また高齢ドライバーによる悲しい事故が起きた。東京都豊島区で19日、87歳の男性が運転する乗用車が赤信号の交差点に進入し通行人を次々とはね、自転車に乗っていた31歳の母親と3歳の娘が亡くなった。



 車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三・元院長(87)は、「アクセルが戻らなくなった」と話し、車は約150メートルにわたってハンドル操作されていなかったと報じられている。

 飯塚さんは足を悪くし、最近は杖を使って外出していて、1年前には近所の男性に「運転をやめる」と話していたという。

 これ以上、痛ましい事故を増やさないために、高齢になった親や家族を加害者にしないために何ができるのか。GWに家族でチェックしたい運転免許の自主返納を見極める10のポイントを、「週刊朝日」(2018年6月15日号)から改めて紹介する。

*  *  *
 神奈川県茅ケ崎市で2018年5月28日、90歳の女性が運転する乗用車が信号を無視して横断歩道に突っ込み、4人が死傷した。

 女性は免許更新の際に75歳以上に義務づけられている検査を昨年12月に受け、認知機能に低下の恐れはないと判断されていた。

 家族らから免許の自主返納を勧められており、女性は「そろそろ返そうかな」と口にすることもあったという。県警によると「ひざが悪かったので買い物などに車が便利だった」などとして免許を更新していた。

 女性や家族にとっては、早めに返納すればよかったと悔やまれる結果になった。

 こうしたケースは各地で相次いでいる。前橋市では1月、当時85歳の男性が運転する乗用車に女子高校生2人がはねられて死傷した。

 警察庁によると交通事故は全体的には減少傾向だが、高齢者による事故は高止まりしている。75歳以上の運転者による死亡事故は昨年は418件で、死亡事故全体に占める割合は12.9%。80歳以上による死亡事故は昨年は235件で、全体の7.2%だった。

 事故原因としては、ブレーキとアクセルの踏み間違いといった運転操作の誤りが目立つ。警察庁では「認知機能の低下が死亡事故の発生に影響を及ぼしている」として、免許の自主返納を促進していく方針だ。

 そうは言っても、交通手段としてマイカーは便利だ。公共交通が充実していない地域では、車がないと生活は不便だ。免許更新時の認知機能検査で指摘されないうちは、運転を続けたいという人も多いだろう。

 警察庁の科学警察研究所で交通事故の分析などに関わり、高齢ドライバーの問題にも詳しい伊藤安海・山梨大工学部准教授は、こう呼びかける。

「認知機能検査で問題がないからといって、安心はできません。年を取ると、とっさの状況認識や、判断ミスをしたときの修正力が低下しがちです。運転している本人は自分の欠点が見えにくい。家族に同乗してもらったり、ドライブレコーダーをつけたりすることで、客観的に運転の変化を確認できる環境を作りましょう」

 大丈夫だと過信せずに、自分の運転を見つめ直すことが大切だ。チェックすべき10のポイントを図表にまとめた。若いときに比べて歩行者に気づくのが遅れて、ドキッとした経験がある人もいるだろう。不注意や運転ミスは誰にでも起きうるが、繰り返すようになれば自主返納すべきサインだ。

「目的地へのルートがすぐに思い浮かばない」「大きな駐車場で自分の車を見つけるのに時間がかかる」といった運転操作以外の項目も重要となる。

 自主返納すればバスやタクシー、宅配料金などの割引が受けられるサービスも増えてきた。事故を起こしてからでは遅い。家族らとも話し合って、先延ばしせずに決断しよう。(本誌・岩下明日香)

■自主返納のチェックポイント

(1)歩行者や障害物に気づくのが遅くなった
(2)車庫入れを失敗することが増えた
(3)曲がるときにウィンカーを出し忘れる
(4)カーブをスムーズに曲がれないことがある
(5)間違えて逆走しそうになった
(6)一時停止などの標識を何度も見落とす
(7)目的地への適切なルート選びができない
(8)駐車場で車を止めた位置がわからなくなる
(9)同じ交通違反を繰り返してしまう
(10)医師から早めの返納を促される

※警察や自治体のパンフレットなどから作成

※週刊朝日  2018年6月15日号の記事を加筆