雑誌「GO OUT」で連載中のスタイリスト岡部文彦さんと、アウトドア家具メーカーのペレグリン・ファニチャーを運営するカメラマンの見城了さん、そしてキャンプ初心者の筆者による「冬キャンプ」体験。寒さ対策に必要な道具や知識を学ぶ。



*  *  *
 バランゲルドームはドーム形で広々しているが、うっかり煙突に触って火傷しないよう気をつけないといけない。

「化繊は一瞬で溶けるので、服装は綿やウール、革などの自然素材がいい。僕はフリースよりセーター派です」(岡部さん)

 17時。ストーブに火をつけて、夕ごはんの準備開始。テント内の温度は17度。ダウンジャケットを着ていると暑いぐらいだ。

 岡部流は、プラスチックやビニールもなるべく避ける。食器もホーロー製や木の器だ。

「プラスチックは味気ないですよね。木はぬくもりがあるから好き。でもなにも原理主義みたいにする必要はなくて、合理化できるところは合理化しちゃう。変にこだわりすぎるのはナンセンスだし、ハイテクものの便利さも認めながら、うまくミックスして取り入れて楽しんだらいいと思います。この鍋も、出汁から取るわけじゃなく、鍋の素を使います(笑)」

 完成した鍋を食べながら、スマホで音楽をかける。夏の混み合ったキャンプ場では、隣の会話がまる聞こえということもあるが、この日、視界にキャンパーはゼロ。多少大きい音でも周りを気にする必要がないのも、この季節のキャンプの醍醐味だ。

 鍋を食べ終えてからも、ストーブに薪をくべながら、あまった豆腐を焼いてネギをのせたり、焼きリンゴを作ったりと即興の料理が次々と繰り出される。「うわ、これめちゃくちゃうまい!食べて食べて!」とワイワイしているうち、ほぼ初対面だった二人とも、一気に距離が近くなる。人と人とを近づける、これもキャンプの魔力だ。

 ぬくぬくの薪ストーブのおかげでビールも進み、すっかりできあがってきたが、忘れてはいけないのが冬キャンプのもう一つのお楽しみ。

 テントから出てみれば、そこには満天の星。ブランケットにくるまって、しばし眺める。

 翌朝。カラスの鳴き声で6時半に目がさめると、外はマイナス6度。薪も燃え尽きて、テント内もマイナス2度まで下がっていたが、夜に寒さで目が醒めることはなかった。

 さっそくお湯を沸かして、コーヒーと朝ごはん。朝の澄んだ空気の中での焚き火も魅力的だが、薪ストーブがあるのでどうも外に出る気にならない。結局テントにこもってぬくぬくとしたまま、朝ごはんをいただく。

 まだまだおこもりキャンプを続けたいところだが、あっという間に撤収の時間。
 薪ストーブは熱いままでは撤収できないので、慌てないように1時間ぐらい冷ます時間をみておかないといけない。

 一酸化炭素アラームは一度も鳴らず、寒さに凍えることもなく、無事にキャンプは終了。

 道具は進化し、いまや年中アウトドアが楽しめる。薪ストーブのハードルが高ければ、電源つきのオートキャンプ場を使うのもいいだろう。

「僕らは何度もキャンプをしていますが、同じキャンプって二度とないんです。人も道具も、季節も風景も、毎回違う。一期一会のジャムセッションのようで、それが楽しい」(見城さん)

 さて、次のキャンプは、誰と、どこに行こうか。(編集部・高橋有紀)

※AERA 2019年3月11日号より抜粋