世界中で和食ブームが巻き起こり、日本で料理を学び母国で開業する外国人が激増中だ。一方、日本国内で長年にわたり和食に携わる職人もいる。何がYOUをとりこにしたのだろうか。関東で和食を提供する4人の外国人を紹介する。


■イタリア人店主@焼き鳥屋
・トリノ

神奈川県横浜市中区野毛町1−22−1/営業時間:17:00〜22:30L.O./定休日:なし/要予約

 コロネッロ・パオロさんは、2007年に初来日して食べた和食に衝撃を受けた。

「日本に住んで、自分でも作ってみたくなりました」

 働いていたミラノのレストランは、修業に訪れた日本人シェフをたくさん受け入れていた。そこで都内でイタリアレストランを経営する知己に相談。ビザを取得し、翌年から彼の店で働きつつ日本食の勉強を続けた。

 16年、横浜に出店。焼き鳥屋を選んだ理由は、

「イタリアでは鶏はムネとモモしか食べないので、いろんな部位を焼いて食べるのが面白い。でも味付けは塩とタレしかないので、これはもったいない。部位ごとに違ったソースで味わったら、と思ったんです」

 焼き鳥は9本のコースのみで、気に入った品をお代わりできる。一番人気は柚子胡椒で味付けしたボンジリを生ハムで巻いたもの。セセリは、冬季はオレンジキャラメルソースで、夏季はバジルソースでと、季節によって変える工夫もしている。自由な発想の串を堪能したい。

■アメリカ人女将@鰻屋
・志乃ざき

住所:東京都八王子市本町2−1/営業時間:営11:30〜14:00L.O.、17:00〜20:00L.O./定休日:水、第1・3木/女将は吉祥寺店(東京都武蔵野市吉祥寺南町2−25−10)にも出勤

 1937年創業の老舗の3代目夫人は、米ボストン郊外出身の篠崎クリスティンさんだ。

「上智大学に留学したとき、治安が良く親切な人が多い日本が大好きになったんです。住み続け、貿易会社で働きました」

 98年に、共通の友人の紹介で出会った篠崎賢治さんと結婚。

「女将になるという条件はなく、勤めを続けました。1年後くらいに自分で決意したんです。抵抗はありませんでした。女将がどういう仕事かわかっていなかったからですけど(笑)。最初のうちは常連さんからの『いつもの』というオーダーがわからなかったり、電話での注文を聞き取れないなど苦労しました」

 今ではすっかり名物女将に。女子高で浴衣の着付け講習をするなど地域に貢献している。

■イラン人店主@居酒屋
・居酒屋 花門(かもん)

住所:東京都板橋区上板橋3−6−7/営業時間:18:00〜翌1:06/定休日:火/予約が望ましい

 日本語を学ぶため88年に来日したコルドバッチェ・マンスールさん。中東情勢の悪化で帰国を諦め、貿易会社に就職。馴染みの居酒屋の閉店を機に居抜きで店主となった。メガ盛り料理を全品税込み400円で提供する。そのきっかけは、

「26年前に、妊婦さんと旦那さんが来たんです。サイコロステーキを食べたかったようですが、高いからと注文しなかった。イランでは、妊婦さんの望みはかなえてあげるという習慣があります。翌日から私はすべての値段を、一番安い料理に合わせました。そのご夫婦がまた来店してサイコロステーキを食べたときの笑顔は、忘れることができません」

■ミャンマー人店長@沖縄居酒屋
・きよ香

住所:東京都杉並区高円寺北3−22−2/営業時間:17:00〜翌1:00頃L.O./定休日:なし

「ウェートレスとして入ったんですが、1カ月くらいしたときにママから厨房で働くようにと言われて」

 91年から日本語学校に通いだしたヌーヌーさんが選んだバイト先は、沖縄居酒屋だった。

「沖縄とビルマ(ミャンマー)で共通する食材や料理はたくさんあります。ビルマの人も木綿豆腐や豚肉が好き。麺も沖縄そばと同じよ。サーターアンダーギーに似たお菓子もあります」

 来日当初は3年ほど日本語を勉強して帰国するつもりだった。しかし「軍事政権の国に帰りたくない」と住み続け、日本人男性と結婚。30年近く沖縄料理を作り続けている。

(取材・文/本誌・菊地武顕)

※週刊朝日  2020年3月13日号