更年期障害といえば、中高年女性に特有のものと考えがちだが、男性にもある。30代で症状が出る人もいる。男性の場合、テストステロンという男性ホルモンの減少から起こる。AERA 2019年12月9日号から。



*  *  *
 男性更年期で表れる精神症状や肉体的・性的な症状は、多くの場合、「年のせい」だと諦めがちだ。衰えを実感しながらも折り合いをつけて生活している人は多い。確かにテストステロン値は、統計的には年齢が上がるほど減少していく。だが、必ずしも年とともに減るものではないという。

 順天堂大学泌尿器科教授の堀江重郎医師は言う。

「テストステロン値は個人差が大きく、若くても低い人、高齢でも高い人もいる。個人レベルで見れば、必ずしも“年のせい”ではありません」

 実際、男性更年期障害と診断される患者も30代から80代までと幅広い。若くして診断される人もいる。

 東京都のアルバイトの男性(37)は、今年の梅雨時期に体がだるくなり、やる気が出ない、イライラするなどの精神症状も表れた。湿気や気圧の影響だろうと思い様子を見ていたが、複雑なことを考えられなくなり、活動量が少なくても強い疲労感を覚えるようになった。心療内科を受診し薬を処方されたが、症状は改善しなかった。そんなとき、男性更年期障害について知り、泌尿器科を受診した。

 獨協医科大学埼玉医療センター泌尿器科准教授の井手久満医師によると、男性更年期障害は一般に、AMSスコアと呼ばれる問診と血液検査の結果を中心に、他の疾患とのスクリーニングを経て診断される。AMSスコアは、精神的・肉体的・性的な17の自覚症状を「極めて重い」から「ない」までの5段階で答える。27点以上で男性更年期障害の可能性があり、50点以上で「重度」の目安とされるが、前出の男性は67点。担当医は当初、「年齢的に更年期ではないのでは」と半信半疑だったが、血液検査でも基準値を下回り、診断がついた。

「男性更年期障害はうつ病などと混同されるケースが多くあります。心療内科で治療しても症状が改善しない場合、テストステロン値を測ってみてもいいかもしれません」(井手医師)

 堀江医師は、テストステロン値低下の一番の要因として、「自己実現・自己主張の機会の減少」を挙げる。

「テストステロンは、自己実現や自己表現ができていると高まります。しかし、できないと数値が下がり、さらにできなくなる悪循環に陥ります」

 職業的に見ると、デザイナーやアーティストなどクリエーティブで自己表現が大切な職種の人ほどテストステロン値が高く、事務員のように同じようなことを繰り返すことが多い職業では低い傾向があるという。

 テストステロン値の低下を食い止めるには、「自分を評価してくれる場所」をつくることだ。仕事にせよ、趣味にせよ、評価される場所があれば、テストステロン値は上がりやすい。

「適度な運動や筋トレによってテストステロン値が上がることや、睡眠不足によって下がることも、データによって証明されています。十分な値を維持できれば、年を重ねても心身ともに元気に生活できる可能性は大いにあります」(堀江医師)

(編集部・川口穣)

※AERA 2019年12月9日号より抜粋