食事で歯周病が予防できればこんなにいいことはありません。手軽に食べることができて、歯周病になりにくい、そんな食材はあるのでしょうか?『なぜ歯科の治療は1回では終わらないのか? 聞くに聞けない歯医者のギモン40』が好評発売中の歯周病専門医、若林健史歯科医師に疑問をぶつけてみました。

*  *  *
「これを食べれば」という食材は残念ながら存在しませんが、「これをやめれば歯周病になりにくい」という食材はあります。それはズバリ、「砂糖(ショ糖)」です。「砂糖がむし歯によくないというのは聞くけれど、歯周病には関係ないのでは?」と思うかもしれませんが、実は大いに関係があるのです。

 歯周病やむし歯の大きな原因となるのはプラーク(歯垢<しこう>)です。プラークのもととなるのは、グルカンというノリのようにべたべたとした物質。口の中のむし歯菌が食べ物や飲み物に含まれる砂糖を栄養にして増殖する際に、菌の周囲にこのグルカンを放出するのです(同時に出す乳酸という酸が歯を溶かし、むし歯をつくります)。

 グルカンはべたべたとしているため、歯に付着するとむし歯菌に限らず、さまざまな細菌が集まってきます。獲物をつかまえる「とりもち」のようなイメージです。

 歯周病菌も例外ではなく、このグルカンに取り込まれ、増殖をするのです。そしてできあがった歯周病菌の集合体は歯ぐきや歯ぐきの奥に入り、歯周組織を壊していきます。

 ちなみに同じ糖類でも炭水化物に多く含まれるブドウ糖、果物に多く含まれる果糖もむし歯菌のエサにはなりますが、砂糖のようにグルカンの発生源にはなりません。

 砂糖は免疫力という観点からも、歯周病の人には控えたい食材です。歯周病は歯周病菌のほかに生活習慣の乱れ、免疫力の低下などが複雑にからみあって発症することがわかっています。仕事が忙しかったり、睡眠不足が続いたりしたときに歯周病が悪化しやすくなるのはこのためです。

 そして実は砂糖を食べ過ぎると免疫力が低下する可能性があることが指摘されているのです。

 このことを調べたのは日本大学名誉教授で薬理学の研究者である田村豊幸博士です。田村博士は免疫力をつかさる代表的な細胞で、からだに侵入したウイルスや細菌を貪食(<どんしょく>食べて)する白血球の働きを調べる実験をおこないました。ドーナツやバナナスプリットなど数種類の菓子を食べた後、自身の白血球の平均喰菌能力を調べた結果 、砂糖の摂取前は白血球1個に対して細菌14個を貪食していたのが、摂取後は大幅に減って1個(バナナスプリット)になったことを著書『慢性・白砂糖の害 白砂糖が万病をつくる』(美健ガイド社)の中で報告しています。

 砂糖が多く含まれるのはやはりお菓子やジュース類です。特に炭酸飲料を含むジュース類はコーヒーや紅茶などと違って、砂糖の量を考えずに飲んでしまうことが多いので、嗜好(しこう)品として、たまに取るくらいにとどめたほうがいいでしょう。ペットボトル500ミリリットル中に多いもので40グラム以上(角砂糖1個4グラムとして約10個分以上)の砂糖が含まれています。

 なお、お菓子やジュースは食べたり、飲んだりする時間を決めること。また、飲食後はうがいをしたり、歯を磨く習慣をつけることで前出のグルカンは発生しにくくなります。

 また、注意したいのがのどあめです。ひどい歯周病の患者さんで、一日中、のどあめをなめるのが習慣になっているような方を複数、経験しています。

 このほか、3度の食事については、やはり、バランスよくなんでも食べることが大事です。ビタミンやミネラルは歯周組織の構成成分です。また、栄養が偏ると免疫力の低下にもつながります。

 歯周病は糖尿病などと同じ生活習慣病で、食や生活の乱れがそのまま、症状や病気の悪化につながります。たかが食事と侮らずに注意してほしいものです。