ますます熱を帯びる中高一貫校や大学付属校などの中学受験。親として、どう理解すべきなのか。AERA 2020年1月27日号で、教育の「プロ」、おおたとしまささん、安浪京子さん、矢野耕平さんが、直球で語り合った。



*  *  *
──大学入試制度の改革との関連から、中高一貫校の人気が上がっています。

矢野耕平(以下、矢野):中高一貫校が大学受験で有利だとするなら、それは小学生のときに算国理社、幅広い範囲で知識を仕入れたことが財産になるから。「高校受験生は中学受験生に勝てない」と、ある中高一貫校の先生から聞いたことがあります。それは中学受験で理社をやった経験が大きいと。高校入試は英数国しかやらない子が入ってくるんですが、高2、高3と上がっていくと一気に中学受験組は高校受験組を突きはなしていく。その原動力になるのは理科社会だと。

安浪京子(以下、安浪):確かに中高一貫校には戦略的なカリキュラムがあって、予備校的な側面もあります。大学入試のみ切り取れば有利でしょう。でも学校選びってそれだけじゃない。人間形成や文化、どういう人間を育てる学校なのか。社会に出てからのことまで考えれば切り口は変わるかなと思います。

おおたとしまさ(以下、おおた):一部の私立の中高一貫校には大学入試から逆算したようなカリキュラムを打ち出しているところもありますね。僕は正直そこには魅力を感じてないです。大学入試のために中高一貫校にと思ってるなら、「やめておけば」と思いますね。そういう損得勘定で中高一貫とか中学受験をするっていうのはピンとこない。動機と手段の次元がずれている。中高一貫校が大学入試に有利なのだとすれば、考えられる理由は、特に中学のうちにディスカッションとかフィールドワークとか豊かな学びができること。その土台が最後の1年、受験勉強のときに教科書的な知識と結びつきやすいから、有利になるんだと思う。

安浪:私も予備校機能を持つ学校はそんなに魅力を感じていなくて。言ってしまえば偏差値上昇中のリニューアル共学校ですよね。その予備校学校に行ったら予備校は行かなくて済むかって言うと、結局予備校も行くんですよ。だから本当に勉強一色の学校生活になる。「俺の青春マジなかった」という卒業生もいます。それでも本人が満足するなら良いと思いますが。お金を払って私立に行かせるのは、そこには文化があるからだと思う。キリスト教であれ仏教であれ宗教がある学校は強いなと思いますね。ブレないから。

おおた:僕も成熟した文化を持っている学校こそ価値があると思っています。「学校の歴史が10年長ければその分、偏差値1足していい」ってよく言ってるんです。偏差値50と偏差値60の学校があったとして、50のほうが100年歴史が古ければ、同等ぐらいのイメージです。それだけ歴史の価値ってある。

安浪:保護者の皆さん、学校名ありきで選んでいきますが、そうじゃなくどういうふうに生きていってほしいか、家庭の軸がないと学校は選びようがない。意志を持って生きていく子に育ってほしいとか、部活を思い切りやってほしいとか、人間関係でもまれてほしいとか、何が何でも医学部とか。それがなくて学校見学に行くとどこもよく見えちゃう。あとよくあるのが「お得な学校」に入れたいというケース。入り口偏差値は低いけど、出口は高い学校。それはつまり、死ぬほど勉強させるということですよ。

──大学入試改革が迷走し、付属校が人気とも言われています。

矢野:定員の厳格化で、大学受験が以前と比べて入りづらくなっているのは確かだと思います。MARCHの付属校の、2016年度入試と19年度入試の実質倍率の変化を書き出してみると、すべて上がっていました。付属校に入れたほうが親として安心、という考えはあるでしょうね。

おおた:基本的に僕は、子どもの教育は損得勘定で考えるべきではないと思ってる。親のごく一時的な価値観に基づいての損得勘定でしかないですから。付属校を選ぶかどうかは、思春期をどういう環境で過ごすのかを選ぶことでしかないと思ってます。10代の時期を、高校受験もして大学受験もする、という過ごし方をするのか、あるいは高校受験はやらないで大学受験時だけ頑張るのか。もしくは中学受験だけ頑張ってあとは受験はしないのか。それは各ご家庭の教育に対するスタンス次第。

安浪:保護者がなぜ付属校を選ぶかというと、ただ自分が安心したいからなんですよ。それだけ。親が子どもに保険をかけるために大学付属を選ぶケースが非常に多い。中に入ったらそんなに勉強しなくていいんじゃないかと思ってるけど、今は違いますよ。付属校もめちゃくちゃ勉強させます。ダメだったら容赦なく切られて、進級させてもらえない。親が昔の牧歌的な印象を抱いて入れようとするのは間違っています。ただ、大学がある学校はお金があるから、授業も充実しているし設備もある。高校受験・大学受験がないから、やりたいことをずっと突き詰めてやれるよさもあります。

矢野:例えば僕の塾の出身の子の中には野球チームのエースで、大学まで野球をやりたいから、という観点で選んだ子がいます。やりたいことがはっきりしている場合はいいですが、そうでなければ小学生で大学決めちゃっていいのかなと思う気持ちも個人的にはありますね。

──思考力入試など、中学入試の形も多様化しています。

矢野:大学入試改革の話が出てから、やたらと「思考力」という言葉が使われ始めましたよね。僕は新型入試には批判的です。しばらく中学受験では4教科中心の入試が行われてきた。25年ほど前は、2教科、つまり算国しか勉強しない子と4教科勉強する子に分かれていたんですが、いろいろな歴史を経て4教科型になって落ち着いてきた。プレゼンテーション入試とかレゴブロック入試とか様々ありますが、学校に「うちはこういう姿勢を持った子どもたちが欲しいからこの選抜手法を採択する」という信念があるならいいですよ。でも人集めのためや、公立中高一貫校の併願校になるために思考型の入試を取り入れるのは、違うと思います。

安浪:実際学校は、思考力入試やAO入試で入れた子も、一般で来た子たちと一緒に育てていかなきゃいけない。だから結局AOとか思考力で合格する子は、一般でも受かる子たちなんですよね。AOでも英検2級なら無条件で合格とか、はっきり言ってるところもありますから。

おおた:僕は新しい入試が出てきたことは歓迎しています。なぜかと言うと、4教科入試のルールの中では力を発揮できない子ってやっぱりいるわけです。それは能力がないのではなく、その形式の中でインプット・アウトプットするのが苦手なだけ。今までは偏差値の高い子が上からいい学校の合格を奪っていって、「自分たちは余った席に座るしかない」と思ってしまっていた子が、「僕の得意なレゴでこの学校に入れたんだ」って堂々と通えるようになる。それに、プレゼンテーション入試にしても基礎学力はちゃんと見るので4教科の勉強は必要です。かつてなら負け組気分を抱えてしまっていた子たちに別の角度から光を当ててあげられる、新しい物差しが用意されたと僕は捉えています。

○おおた・としまさ(中央):1973年、東京都生まれ。教育ジャーナリスト。リクルート退社後、教育誌の企画・編集に従事。近著に『大学入試改革後の中学受験』

○安浪京子(やすなみ・きょうこ、右)/1976年、岐阜県生まれ。算数教育家・中学受験専門カウンセラー。著書に『中学受験 最短合格ノート』(朝日新聞出版)など

○矢野耕平(やの・こうへい、左):1973年、東京都生まれ。大手進学塾勤務後、中学受験専門塾「スタジオキャンパス」代表。共著に『早慶MARCHに入れる中学・高校』

(構成/編集部・高橋有紀)

※AERA 2020年1月27日号より抜粋

■発売中の「AERA 2020年1月27日号」では「公立中高一貫校」を特集。鼎談の全文を掲載しています。