昨年、インターネット上での誹謗中傷が原因で、韓国の女性アイドルが自殺したと報道されました。

 これはYouTuberをはじめ、誹謗中傷にさらされることの多い人たちにとって、衝撃的なニュースでした。決して人ごとではないと思ったのです。

 とくに、顔を出してYouTubeに登場している人には、必ず誹謗中傷のコメントがきます。なかには容姿に関することも含めてひどい書き込みもあります。

 そして、「それは仕方のないことだ」と、諦めるのが現在のYouTube業界の慣習です。

 私の夫は、YouTubeのコンサルタントであり、YouTuberの育成事業もしています。10代から30代の人たちを中心に育成しています。夫によると、とくに10代後半のYouTuberが辞めてしまう理由に誹謗中傷のコメントが関わっているそうです。

 100件の良いコメントより、1の誹謗中傷が気になるのです。明確に自分に向けられた悪口や敵意は、本人に非常に大きなストレスを与えます。

 日常生活のなかで、目の前で悪口を言われたり、批判をされたりすることは珍しいと思います。それがインターネットだと“当たり前のこと”として毎日のように起こるのです。コメントによるストレスで、せっかく才能があるのにYouTubeを辞めてしまった人もいます。そのくらい、明確な敵意や悪意の言葉は、大きなストレスになるのです。

 私たちは、そういった誹謗中傷のコメントを気にしないメンタルもYouTuberに求められる資質の一つであると考え、「全員に好かれることはないから、コメントは気にしちゃダメだよ」と指導していました。おそらく他のYouTubeコンサルタントや、育成事業をしている人も同じように指導していると思います。

 しかし、韓国アイドルの自殺の報道を受け、事態はより深刻で、もっと根本的な部分を解決しなければならないのではないかと考えました。

 原因ははっきりしないとはいえ、もし誹謗中傷が自殺の原因だとすれば、それは殺人と変わらないという考え方もできるのかもしれません。

 これまでは、芸能人やYouTuberなどは、ある程度の誹謗中傷にさらされるのは仕方のないことで、有名税の一つであると認識されていました。実際、多くのYouTuberは匿名の心ないコメントに耐え続けていますし、有名YouTuberにも強いメンタルを持った人が多いのが現状です。

 しかし、彼女の自殺によって、「画面に映る文字で人は殺される」という事実が突きつけられたような気がしました。これは大きな問題だと思うのです。

 書き込む側のモラルを改善しなければならない時がきたのです。ネット上に書き込まれた言葉で、人は心を病んで死にます。書き込んだ人が複数であれば、リンチによる殺人と同じです。書く側は軽い気持ちで書き込んでいるのでしょうが、受け取る側のストレスは相当なものです。

 多くのYouTuberが韓国のアイドルに対して当事者意識を持ったのも、このストレスが実感としてわかるからです。画面に映る文字は、人を殺すのに十分な凶器となりうるのです。インターネットが普及した現在、これは誰もが加害者にも被害者にもなりうる犯罪です。

 小・中学生の子どもたちもインターネットに身近に触れる時代です。中高生にとってもSNSは非常に身近な存在です。ティーンエージャーは特に多感な時期なので、インターネット上の言葉に非常に敏感です。

 未成年がインターネットに触れる場合、安易な書き込みをさせないように、教育が必須だと思います。ネットリテラシーと呼ばれる、インターネットの使い方についての知識の教育です。

 こうした教育は、学校の先生や親がしなければなりません。誹謗中傷や攻撃的なコメントをする人口自体を減らさないと、問題は解決しません。

 YouTubeだけでなくTwitterやTiktokやInstagramなどのSNSを利用する人口は増えています。それぞれ便利なツールですが、使い方を誤ると危険なツールでもあります。正しい知識とモラルを持って運用する、これを教育しなければならない時期になったのだと思います。

 全てのインターネットを利用する人たちに、正しい使い方をしてほしいと願っています。子を持つ親として、1人のYouTuberとして。

◆プロフィール
なーちゃん/二児のママ兼YouTuber。2014年にチャンネルを開設。長男・こうちゃんと出演する動画は子どもから親まで幅広い層から人気を集め、“ファミリー系YouTuber”としてカリスマ的存在に。登録者数214万人、総再生回数13億回を誇る。YouTube Twitter