今、「下の毛」を脱毛する中高年が増えている。いつか介護を受ける日に備え、キレイでお世話されやすい下半身にしておきたい、との思いからだ。若きも老いも脱毛の時代。痛くないのか? 本当に必要なのか? アラフォー世代の女性記者もやってみた。



*  *  *
 医療脱毛専門のリゼクリニックによると、この2〜3年で45歳以上の来院者が急増し、過去8年で15倍以上に増えたという。同クリニック新宿院の大地まさ代院長は、その背景についてこう話す。

「この世代ではとくにVIO脱毛のニーズが高い。親の介護を経験して、自分のときに介護者に迷惑をかけたくないと脱毛に踏み切る方が増えています」

「V」「I」「O」は、女性の局部の形から名づけられているようだ。Vはいわゆるビキニライン、前から見える逆三角形の部分を指す。Iは女性器周辺、Oは肛門周辺で、まとめてアンダーヘアともいわれる。

 将来的に介護を受ける身になった際、脱毛しておくほうがよいのか。

「陰部は排泄物やおりものなどで汚れやすいのに、皮膚の形状が入り組んでいるうえ、太い毛が密集しています。きれいに拭いたつもりでも、汚れが残りやすい部分です。年をとると免疫力が落ちやすく、雑菌が繁殖すると感染症や膣炎の原因にもなります。脱毛すると、毛がない分、清潔に保ちやすくなるメリットがあります」(大地院長)

 医療法人理事を務める中村英理さん(61)も、介護脱毛を決心した一人。亡き父を自ら1年間介護した経験をこう振り返る。

「排泄の後、便が毛にこびりついて、なかなか取れないんです。何度も拭き取ろうとすると痛がるので、完全にキレイにしてあげられないこともありました。赤ちゃんみたいにつるんと拭き取れたら、お互いラクで気持ちがいいのに。何度そう思ったか、わかりません」

 中村さんは父を見送った後、都内の医療脱毛クリニックで、陰部と肛門周りの毛、いわゆるVIO脱毛を受けた。

「もし自分が将来介護を受ける身になったら、お世話してくれる人の負担を軽くして、私自身もなるべく清潔に過ごしたい。そのためには、アンダーヘアは邪魔なんです。脱毛してしまうと思いのほか快適で、もっと早くしておけばよかったと思うほどです」(中村さん)

 介護を見据えたアンダーヘアの脱毛は、女性だけでなく男性の希望者も増えているという。

 男性専門の総合美容クリニックのゴリラクリニックでは、2014年の開院時から18年までの4年間で、40歳以上の来院者が20倍近くに増えた。同クリニックが18年に実施したアンケートによると、男性の脱毛希望部位はヒゲがトップ、2位が肛門、3位以降は腹、男性器と続く。

 男性も女性と同様、前から見える部分と肛門周りに加え、希望に応じて男性器そのものや周辺に生えている毛を脱毛できるのだ。

 医療レーザーを使う脱毛では、脱毛したい部分にレーザーを照射して、発毛に必要な組織を破壊し、新しい毛が生えないようにする。女性なら大事な臓器はおなかにあるが、男性の場合、男性器や陰嚢にレーザーを直接当てる。機能に影響しないのだろうか。

 大地院長に聞くと、「レーザーによる熱エネルギーが届くのは皮膚表面から2〜3ミリなので、心配はいりません」と話す。

 一般的に、脱毛は主に若い女性が行うイメージがあるが、シニア層がやっても特別なリスクやデメリットはないという。

 ただ、レーザーは黒い色に反応するようにできているので、白髪になってしまうとその毛はもう脱毛できない。介護脱毛を考えるならば、白髪になる前のほうがよいという。

 介護脱毛をするには、デリケートな部分にレーザーを当てるという。いかにも痛そうだし、そもそも場所が場所だけに恥ずかしい。いったいどんな格好で、脱毛されるというのか。疑問が次から次へと浮かぶ。

 モノは試しだ。実際にやってみよう。アラフォー世代の記者は幸い、まだ白髪はない。今のうちに挑戦しようと、リゼクリニックの協力を得て体験してみた。

 体毛には毛周期と呼ばれるサイクルがあり、成長期・退行期・休止期を繰り返す。レーザー脱毛はこのうち成長期の毛だけに効果を発揮するので、1回の照射ですべてを脱毛はできない。個人差はあるものの、2カ月以上の間隔をあけて5回の照射を繰り返せば、ツルツルの肌を得られるらしい。つまり、完全に脱毛するには、1年ほどかかる。

 レーザー照射の際、前日か来院前に、脱毛したい部分を自分で剃毛しておくように指示された。

 正直、こんなところを奥深くまで自己処理した経験はないので、困惑した。Vラインはともかく、IラインとOラインは自分で目視することさえできない。仕方がないので適当にかみそりを当てていたら、どこかを切ってしまったようで鮮血がポタッ。ひゃーっ。

 ムダ毛なんて自己処理で十分と思っていたけど、ここは難易度が高すぎる!

 照射の当日、クリニックを訪れると個室に通され、下半身のみ服を脱いだ。

 腰に大きなタオルを巻いて、待っているように言われる。担当の看護師さんに傷のことを申告すると、「見た目にはわからないほどになっているので、注意しながら当てていきますね」と言われ、少しホッとした。

 VIOは体毛の中でも脇と並んで毛が太いので、痛みを感じやすいのだとか。このクリニックでは塗るタイプの麻酔と吸うタイプの麻酔が別料金(それぞれ3240円、税込み)で用意されている。塗るタイプは痛みを軽減し、吸うタイプはリラックスして痛みを紛らわせる効果があるというが、使わない人も大勢いる。

 麻酔を一切用意していないクリニックもあるので、まあ我慢できる程度の痛みなのだろう。でも、私は初めてだし、やっぱり怖い。麻酔をお願いしてしまった。

 本当は両方使いたかったのだが、塗るタイプは効くまでに1時間かかるという。吸うタイプのみにした。

 ガスが出るチューブを鼻につけてもらう。まずは仰向けとなり、脚は閉じたまま横になる。

「では、テストしますね」

 看護師さんがそう語りかけ、Vラインの上のほうにレーザーを当てた。

 パシッ、という衝撃が走る。強くて熱い霧吹きを当てられたような感覚だ。

「大丈夫です」と答えるといよいよ本番。まんべんなく左右にずらしながら、下のほうへ照射していく。

 すると、だんだん痛くなってきた。「下へ行くほど痛いんです」。看護師さんが申し訳なさそうに教えてくれた。うっわー、痛い!

 特に恥骨のあたりが強烈で、歯を食いしばって耐えた。麻酔のガスを吸っているけれど、全然リラックスどころじゃない。なんだか焦げたようなにおい。まさに焼かれている感じがした。

 痛みに耐えたVラインが終わると、次はIライン。膝を曲げた状態で左右に広げて足裏を合わせる体勢になるよう言われる。下半身すっぽんぽんで、このポーズ、もう死ぬほど恥ずかしいんですが。しかも、一番デリケートな部分なので、痛そうだ。

「こっちはもっと痛いんでしょうか?」

 恐る恐るそう聞くと、「人によるんです。Vが一番痛いという人と、Iのほうが痛いという人がいますね」。

 そうか、もう覚悟を決めるしかない。

 レーザーを太ももに近い外側から内側に向けて、順に当てられていく。外側は平気だが、中心に近づくほど痛くなる。でもVほどではなく、我慢できるほどだ。

 そして、最後にOの部分の脱毛。「どうやってやるのかな?」と思っていたら、うつぶせの姿勢になるよう言われた。

「Oは一番痛くないので、安心してくださいね」

 看護師さんがそう言いながら、なんと指でおしりをクイッと広げて、レーザーを照射し始めた。

 確かに、そうしないと見えないので当たり前なのだが、もう恥ずかしすぎて精神的ダメージが大きい。ただ、Vに比べれば痛みはないも同然。余裕だった。

 最後に、炎症を抑える薬を受け取って終了。親切でとても感じのよい看護師さんだったが、おしりの穴を指で広げられた直後なだけに、恥ずかしくて目を合わせられなかった。彼女とは絶対に、街でばったり会ったりしたくない……。

 痛みはあるにはあるが、場所によってかなり感じ方が違った。ものすごく痛い部位はごく一部で、時間にすれば1〜2分ほど。あらかじめ覚悟しておけば、麻酔なしでも耐えられる気もした。まあ、陣痛に比べれば、どうってことはない。

 さて、肝心の脱毛後。まだ1回目なので、脱毛というより事前剃毛の効果でツルツルなわけだが、確かに清潔を保ちやすい感じがする。特に生理のときが快適で、トイレで拭いてもなかなかきれいにならない不快感が軽減した。これまで意識したことはなかったのだが、やっぱり毛は清潔の邪魔だったのだ。

 ただ、思わぬデメリットもあった。

 これまでは毛で隠れて見えなかった帝王切開の傷痕があらわになり、さらにはIラインの中央にあるもの(!)が、前から少し見えてしまうのには困惑した。ツルツルは別にいいとしても、中が見えてしまう。これでは、温泉に行ったときにかなり恥ずかしい。

 クリニックの広報担当者によると、全部ツルツルにする人は男女とも3割ほどで、7割の人は前から見える部分はある程度残すという。2回目以降もレーザー照射を受けるかどうかまだ決めていないが、受けるんだったら前だけは残そう。一度経験すれば、痛みも恥ずかしさも、初回ほどではない気がする。

 また、今までは毛で守られていた部分が直接下着に当たるようになったせいか、数日はこすれる感じの違和感があった。毛は大事なところを守るために生えるという話も聞くが、やはり意味はあるようだ。

 気になる料金だが、リゼクリニックでは5回セットのVIO脱毛で9万9800円。新宿や渋谷など一部の院では、4万9800円のトライアル料金で提供している(19年4月時点、いずれも税込み)。

 ちなみに、介護現場の経験豊富な知人のケアマネジャー数人に、「介護脱毛」についてどう思うかを聞いてみた。すると、以下のような答えが返ってきた。

「毛量が多い人は陰部洗浄しにくいので、看護師がハサミでカットすることはあります。でもそんな人は多くないし、脱毛なんて必要とは思わない。その人の状況に合わせるのが介護の基本なので、そこまで気にしなくてもよいのでは?」

「毛が長かったり、多かったりすると、排便後の拭き取りに手間はかかる。だから、毛は少ないほうがケア時間の短縮にはなりそう。でも、頭髪と同じく体毛も加齢とともに薄くなるので、介護を受けるような年齢になれば自然と量は減りますよ。個人差はあるけれど」

 モジャモジャよりは、ツルツルのほうがお世話はラクだろう。けれど、脱毛までは必要ないのでは、という意見が返ってきた。さてあなたはどう思いますか?(ライター・石井陽子)

※週刊朝日  2019年4月12日号