昨今、前時代的な組織としてやり玉に挙がることが多いPTA。委員に任命されたりしたら、一大事だ。特に働く親にとっては死活問題。果たしてPTA委員になることにメリットはあるのか。

*  *  *
 新年度、心機一転の子どもたちとは裏腹に、親たちには頭の痛い問題がある。PTAだ。

 目的が明確でない活動、共働きやひとり親世帯が増えているのに、いまだ専業主婦を前提とした平日昼間の会合、会長以外で活動するのは母親ばかりという昔ながらの組織に、問題が山積していることは本誌でもたびたび報じてきた。

 昨今、多くのメディアでこの問題が取り上げられることから、身構えている保護者も少なくないだろう。ただ、現実を知らずに、過剰に恐れられている面もある。

 委員や役員なんかになったら大変だ、という文脈で語られることの多いPTAだが、新年度のクラス委員を決める小学校の保護者会で、低学年の教室をのぞいてみると驚くことがある。立候補する人が多いのだ。

 多くの小学校のPTAには、「子どもが在籍する6年の間に必ず1度は委員をやること」という不文律がある。保護者の間では「早いうちにやったほうが得」とする説が定着しており、小学校1、2年生の頃はむしろ委員に手を挙げる人が続出するのだ。

 都内小学校でPTA役員を務める女性も子どもが入学した3年前、ジャンケンで勝ち抜いて学年委員になったと話す。

「とにかく早めに済ませておくほうが負担にならないと、ほかのママから聞きました」

 だが、低学年で委員をやると本当に得なのだろうか。筆者は数多くのPTA経験者を取材してきたが、ほとんど関係ないのでは、というのが実感だ。

 そもそもなぜ低学年でやるほうがいいとされるかというと、一つは「高学年になると部長(委員長)にされやすい」と思われているためだ。だが、実際は学年に関係なく部長を選ぶことが多い。

 埼玉県のPTAで広報部長を務める女性は、子どもが入学後すぐに委員を引き受けた。だが、広報委員を取りまとめる部長を決めるのはクジ引き。嫌な予感は当たり、1年生なのに部長に決まってしまった。最初は職員室の場所もわからず、先生の顔と名前も一致せず苦労したが、活動をしていくうちに慣れていったという。

 もう一つ、早く委員を済ませたいと思わせる大きな理由が、「6年生までに委員をやっていないと、“卒対”がまわってくる」というものだ。このみんなが恐れる卒対とは、卒業対策委員会のこと。仕事の内容は学校ごとに異なるが、卒業式のときに配る祝い菓子の手配や、卒業パーティーの企画運営などを担当することが多い。通常のPTA活動よりさらに中身が見えづらいため敬遠されている。

 だが、取材をしてみると「卒対は楽しかった」という声も意外と聞く。実は筆者も経験したことがあるが、比較的裁量が委ねられ、やりやすかった。

 PTA活動では前任者が前例踏襲を迫ることが硬直性やつまらなさの元凶となっているが、卒対の場合は、当然ながら前任者は100%卒業している。不要と思う仕事は、その年のメンバーの判断でなくすこともできた。目的も「子どもたちへのお祝い」「先生方へのお礼」と明確なので、必要性を理解しやすい。筆者の場合はたまたまメンバーに恵まれたこともあり、楽しい思い出となった。

 中学受験をする家庭には負担に感じられるかもしれないが、それ以外の人が卒対を敬遠する必要は特にないだろう。

 一方、特に共働きの親たちは感じるだろう。ただでさえ仕事と子育てで手いっぱいなのに、さらにPTAの仕事までやれと言われても、メリットどころか「損をする」としか感じられないと。

 千葉県の小学校で1年間委員をやった共働きの女性も、PTAのために何日も有休をつぶされたという。職場では「子どもが熱で休む」と言えば心配してもらえたが、PTAが理由ではなかなか理解が得られなかったと話す。

「PTAをやっても、よかったことなんて何もなかった」

 活動に時間をとられるうえ、個人の都合に関係なく参加を強いられるため、反感と相まって負担も大きく感じられる。

 だが、仕事に比較的時間の融通がききやすい人や、夫婦で協力体制が作れる家庭などの場合は、負担だけでなくメリットを感じることも意外とある。(PTAジャーナリスト・大塚玲子)

※AERA 2019年4月8日号より抜粋