最近、歯周病と認知症の関係について、新聞などで見聞きする機会が増えました。実際、歯周病は認知症の原因になるのでしょうか? だとすれば、治療や予防をすることで認知症予防はできるのでしょうか? テレビなどでおなじみの歯周病専門医、若林健史歯科医師に疑問をぶつけてみました。

*  *  *
 65歳以上の高齢者のうち認知症を発症している人は約15%、認知症の前段階とされる軽度認知障害を入れると65歳以上の4人に1人以上が相当するといわれています。そして近い将来は3人に1人が相当するようになるという推計も……。

 高齢社会の中で増え続ける認知症。これをどう予防するか、どうしたら悪化させずにすむかは、誰にとっても関心事です。そんななか、歯周病対策が認知症対策の一助になるのではと期待される研究結果が出てきています。

 認知症と歯周病の関係については2013年、海外の研究でアルツハイマー病の患者の脳から歯周病の原因菌である「Pg菌」が見つかったことが、話題になりました。アルツハイマー病の患者10人のうち、4人の脳からPg菌が見つかり、同じ年齢で認知症ではない10人の脳からは全く検出されなかったのです。

 その後、国内外でマウスを使って歯周病菌の認知機能への影響を調べるさまざまな研究がおこなわれました。あらかじめアルツハイマー病に罹患させたマウスを、歯周病菌を投与する群と歯周病菌を投与しない群に分けた結果、歯周病菌を投与して作った歯周病のマウスは、そうでないマウスに比べて認知機能が低下したり、脳内にアルツハイマー病特有の炎症や老人斑が認められたりという報告が相次いで出てきました。

 さらに、こうしたアルツハイマー病特有の脳の異常を引き起こす物質が、歯周病菌から生成される可能性もわかってきました。
「カテプシンB」という酵素はその一つで、老人斑の生成や脳の炎症を引き起こす働きがあります。九州大学大学院歯学研究院の武洲(たけひろ)准教授(神経免疫学)の研究グループが発見したもので、歯周病のマウスでこの酵素が増えていることに着目したのです。培養皿上でもこうした過程の再現に成功しました。

 また、日本大学歯学部の落合邦康特任教授(口腔細菌学)らは、歯周病の原因菌によって作られ、口臭の原因にもなっている「酪酸(らくさん)」が、脳細胞の破壊の原因となる鉄分子やタウタンパクを増やしたという結果を報告しました。歯周病患者は歯周ポケット中の酪酸の数が健康な人に比べ、約10〜20倍も多く検出されるという結果も得られています。

■歯周病にならなければ歯を失わずにすむ

 これまで連載でお話ししてきたように、歯周病菌は糖尿病、心筋梗塞(しんきんこうそく)、脳血管障害、動脈硬化などさまざまな全身病の原因になります。口の中に潜む歯周病菌が粘膜の表面の毛細血管の入り口から全身をかけめぐることで、こうしたことが起こると考えられています。

 この歯周病菌が脳に到達し、なんらかのプロセスを経て、アルツハイマー病を悪化させるリスクになっている可能性があることは十分、考えられます。

 研究はまだ、途上ですが、数年以内にはさらに詳しく歯周病と認知症のかかわりがわかってくるでしょう。

 アルツハイマー病の予防策としては、生活習慣病(糖尿病や高血圧、脂質異常症など)対策や食事、適度な運動、他者とのコミュニケーションなどさまざまなものがいわれていますが、こうした背景から、歯周病対策も入れることを私はおすすめしたいと思います。

 歯がなくなったり、弱くなってかむ力がなくなることはそれ自体、認知機能低下のリスクになることが明らかです。歯周病にならなければ歯を失わずにすみ、高齢になってもかむ力を維持できます。

 歯周病を治療することで口の中の細菌が減り、誤嚥(ごえん)性肺炎のリスクも回避できます。つまり、たくさんのメリットがあります。

 35年以上歯科医師をやっていると、長く経過を診させていただく患者さんも増えてきます。これは私の主観ですが、高齢になっても歯周病がなく、口の中がきれいで自分の歯をたくさん残せている人は、かくしゃくとしていて、脳年齢も若いと実感します。

 歯周病を治すことは、脳年齢を若くし、健康寿命を延ばすことにつながるのではないかと確信しています。

○若林健史(わかばやし・けんじ) 歯科医師。医療法人社団真健会(若林歯科医院、オーラルケアクリニック青山)理事長。1982年、日本大学松戸歯学部卒業。89年、東京都渋谷区代官山にて開業。2014年、代官山から恵比寿南に移転。日本大学客員教授、日本歯周病学会理事を務める。歯周病専門医・指導医として、歯科医師向けや一般市民向けの講演多数。テレビCMにも出演