たかがダニとあなどるなかれ。かまれた結果、死に至ることもある。登山やキャンプなど夏のレジャーで注意したい「殺人ダニ」とは。



*  *  *
 3泊4日の予定で登山中、テントで着替えをしているときだった。神戸に住む40代の男性は、脇腹に直径1センチ近い黒い塊があることに気が付いた。ゴミかと思い、払ってみたがびくともしない。よく見ると脚が生えている。たっぷり血を吸ったマダニだった。口器はがっちり皮膚に食い込んでいる。引っ張ったり、ライターを近づけたり、虫よけスプレーを噴射したり、あらゆる手を試したが離れない。やむなく力を込めて引きちぎった。痛みはなかった。

 翌日、脇腹が大きく腫れていた。下山後も様子を見ていたが、だんだんと化膿してくる。

「マダニをなめちゃダメ。下手すりゃ、死ぬとこでしたよ」

 受診した皮膚科でそういわれ、ゾッとした。男性のケースは引きちぎった際にマダニの口器が皮膚内に残り、それが原因で化膿しただけだったが、マダニにかまれることでウイルスが体内に入り、重篤な感染症を引き起こすことがあるというのだ。

 特にここ数年、マダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群(通称SFTS)」が猛威を振るっている。東京都は5月15日、このSFTSに都内在住の50代男性が感染したと発表した。長崎県を旅行中にマダニにかまれて感染したとみられ、発熱・下痢・嘔吐などの症状を訴えて入院、その後意識障害を発症した。関東では初の患者だった。

 SFTSは、2012年秋に初めて患者が見つかった新しい感染症だ。しかし、13年3月に全数把握が必要な四類感染症に指定されて以降、今年5月29日までに全国で421人の感染が確認されている。感染源となった地域も、石川から沖縄までの少なくとも23府県に広がった。発熱や嘔吐、全身の倦怠感などが主な症状だが、一部は皮下出血や消化管出血などの症状が起こることもある。有効なワクチンや治療薬はなく、日本では少なくとも66人が亡くなっている。単純計算すると死亡率は15%程度。それだけでも脅威だが、国立感染症研究所の前田健・獣医科学部長によると、実際の致死率はもっと高いはずだという。

「これは届け出時点の数字で、その後亡くなったとしても死亡数にはカウントされません。それらを考慮すると、実際の致死率は25%ほどと推計されます」

 マダニは自身では長距離移動できないが、動物などにくっついて移動することで生息範囲を広げる。獣道や人の少ない登山道など「山」がホットスポットだ。登山やアウトドア技術を指導する登山インストラクターの栗山祐哉さんはこう言う。

「マダニは、スズメバチなどと同じようにアウトドアでは注意しなければならない生き物です。でも、その危険性を正しく理解している人はベテラン登山者でも少ないですね。むしろ、かまれるのが勲章だくらいに思っている人さえいる。危険です」

 山に行かなければ、特に注意は必要ないのだろうか。

「マダニを運ぶ動物は街中にもいますし、鳥に運ばれることもある。密度こそ違えど、畑や公園にも生息しているので注意が必要です」(前田さん)

 対策は決して難しくない。皮膚の露出を減らすこと、ディートなどの忌避剤を使うこと、体についていないか確認することだ。栗山さんはこう指摘する。

「たとえマダニが体につき、かまれてもウイルスが侵入するまでに時間差があります。マダニがいそうなエリアを通ったら、首筋や腕についていないか、できれば複数人で確認しましょう」

 これからの季節、キャンプや夏フェスと、アウトドアで活動する機会も多い。感染症の研究を長く続ける前田さんの言葉が重たく響く。

「現代の医学をもってしても、発症すれば25%もの人が亡くなってしまう。SFTSは、日本人が経験したことのない恐怖の感染症なのです」

(編集部・川口穣)

※AERA 2019年6月17日号