東京大学の学生新聞「東京大学新聞」では、毎年春、新入生を対象にアンケート調査を行っており、このなかで支持政党について質問している(以下、支持政党のデータは「東京大学新聞」から引用。1958年、1962年については在校生対象)。

 2019年の結果は次のとおりだった。

 自民党21%(590人)、立憲民主党4%(114人)、共産党1%(32人)。

 最近2年では、次のようになっている。

 2017年 自民党36.0% 民進党3.4%
 2018年 自民党30.1% 立憲民主党9.5%

 2019年、自民党支持率が低下している。森友・加計学園問題が起こったり、自民党議員の問題発言が続いたりしたことで、自民党の株が大きく下がったのだろうか。

 東京大学新聞の過去の支持政党に関する調査をみると、1970年代以降、自民党が圧倒的に強い。東京大はもともと官僚養成大学だから、自民党政権のほうが経済は安定して自分の将来も安定するから、などの理由が考えられるが、本当のところはどうなのだろうか。

 一橋大教授の中北浩爾さん(政治学)に話を聞いた。

「新入生ですから、安定した政権下で景気が良くなれば就職に有利といった、短期的な損得勘定で自民党を支持するということはないと思います。また、新入生は社会にからめとられておらず、しがらみでも支持しないでしょう。それよりも世間の空気に影響されやすい、つまり、自民党への支持の空気が国民一般で高ければ、学生もそれを敏感に受け止めて支持しているとみていいでしょう。このことは東大生に限らず、学生全般に言えるのではないでしょうか」 東京大生の支持政党は、1950年代までさかのぼると社会党が強かった。

 1958年 社会党50.1% 自民党10.6%
 1962年 社会党33.5% 民社党9.7%

 60年安保前後の年であり、共産主義社会に理想を求めた学生は少なくなかった。1960年代後半にかけて学生のあいだで反体制意識が高まるようになり、学生運動が盛んな時代を迎えようとしていた。自民党支持という選択肢はむしろ少数派だったといえる。

「この時期、保守政党の自民党は戦前的価値、社会党などの革新政党は戦後的価値と結びつけて理解されていました。農村、旧中間層、高齢者で自民党支持が多く、都市、労働者、若者では社会党支持が顕著でした。当時の東大生の間では自民党支持を口外するのは恥ずかしいという空気が強く、社会党支持が高かったのは当然だと思います。むしろ、学生運動が盛んだったのに共産党支持が低いことが興味深いですね。一般の学生は、それなりに現実的だったのでしょう」(中北さん)

 1970年代半ば、学生運動の時代は終わった。若者の政治離れがいわれるなか、自民党と社会党の支持率が逆転する。

 1979年 自民党20.5% 社会党10.3%
 1982年 自民党22.8% 社会党10.6%  
 1984年 自民党16.3% 社会党12.7%

 当時、東京大助教授の庄司興吉さんはこう解説している。

「社共を中心に野党への頼りなさが増していると言えると思う。それは一つには現政権の政策への個々の対策・代案が目につかないと言うこと。また、それらを綜合して体制を批判する論理がないと言うことだろう。言い換えれば現状維持のための『上からの管理化』に対抗する『下からの総体化』の論理がない―――二十年前はそれが社会主義だったが、様々な要因で社会主義が傷ついた今、それに代わる論理がない―――ということだろう」(東京大学新聞1983年8月9日)

 歴史は繰り返すようだ。たとえば「社共」を「立憲民主党」に置き換えると、2019年の今日でも通用してしまう。学生は「頼りなさ」を感じたら、すーっと離れてしまうということか。

 1980年代に入り、時代がバブル景気に向かうなか、自民党は変わりつつあった。

「この時期、社会党こそが近代的な政党だという認識が崩れ、それまで封建的・反動的だと非難されてきた自民党こそが時代の先端を行っているという認識が、国民の間でも徐々に広がりました。『ジャパン・アズ・ナンバーワン』という本が出た頃です。それが東大生にも影響したのではないでしょうか。とくに東大の駒場キャンパスは、佐藤誠三郎教授をはじめ、中曽根政権のブレーンの拠点になっていました」(中北さん)

 自民党が国鉄民営化などの行政改革を推進したころであり、国民の支持を得ることになった。それが東京大生にも反映されたようだ。

 1990年代、自民党と社会党の二大政党による55年体制が終焉を迎える。自民党は分裂してさまざまな新党が誕生した。また、1990年前後に起きたリクルート事件、東京佐川急便事件などで政治不信が高まった時代であり、社会は変革を求めていた。

「1980年代末から90年代半ばにかけて、社会党・土井たか子委員長の『おたかさんブーム』、政治改革の機運の高まり、日本新党、新党さきがけなどの新党ブームがあり、これも東大生の意識に反映されていますね」(中北さん)

 2001年 民主党8.7% 自民党6.9%
 2004年 自民党13% 民主党12%
 2009年 自民党17.9% 民主党5.2%
 2010年 自民党16% 民主党7% 

 2000年代半ばから、第1次安倍政権や麻生太郎政権などで自民党に対する信頼は失われ、メディアの世論調査では民主党支持のほうが高くなることがあった。

 そして2009年から民主党が政権を運営する。ところが、東京大生は依然として自民党への支持が高い。菅直人と小沢一郎の対立といった民主党内のごたごたから、政権運営に不安要素を感じたのだろうか。あるいは社会のあり方を考えるよりも、自分の将来を見据えて秩序安定型の自民党にこれまで以上に期待したからだろうか。

 当時、東京大生だったある社会人は、「民主党政権に対する関心度はそれほど高くなかった」と振り返る。東京大と世間のズレがもっとも生じた期間であり、功利的で現実重視の東京大生らしさをうかがわせる一幕だったといえるかもしれない。

 2013年 自民党27.3% 民主党4.1%
 2016年 自民党30.3% 民進党4.5%

 そして、2012年、安倍政権が再び誕生し、東京大生の自民党への支持率は高まっていく。これは安倍政権の政策面が評価されたからだろうか。

「アベノミクスなどの政策が積極的に支持されたというわけではないでしょう。よく言われる保守化ということでもないと思います。民主党に対する期待が失望に変わり、自民党しかないという消極的な支持ではないでしょうか。各種の世論調査をみる限り、そのことは国民一般にも当てはまります」(中北さん)

 2019年、東京大生の自民党支持率は21%。近々、安倍政権が憲法改正を進めていくと、学生はどんな反応を示すのか。

 18歳選挙権の導入で、学生が政治に関心を示す機会は増えた。だが、学生の投票行動は政党もメディアもなかなか読みにくい。学生の心を揺さぶるような政策を打ち出すことには、どの政党も成功していない。

 7月に実施が見込まれる参議院選挙で、各政党が学生に何をどれだけアピールできるか。国政を占う上で、案外、このあたりはポイントになるかもしれない。

(文=教育ジャーナリスト・小林哲夫)