切除範囲の検討をする。「がんの根治と呼吸機能維持のバランスを見極めることが重要」と坪井医師は話す。

 手術の方法として、「開胸手術」のほかに、胸腔鏡を使用する「完全胸腔鏡手術」、胸腔鏡を併用する「胸腔鏡補助開胸手術(ハイブリッドVATS)」などがある。最新治療として、2018年4月から肺がんでもロボット手術が保険適用となった。しかし、「最新の治療法が最善の治療法とは限らない」と坪井医師は指摘する。

 完全胸腔鏡手術やロボット手術では、小さな切開で済むため低侵襲で術後の傷の痛みが軽く済むという利点がある。しかし手術時間がやや長くなりやすく、手術中の出血などの緊急時には迅速に開胸する必要があるなど、注意すべきことも多い。それぞれの方法にメリット、デメリットがあるが、治療成績や患者の予後には大差ないとされている。

 現在では、術野が十分にとれる程度に小さく(7〜9センチ程度)開胸し、胸腔鏡を併用しておこなう胸腔鏡補助開胸手術が、最も安全性が高く有用な方法として多くおこなわれている。実際にどの方法を選択するかは、がんの大きさや場所、患者の状況、病院の方針などにより異なる。

「傷が小さいから良い、最先端だから良い、とは限りません。患者さんそれぞれの状況に応じて最善と思われる方法を検討し、医師と十分に相談した上で、患者さん自身が納得できる方法を選択することが大事です」(同)

(文・出村真理子)

※週刊朝日  2018年6月1日号