ラグビーW杯日本大会の影響で、ラグビー熱も高まっている。ただ、気をつけてほしい。激しく接触するスポーツは、脳振盪が原因で脳疾患を発症するリスクもある。今はケアも進んでおり、過度に恐れる必要はないが、過去の脳振盪(しんとう)の影響が数十年後に出るケースもあるという。

*  *  *
 脳振盪が脳に及ぼす影響を隠し、選手を保護する義務を怠ったとして、脳疾患がある元アメフト選手ら約5千人が、米国のナショナル・フットボール・リーグ(NFL)を訴えた裁判が2016年4月、NFL側が推定総額10億ドル(当時の日本円で約1100億円)を支払うことで和解が成立した。

 一連の問題で最も注目されたのが、脳振盪を繰り返すことで生じる慢性外傷性脳症(CTE)だ。

 日本神経学会によると、CTEは、頭部への衝撃を繰り返し受けることや、脳振盪を反復することで発症する疾患。外傷を受けてから数年から数十年の経過で記銘力低下や注意障害、錯乱、抑うつ状態といった認知症の症状などが起きる。特にボクシングやラグビーなどの接触型スポーツの選手で多くみられるという。

 ただ、CTEの画像診断は、ある程度は可能だが、確定はできない。さらに、現時点では治療法がないため、早期発見で頭部への打撃を回避したり、場合によっては早期の引退に踏み切る指導をしたりすることで、疾患への発症を避けることが重要だという。

 東京慈恵会医科大学脳神経外科の専門医で、関東ラグビーフットボール協会のメディカル委員でもある川村大地医師はこう話す。

「反復的な脳振盪がタウたんぱくという異常なたんぱく質を脳に沈着させ、CTEや認知症などを進行させる疑いがあります。画像診断が実現しておらず、データがないため因果関係がはっきりと証明できませんが、接触型スポーツを原因とする脳疾患の発症を否定できない状況です」

 数々の執筆を手がけ、世界の医療事情に詳しい太融寺町谷口医院(大阪市北区)の谷口恭院長は、こう主張する。

「医学誌『Acta Neuropathologica』の15年の論文が、米国にある脳バンクの脳の検体調査をもとに、接触型スポーツ経験者の3割以上がCTEになると示すなど、CTEの発症リスクが接触型スポーツにあるのは自明。広く周知させるべきです」

 サッカーも脳疾患リスクの上昇が疑われるスポーツだ。CTEに対する警戒心が最も強いアメリカでは現在、10歳以下の子供のヘディングは完全禁止。11〜13歳の子供も制限がある。

「ヘディングが多い選手はCTEやパーキンソン病様症状など脳神経症状の発症リスクが上昇するという海外の研究や報道が複数あります。認知症を含めた神経疾患を疑って医療機関を受診した際には、医師にスポーツ歴も伝えるべきです」(谷口医師)

 とはいえ、過度に恐れる必要はないようだ。

 ここ4、5年で、ラグビーを筆頭に接触型スポーツは脳振盪に関するガイドラインを厳粛化している。

「脳振盪発生時には必ずプレーを中止し、必要な手当てを受け、段階的復帰プロトコルに従って練習・試合に復帰することとなっています」(日本ラグビーフットボール協会)

 さらにラグビーの国際大会では、頭部損傷評価(HIA)を実施する。先のラグビーW杯で、相手と激しく衝突した選手がピッチ外に退き、代わりに別の選手が一時出場した措置も、現場のスポーツドクターのHIAによる判断だった。

 他競技でも脳振盪へのケアを徹底している。日本アメリカンフットボール協会は、

「脳振盪が疑われた場合にはプレーを中止し、当日の復帰は不可で段階的に復帰する」

 とラグビーとほぼ同様の措置を取っている。

 ボクシングでは、KO負けした選手を中心に医師の指示を仰ぎながら、試合後90〜120日のトレーニング、スパーリングの禁止期間などが設けられる。日本ボクシングコミッションは、「レフェリーストップが10年前に比べて格段に早くなっています。以前ならスタンディングで脳振盪を起こしている状態ではカウントを取りました。現在はその状態でストップをかけ、TKOの判断を下します。選手の安全を目的とした行為だと認知拡大しているので、お客様の不満の声はほとんどありません」と説明する。

 全日本柔道連盟では、脳振盪を起こした選手については医師が診断し、症状がある場合、症状が消えるまで練習・試合は休止させる。急性硬膜下血腫などになった場合、新たな脳振盪で重症になる恐れがある「セカンドインパクト症候群」を危険視し、競技復帰は勧めていない。

「4年ごとに国際スポーツ会議が実施され、そこで医学論文などを検証し、選手がより安全にプレーできるようルール改定も行われます。また、日本で行われたラグビーW杯後は、様々な角度からの映像を検証し、危険なプレーが新たに見つかれば禁止されるでしょう。選手が安全に長くプレーできるように、安心して子供にスポーツをさせられるように、今まで以上に安全に注意を払う傾向がスポーツ界全体で高まるでしょう」(前出・川村医師)

■家庭でもできる三つの簡単予防法

 それでは、まだ安全対策が確立していない時代に接触型スポーツをしていた人たちはどうすればいいのか。「現役を退いて20年も経つから平気」などと考える人も油断禁物だ。

 脳梗塞(こうそく)メディカルリハの理学療法士・梅林遼太氏は、

「脳細胞は死滅すると二度と元に戻りません。ただ、最近の研究では死滅した脳細胞を周囲の細胞が補う働きを持つことが明らかになってきました」

 と話し、脳疾患の有無を確認する簡易的なチェックで、脳細胞の活性化を促し脳疾患の予防にもなる三つの方法を紹介してくれた。

 一つは眼球運動。自分の腕を伸ばし、1本指を立てて目の前に示す。指を様々な方向へゆっくり動かし、頭を動かさずに目で追うことで眼球と直接つながる脳神経を刺激できる。

 二つ目は会話。家族や友人と昔話などをして、記憶を掘り起こす作業だ。1対1から始め、次に複数人による複雑な会話をする。

「目で知覚したスリッパを『スリッパ』という言葉と照らし合わせるのも、脳機能の活性化を促します」(梅林氏)

 最後は自身の全身をゆっくり触り、脳に触覚刺激を与える方法。ゆっくり体を触ることで、足の小指や肩など体の“端”を知覚することを促すという。

 もし指を目で追えない、会話についていけない、よく人にぶつかる、という人は要注意。

「寝つけない、落ち込みやすいのも脳振盪の影響かもしれません。自覚症状がある人は一度病院に相談しましょう」(前出・川村医師)

 他方、アルツハイマーの進行度を評価する血液検査など、医学の進歩も見逃せない。

「画像診断の技術は今後発展し、CTEとスポーツの関係性もはっきりしてくるでしょう。今年の東京五輪も含め、国全体でスポーツの安全面にきちんと向き合うことは、日本の高い文化レベルを示すことにつながります」(同)

 大きな感動があっても、競技生活が原因で、選手がその後、脳疾患を抱えるような事態になることは避けなければならない。(桜井恒二)

※週刊朝日  2020年2月7日号