地球にやさしく、エコに生きたいという気持ちはある。でも、牛肉はダメ、飛行機に乗ってもいけないと言われると、息苦しさも覚えてしまう。AERA2020年2月3日号では、エコ・ストレスを特集した。



*  *  *
 2019年9月。川崎市の会社員女性(34)は、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(17)をテレビで見て、申し訳ない気持ちになった。

 共働きをしながら2歳児の子育てをし、2人目を妊娠中。多忙な毎日で、明らかに独身時代より電気を使う量が増えた。乾燥機付き洗濯機、食洗機、電気調理鍋、浴室用暖房、寝る時のエアコン……。どれも独身時代は使っていなかったが、いまは時短や子どもの健康を考えると、使わざるを得ない。

 温めるだけで食べられる総菜もたくさん買うようになったので、プラスチックごみも増えた。荷物が多いのでマイボトルを持ち歩く余裕がなく、出先でペットボトルを買うことも多い。子どもは食べ残しが多く、食品ロスが発生するのは日常茶飯事だ。ネット通販からは毎日のように荷物が届く。梱包用の段ボール、ビニールでごみが増える。配達の輸送で排出するCO2も増えているのだろうが、便利だからやめられない。女性は言う。

「これをすべてやめてしまうと、とても生活が回らないしストレスになる。環境にやさしく生きたいという思いはありますが、一体どうすればいいのでしょうか」

 環境問題(エコロジー問題)は多岐にわたるが、いま、喫緊の問題として取り上げられているのは気候変動問題だ。それを止めるために、温室効果ガスを削減することは国際的な課題となっている。

 一方で、国連気候行動サミットに出席した小泉進次郎環境大臣(38)がステーキ店で食事をしたことで批判を浴びるなど、環境問題にはさまざまな議論がつきまとう。本当に効果的な環境対策とは、どんなものなのか。個人のエコ活動に、どれほどの意味があるのだろうか。

 まずは食について考えてみる。小泉環境相の一件以来、環境負荷の高い食べ物の代表格となった牛肉。なにがそんなに環境に悪いのか。水ジャーナリストの橋本淳司さん(53)はこう語る。

「牛肉生産は飼料として穀物を大量に消費し、水も大量に消費します。鶏肉や豚肉と比べても、牛肉が飛びぬけて環境負荷が高いことは確かです」

 国連食糧農業機関(FAO)によると、世界の畜産業全体から排出される温室効果ガスはCO2換算で年間7.1ギガトン、世界の排出量の14.5%に相当する。

 国際関係学を学んでいる大学3年生の戸田温さん(21)は、CO2やメタンガスなどの温室効果ガスを減らすために、ベジタリアンになった。もともとはお肉大好き。しかしトゥンベリさんの存在を知り、何かできることはないかと調べ、「肉を食べない」という選択肢を知った。

「同じ人類の課題として、私も何かしなければと思いました」

 菜食生活は8カ月目。コンビニや外食だと、何かしら肉が含まれているために自炊をする。ところが年末、戸田さんが実家に帰省すると、肉が出てきた。その時は「フードロスになるから」と割り切り、食べることにした。

 前出の橋本さんはこう言う。

「肉を食べない、食べる量を減らすという選択肢もありますが、出されたものを食べ残さないことが一番重要です」

 食料は生産時はもちろん、運搬や保存の際にもエネルギーを必要とする。食べ残しはそのすべてを無駄にするうえ、ごみの処理のためにさらなるエネルギーを消費する。

 日本の食料消費量の3割にあたる約2800万トンが、毎年廃棄されている。このうち、売れ残りや食べ残しなど、本来食べられたはずの、いわゆる「食品ロス」は643万トンに上る。

 自治体の廃棄物処理計画を多数手がけてきたダイナックス都市環境研究所の山本耕平会長(64)も、食品ロスは大きな問題だと語る。

「買い物に行く前には冷蔵庫の中をチェックして同じものを買わないようにする。スーパーで賞味期限が近い陳列の手前のものから買う。そんな当たり前の行動も、食品ロスの削減につながります」

 製造から消費までの流れは、短ければ短いほどエネルギーがかからない。だから、地産地消が理想だ。さらに、ハウス栽培は露地栽培に比べ、エネルギーが多く使われている。旬の野菜を購入することも、CO2削減につながる。(編集部・小柳暁子)

※AERA 2020年2月3日号より抜粋