「夏を制するものは受験を制す」――。夏休みは、中学受験の勉強をスタートさせたり最後の追い込みに入ったりする家族が多い季節でもある。勉強してもしても成績があがらない、苦手な科目をどうしても克服できない――。中学の受験勉強ではどうしても、そんな「壁」にぶつかりがち。その壁を親子で乗り越える方法を、国・数・理・社、4教科の専門家にずばり聞いた。「中学受験社会科専門塾スタディアップ」野村恵祐先生によると、「社会の土台作りは『白地図の攻略』にある」そうだ。



*  *  *
■地理、歴史、公民の順番で勉強する

 社会は暗記教科で、やればやっただけ点が取れる、不得意にならない教科です。暗記なので本番の緊張に強く、点数のブレが少ないという利点もあります。ほかの教科と違って、中学受験を経験していない保護者でもテキストさえあればサポートができます。家庭で伸ばす教科というのが私の持論ですが、覚えるにはコツがあります。

 必ず地理、歴史、公民の順番に勉強することが大前提。私は「白地図」と「都道府県」を社会の公式と呼んでいますが、これをインプットすることは、地理に限らずすべての分野の土台になります。たとえば歴史で「鎌倉幕府」を学習したとき、鎌倉の場所がわかると理解の深度が違います。

 地理はまず、都道府県の名称・位置・県庁所在地・形をしっかりと覚えましょう。白地図が有用ですが、パズル形式の日本地図で楽しく勉強するのもいいでしょう。白地図で覚える基本は、

(1)山地・山脈・山・火山
(2)平野
(3)川・湖
(4)盆地・台地
(5)半島・岬
(6)湾・海峡

 の6事項です。これらは入試でよく出題されます。塾のテキストや市販の参考書で、重要とされるものの名称と場所をしっかりと覚えましょう。スケジュールを立て、完璧に覚えたかどうか、親がチェックするといいでしょう。

 白地図の基本を覚えたら、日本の農・水産・工業などの単元に入ります。覚えることがたくさんあるように感じますが、基本をクリアすればそれほど負担ではありません。

 暗記に慣れてくると、たとえば「九州は暖かいから、宮崎平野ではピーマンの促成栽培が盛ん」などと、知識がつながって覚えやすくなるからです。複合問題ができないのは、社会の公式をしっかり覚えていないことが原因の場合もあります。社会が苦手なら地理までさかのぼり、公式をしっかり覚え直すことをお勧めします。

■歴史は流れをつかむ 公民は対比で覚える

 歴史に苦手意識を持っている原因は、漢字と年号にあるようです。まずは覚えることを優先し、漢字は後回しでもいいでしょう。

 年号は一見大変に思えますが、重要な年号は100程度。ゴロ合わせだと覚えやすいです。年号の並び替えは頻出問題ですから、しっかりと覚えましょう。

 歴史を流れで覚えることも大切です。時代の変わり目は歴史的に重要な出来事が起きているので、要注意です。「縄文時代から江戸時代まで説明して」など、子どもに歴史をストーリーで語らせるのも効果があります。

 公民は授業時間が少ないうえ、子どもには馴染みのない分野なので、苦手意識を持つ子どもが多いです。しかし小学生には難しい分野だけに、出題は地理や歴史よりも難易度が低いのです。

 受験では「大日本帝国憲法と日本国憲法」「小選挙区制と大選挙区制」など、対比で出されることが多いので、セットで覚えると頭に入りやすいです。

 社会は3分野のほかに、必ず時事問題が出されます。市販や塾の参考書がよくまとまっているので、6年の11月過ぎから必ず目を通しましょう。
(文・柿崎明子)

○プロフィール
野村恵祐(のむら・けいすけ)/群馬県生まれ。中学受験社会科専門塾スタディアップ代表。講義CD、テキストの開発も手掛けている。著書に『中学受験は社会で合格が決まる』『中学受験 社会 合格への家庭内戦略』など。

※AERA進学BOOK「カンペキ中学受験 2020」から抜粋