2020年の五輪に向けて、東京は変化を続けている。前回の東京五輪が開かれた1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は国鉄(現JR)「信濃町」駅前の専用橋走る都電だ。



*  *  *
 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、メイン会場となる新国立競技場の工事は、現在、急ピッチで進められている。競技場の場所は新宿区と渋谷区をまたがり、この時期は新緑に囲まれる明治神宮外苑に隣接する。最寄り駅は都営大江戸線・国立競技場前駅だが、前回の1964年東京五輪のときに最寄り駅として使われたのは国鉄「千駄ヶ谷」駅と、今回の撮影地である「信濃町」駅だ。

 写真の撮影日は1964年5月17日。つまり、前回の東京五輪の開催5カ月前の信濃町駅付近の光景ということになる。

■都電しか渡れない橋

 実は、都内を縦横に走っていた都電路線には「都電しか渡れない」専用橋が何カ所か存在した。

 都電の専用橋といえば、荒川線の面影橋〜学習院下に所在する神田川を渡っている高戸橋橋梁が有名だ。現存する荒川線に乗られた方は「神田川畔の桜を愛でつつ渡る鉄橋」といえばお分かりになるだろう。既に廃止されたが、25系統の旧中川を渡る専用橋(浅間前〜小松川二丁目)や29・38系統の竪川を渡る太鼓橋然とした専用橋(水神森〜竪川通)はともに王子電気軌道や城東電気軌道から引継いだ橋で、いずれも渡河するためのインフラであった。

 その専用橋の中で一カ所だけ、国鉄路線を跨線するために設けられた橋があった。それが今回紹介する国鉄・信濃町駅前の専用橋だ。

 写真は中央線の頭上に架けられた専用橋を走る33系統四谷三丁目行きの都電で、後方には同じ四谷三丁目折り返しの7系統の都電が雁行している。信濃町停留所から少し南側に歩いた地点で、右側の神宮外苑の杜を背景にフレーミングを整えた。初夏のむせ返るような新緑の香りに包まれて撮影したことを記憶している。

■神宮外苑と東宮御所の緑の中を走った信濃町線

 ここから青山一丁目にかけた信濃町線は、右側に神宮外苑、左側に東宮御所の木々の緑に囲まれて、山手地区では屈指の森林浴を楽しめる路線であった。

 写真の後ろ側に位置する信濃町停留所には安全地帯がなく、中央線を下車して都電に乗換える人々は、「7系統・品川駅前行き」「33系統・浜松町一丁目行き」「10系統・渋谷駅前行き」と標記された立て札の前に行列して、都電が来るのを待っていた。

 信濃町駅の西側を南北に走る外苑東通りに信濃町線が敷設されたのは1906年で、鹽町(しおまち:後年、四谷鹽町、四谷三丁目に改称)〜青山一丁目(後年、北青山一丁目に改称)約1800mの路線だった。開業当初、信濃町〜権田原は少し西側に敷設した旧線で運転されていたが、翌1907年に直線で短絡する新線に移行した。この時点で中央線の暗渠(あんきょ)を跨線する専用橋が架設されたと推測される。

 外苑東通りは信濃町駅前で中央線を跨線すると、神宮外苑・絵画館方面に行く道を右に分岐しており、青山一丁目方面へは都電の軌道を横断しなければならなかった。したがって、写真に見られるように自動車渋滞が頻繁に発生し、交通のネックでもあった。

■近道する歩行者を戒める立て札

 この専用橋梁は土砂混じりのバラストの上に複線軌道が敷設されていた。敷石はなかったが、徒歩で渡るのは容易であった。橋の両端には「危険 通行禁止」の立て札が掲げられ、ここを近道する歩行者を戒めていた。

 10系統渋谷駅前行きの都電が写っている写真からは、専用橋と信濃町駅跨線通路橋の間には下を走る中央線の空間が見える。撮影した1964年の時点で、専用橋は独立した状態であったことがお分かりになるだろう。後年撮影の印刷物を観察すると、専用橋の左側に沿って約5m幅の道路が架橋されていた。信濃町方から一方通行の車道と、その左側には白線で歩道も確保されている。信濃町駅の改札内通路を通らずに、都電路線に沿った自由通路を増設して、歩行者の利便を図ったことが推察される。
 

■現在の信濃町駅前からは…

 信濃町線は、オリンピックから5年後の1969年10月に廃止された。戦前からの運転系統の遍歴を振り返ってみよう。1931年には3系統(鹽町〜北品川)と8系統(鹽町〜宇田川町)の二系統が運転されていた。3系統は京浜電鉄との相互乗り入れで、品川駅前から北品川まで足を伸ばしていた時期にあたる。戦時中の1944年になると3系統(四谷三丁目〜泉岳寺前)と8系統(四谷三丁目〜浜松町一丁目)になった。

 戦後は7系統(四谷三丁目〜品川駅前)と33系統(四谷三丁目〜浜松町一丁目)に改編され、1963年10月から10系統(渋谷駅前〜須田町)がオリンピック道路工事の迂回運転で加わり、三系統の運転になった。

 信濃町駅前に立っても、専用橋に都電が走っていた残滓(ざんし)さえ残っていない。神宮外苑の杜から漂ってくる新緑の香と、眼下を走るJR中央線の走行音が、半世紀前のわずかな記憶を呼び起こしてくれる。

■撮影:1964年5月17日

◯諸河 久(もろかわ・ひさし)
1947年生まれ。東京都出身。写真家。日本大学経済学部、東京写真専門学院(現・東京ビジュアルアーツ)卒業。鉄道雑誌のスタッフを経てフリーカメラマンに。「諸河 久フォト・オフィス」を主宰。公益社団法人「日本写真家協会」会員、「桜門鉄遊会」代表幹事。著書に「都電の消えた街」(大正出版)「モノクロームの東京都電」(イカロス出版)などがあり、2018年12月に「モノクロームの私鉄原風景」(交通新聞社)を上梓した。

※AERAオンライン限定記事