2019年も残すところあとわずか。正月は実家に帰省するという方も多いだろう。近年は、夫と妻、どちらの実家に帰省するかで意見が分かれることもあるようだ。

 結婚情報サイトの「マイナビウエディング」が2014年、20〜50代の既婚男女308人に対して行ったアンケートによると、年末年始に実家に帰省すると答えたのは52.4%と約半数だった。そのうち、帰省先は「両方の実家」が49.7%、「妻の実家」が25.5%、「夫の実家」が23.0%だった。妻と夫はほぼ同じ割合のようだ。

 恋人・夫婦仲相談所の三松真由美さんによると、「もめ事が起こる確率は夫方の実家に帰省したケースのほうが圧倒的に多い」という。三松さんに寄せられた相談内容をもとに、解説してもらった。

*  *  *
■ヴィトンのバックをきっかけに嫁姑バトルが勃発
 都内に住む美咲さん(仮名、30代)は、正月を夫の実家で過ごしていた。たまに嫌みを言ってくる姑のことは苦手だったが、「長男が帰ってこないと世間体が悪い」という夫の両親の要望で、お盆と正月には必ず帰省していたのだ。

 あるとき、美咲さんは舅から買い物に誘われた。

「出かけよう。車を出してあげる」

 姑と舅の関係は、ほとんど口を利かないほどに冷え切っていた。その姑は、「家事はすべて任せる」と掃除や炊事などを美咲さんに丸投げしていた。夕食の買い出しが必要だったため、美咲さんは舅と出かけることにした。夫は地元の友人と集まるということで、意図せず2人きりでの外出になった。

 近くの駅前デパートに着くと、舅は美咲さんをブランドコーナーに連れ出した。

「大人なんだから、安物のバックじゃなくてちゃんとしたものを買ってあげるよ」

 そういって手渡されたのは、10万もするルイ・ヴィトンのバック。さすがにまずいと思った美咲さんだったが、欲しい気持ちもあり、断れなかった。

 後ろめたさを感じながら実家に戻り、バックを夫にみせた。

「よかったじゃん。おやじ、結構年金もらってるからね」

 軽い反応に思わずほっとした美咲さんは、その勢いで姑にも報告した。

「見てくださいこのバック。お義父さんに買ってもらいました。大事に使わせていただきます」

 悪気はなかったが、これに姑の怒りが爆発した。美咲さんがその怒りに気づいたのは、帰省が終わる直前だった。姑は正月に訪ねてきた親族だけでなく、近所の人にまで嫁の悪口を言いふらしていた。

「うちの嫁は、私の夫にまで手を出す淫乱女なの」

 風のうわさでそれを耳にした美咲さんにも火が付いた。

「私からおねだりしたわけじゃないし、誘惑だってしていません!」

 ついに嫁姑バトルが勃発してしまった。発端となった舅は見て見ぬ振り。美咲さんの夫も、どちらに味方するでもなく、終始煮え切らない態度だった。

「二度とくるものか!」

 それ以来、美咲さんは夫の実家には一度も行っていない。

■孫を待ち望む義父がセクハラ発言 「俺が仕込んだろうか?」
 滋賀県に住む良子さん(仮名、30代)は、夫の実家に行くことが憂鬱だった。

「早く孫の顔が見たいんだけど…」

 妊活に励むものの、なかなか授からない。夫婦2人で帰省するたび、良子さんは姑の小言に胸を痛めていた。それでも舅は理解を示し、慰めてくれた。

「ごめんな。ああいうことは言わないようにって、いつも注意してるんだが」

 夫の両親はともに60代。舅はバブル全盛期を味わった世代で、姑がいないときには、よく女遊びを武勇伝のように語っていた。精力は健在のようで、グラビアアイドルの写真を好んで見るような“現役バリバリ”といった感じの人だった。そんな舅だったが、良子さんに悪いことを言わない分、関係は良好だった。

 結婚して5年、例年通り帰省すると、姑の小言がいつもよりも強い。

「いつになったら、子どもと3人で帰省してくれるのよ」

 なんでこんなに責められるのか。良子さんは怒りを抑えつつ、姑のいないところで一人、悔し涙を流した。その現場に偶然、舅が通りかかった。

「あんたの悲しみはわかる。大丈夫か」

 いつもの舅だと思った。が、この日は様子が違った。

「なんやったら、オレまだ元気やから、子ども仕込んだろうか?」

 耳を疑った。冗談かと思ったが、舅の顔はいたって真面目だった。良子さんは思わず言葉を失った。

 後日、三松さんのところに相談にきた良子さんは、「もう里帰りは嫌です。でも、こんなこと、夫にも相談できません」と話したという。

■心を病まないためには、距離を置く工夫を
 2つの事例のように、三松さんによると、帰省時のもめごとの背景には「義父母の関係性」がある。

「相談者には『舅と姑は仲がいいですか?』と必ず質問しています。お姑さんの場合、夫に不満がある人は息子に愛情を向けるので、嫁を敵視する傾向があります。離婚や、死別している人もリスクが高くなります」

 前者の美咲さんのケースでは、舅と姑は口も利かないような冷え込んだ関係だった。これに対し、嫁と舅の仲の良さが姑の嫉妬を募らせたのだ。

「二人きりで行くのはよくなかったですね。信頼関係が大事ですから、先にお姑さんにお伺いを立てるべきでした」

 後者のセクハラも、構図は同じようだ。

「今の60代は、バブル絶頂期を経験した人たち。たくさんの恋愛や派手なデートを楽しんだ世代です。男性は歳をとっても精力旺盛な方もいますが、女性はそうはいきません。夜のコミュニケーションが釣り合わなくなり、性の矛先が嫁に向くというケースはあります」

 姑・舅との関係がうまくいかず、なかには精神的に病んでしまう人もいる。時には思い切って距離を置くのも手だ。三松さんによると、義父母と自然に距離を保つ方法が2つあるという。

「一つ目は、連絡の取り方を変えることです。過去に失恋経験がある方は、当時を思い出してください。会う頻度が減っていって、最後には自然消滅という流れを経験したことがあると思います」

 コミュニケーションを段階的に変えるのがポイントだ。まずは直接会っていたのを電話に変える。それを少しずつメールや手紙に変え、最終的にはその頻度を落としてく…といった具合だ。

「もう一つは子どもに間に入ってもらうことです。電話する時には、まず子どもから祖父母に電話してもらいましょう」

 義父母からすれば、孫との会話は幸せな時間だ。そこで時間を消費することで、自分との会話の時間を最小限に抑えることができるのだ。

 そもそも近年は、夫・妻のどちらの実家に帰省するかで意見がわかれる。妻の実家に帰省すれば、トラブルは減るのだろうか。

「帰省問題で、私のもとにくる相談はほとんどが嫁姑問題です。両家の実家に平等に帰るのが理想的ですが、トラブルを避けたいのなら、奥さんの実家に帰るほうが無難かもしれません」

 尽きることのない嫁の苦労。せめて年の瀬くらいは穏やかに過ごしたいものだ。(AERA dot.編集部/井上啓太)