新型コロナウイルスの感染拡大は、企業説明会のオンライン化が進むなど就活も変化を余儀なくされている。経済の混乱は長期化する予想もあり、学生たちには不安が募るばかりだ。今後、就活はどうなるのか、就活生は何に気をつければいいのか。AERA2020年3月30日号は採用のプロに尋ねた。



*  *  *
 パソコンやスマホで手軽に参加できる説明会は、企業の“温度”を感じづらい。チャット機能で人事や採用担当者と会話することもできるが、無難な質問にしか回答しない会社もあるなど問題があり、企業研究がスムーズにいかないこともあるという。

 就活の過度なオンライン化に警鐘を鳴らす声もある。

「リアルな出会いの場が欠如し、業界・企業研究が不十分なまま活動する可能性が高い」

 と指摘するのはマイナビのリサーチ&マーケティング部の栗田卓也部長だ。

 さまざまな企業のブースが設置される合同説明会は、学生が関心のなかった業界や企業を知るチャンスになっていた。だが、オンライン就活が主流となり、こうした偶発的な出会いや興味を広げる機会が減少。企業を顧客とするBtoBの企業や中小企業を視野に入れる学生が少なくなるのではないかと危惧する。

 さらに、大企業への“誘惑”もある。採用コンサルタントの谷出正直さんはこう指摘する。

「これまで、大手の自社説明会はすぐに『満席』になり、エントリーをあきらめる学生がいましたが、ウェブ説明会は多くの学生が視聴でき、見ればエントリーしたくなる。大企業に引っ張られてしまう学生がより増えています」

 オリンピック景気も相まって近年の就活は売り手市場だと言われていたが、一部の企業に学生が集まれば、自然と倍率は高くなり、内定獲得までのハードルも上がる。

 先行きが見えない現状に加えて、加速する大手志向。採用方法を変える企業も出始めている。

「Webシューカツ推進委員会」が賛同企業に行った調査では、約3割が採用の母集団の集め方を変更するとした。その多くはベンチャーや中小企業で、うち58.5%が、学生のプロフィルをもとに選考やインターンの案内をするダイレクトリクルーティングを利用すると回答。ダイレクトリクルーティングとは、学生からの応募を待つのではなく、積極的にアプローチする姿勢だ。

 前出の谷出さんは、学生内の格差もより広がるだろうと懸念する。

「企業側も学生の情報を得る機会が少ないため、インターンシップに参加してきた学生に選考の機会を与えがちになるなど、動いている学生がより有利になります。また、オンライン化で地方の学生にも時間や距離、お金の壁がなくなるメリットもあり、ますます競争が激化するでしょう」(谷出さん)

 日本銀行の黒田東彦総裁は新型コロナウイルスの経済影響について、感染が終息すれば経済も回復すると予想したが、一方で「リーマンとは違うショックが起きている」と長期化にも警戒感を示す。世界経済が大混乱し、経済の専門家であっても先行きは全く見通せないのが現状だ。

 国内消費の落ち込みは就活にも影響を与え、今年4月に入社予定の学生の内定取り消し事例が発生。学生の間にも不安感が漂う。

 だが、前出の栗田さんは、「就職氷河期のように極端に新卒採用を減らすことにはならないのではないか」とみる。

「経済状況によっては、予定より採用数を絞る企業が出る可能性もあります。ただ、ここ数年人手不足が続いていることや、各企業が新卒採用を行う理由として、『人員構成の適正化』も意識していることから、各企業が極端に採用を絞ることはないのではないか」(栗田さん)

 特定の世代がごっそり抜けてしまえば、いずれ中途採用で雇用しなければいけなくなる。過去に、極端に特定の世代だけ就活が厳しかったことで「ロスジェネ」を生んでしまったことや、企業内のいびつな年齢構成を生んでしまったことの反省も踏まえ、各企業は今回対応を考えるだろう。

 栗田さんは言う。

「就活生たちはまずはウェブを使った情報収集など、できることから行動してほしい。もし十分納得のいく結果でなくても、働き方が多様化した現在は転職やキャリアチェンジも盛ん。新卒は『ゴールデンチケット』というイメージがあるが、チャンスは一度きりではないので焦らないでほしい」

(編集部・福井しほ、深澤友紀)

※AERA 2020年3月30日号より抜粋