ホルモンバランスの乱れは、人の心身の健康に深刻な影響を及ぼす。その最たるものが「更年期」だ。やる気が出ない、死にたい、イライラする──。女性特有のものではなく、男性にも症状が表れる。どう整えればいいのか。AERA 2019年12月9日号から。



*  *  *
 初めに疑ったのは「うつ」だった。仙台市の会社員、加藤義秋さん(55)に深刻な症状が表れ始めたのは、今年初めごろから。気分が晴れない日が続き、イヤなことばかり思い出す。仕事でも小さなミスを連発した。

「車を運転していると、対向車が突っ込んできてくれないかなとか、そんなことばかり考えるようになりました」

 趣味にも手が付かなくなった。山菜採りや山歩きが趣味で、以前はどんなに疲れていても毎週のように出かけていた。

「2年ほど前からなんとなく億劫に感じることがありましたが、あまり気にしていなかった。でも、今年になってほとんど出かけられなくなったんです。体は疲れていないのに、家を出る気力がなくて……」(加藤さん)

 好きだった音楽や漫画にも興味がなくなった。おかしい。このままでは自殺してしまうかもしれない。「うつ」を疑い、心療内科を受診しようと妻(53)に相談すると、意外なことを言われた。

「それ、もしかしたら更年期障害じゃない?」

 以前テレビで見た「男性更年期障害」の症状にそっくりなのだという。

 更年期障害は女性特有の症状と思われがちだが、「男性更年期障害」と呼ばれる諸症状がある。順天堂大学泌尿器科教授の堀江重郎医師はこう解説する。

「女性更年期障害と並列させる意味で“更年期”と呼ばれますが、女性のように閉経前後の10年という明確な発症時期があるわけではない。いわゆる男性更年期障害とは、テストステロンという男性ホルモンの減少によって起こる諸症状を指します」

 女性の更年期障害は程度の差こそあれ、誰もが経験し、時が来れば症状は消えていく。しかし、男性の場合はテストステロンの減少に伴う「病気」であり、治療や生活改善をしない限りよくなることはない。

 テストステロンは、実は男女ともに持つホルモンだ。特に男性で濃度が高く、胎児の性分化や出生後の性徴に関わることから「男性ホルモン」と呼ばれる。

 そして、ユニークな特徴がある。人間が持つ多くのホルモンとは違い、生命維持には直接かかわっておらず、ゼロになっても直ちに死ぬことはないのだ。それでも、性徴以外にもテストステロンが果たす役割は大きい。

「役割を一言で言うと、“外へ出かけ、獲物をとり、帰ってくる”ホルモンです」(堀江医師)

 テストステロンは、狩りに出かけようと考える「意欲」、どこへ行けば獲物がいるかという「認知・判断」、そこへ行くまでの道を歩き、狩るための「筋力」、帰ってきて獲物を振る舞い、認められる「自己主張・自己実現」などに関係する。現代社会に当てはめると、仕事をして成果を上げ、認められることに関係するホルモンと言えるだろうか。

 こんな研究結果もある。獨協医科大学埼玉医療センター泌尿器科准教授の井手久満医師はこう話す。

「男性のテストステロン値と社会的な地位を調べた研究は多くあり、テストステロン値が高いほど“年収が高い”“運動能力が高い”“異性にもてる”“子どもをつくる能力が高い”ことが疫学的に証明されています」

 逆に、テストステロン値が減少すると表れやすいのが、気分の落ち込みや意欲の減退など「精神的症状」、筋力が落ちて太りやすくなる、疲れが取れないなどの「身体的症状」、性欲の減退や勃起不全、朝立ちの減少などの「性的症状」だ。

 冒頭の加藤さんは身体的、性的な症状は実感していなかったが、妻の勧めもあり、メンズヘルス外来のある近隣の医院を受診した。血液検査の結果、遊離型テストステロン値が診断基準とされる8.5pg/mlの4分の1ほどと低く、問診とあわせ「男性更年期障害」と診断された。

「原因がわかって、治療すればよくなるだろうという期待も持てたし、ホッとしました」

 加藤さんは診断を受けたときの心境をそう振り返る。現在は2週間に1度、テストステロンを補充する筋肉注射を続けている。症状は安定し、気分の落ち込みも少なくなった。(編集部・川口穣)

※AERA 2019年12月9日号より抜粋