日本の鉄道は、国土交通省に届け出た路線名で案内するのが基本とされている。なかには鉄道事業者が独自の名称を採り入れた電車系統名称、路線名に愛称を入れる路線愛称があり、特に路線愛称は昭和末期から急増した。すっかり定着したものから、まだ定着しきれていないものまで、いろいろな路線愛称を紹介しよう。



*  *  *
■京浜東北線と埼京線は路線名ではない

 品川〜田端間で山手線と併走している「京浜東北線」という名称は、実は正式の路線名ではない。大宮〜東京間は東北本線、東京〜横浜間は東海道本線を走行する。参考までに、山手線の線籍は品川〜新宿〜田端間で、京浜東北線と同様に田端〜東京間は東北本線、東京〜品川間は東海道本線である。

 京浜東北線の歴史を紐解くと、鉄道院時代の1914年12月18日、東海道本線品川〜横浜間が複々線化され、長距離列車用と各駅停車用に分けられた。これに伴い、すでに複々線化されていた東京〜品川間とのセットで、「京浜線」という電車系統名称(路線の中で、特定の運転系統の列車に付けられた名称)の祝賀電車が華々しく走行し、2日後の12月20日に営業運転を開始したのが始まりである。当時、東京〜品川間の線路は山手線と共用されていた。

 京浜線は1925年11月1日から北へ線路が延び、1932年9月1日には東北本線区間の大宮に達したことで、鉄道省は現在の「京浜東北線」に“改称”し、現在に至る。

 国鉄時代の1985年9月30日に開業した「埼京線」も電車系統名称である。大崎〜池袋間は山手貨物線、池袋〜赤羽間は赤羽線、赤羽〜大宮間は東北新幹線の隣に建設された東北本線の別線を走る列車を、運転区間からひとつにまとめた名称である。赤羽〜大宮間の距離は京浜東北線経由より0.9キロ長いが、定期券は双方の各駅で乗降できる。

 このほか、湘南新宿ライン(大宮〜新宿〜大船間)、上野東京ライン(上野〜東京間の別線)も、正式な路線名ではなく、この区間を直通する列車に付けられた電車系統名称である。

■路線愛称の先駆けは大阪の地下鉄

 正式な路線名に愛称を付ける路線愛称の先駆けは、大阪市営地下鉄(現・Osaka Metro)だ。1933年の開業時から1号線、2号線と案内していたが、1970年に千里丘陵で万国博覧会開催が決まり、路線愛称とラインカラーを導入することになったのである。

 1969年12月6日に1号線は御堂筋線、2号線は谷町線……などと発表された。大阪の主要道路は南北方向を「筋」、東西方向を「通」と称するのが慣例で、それに準じたのである。

■JRグループも路線愛称に乗り出す

 1987年4月1日の国鉄分割民営化後、JRグループは地域密着を掲げ、あらゆる施策に出る。そのひとつが路線愛称だ。

 特にJR西日本は、1988年3月13日のダイヤ改正で、関西の主要都市を結ぶ複数の路線で路線愛称を導入することになり、6線区7区間で愛称名の使用が開始された。当時は下記の通りである。

東海道本線/京都〜米原間→琵琶湖線
東海道本線/京都〜大阪間→JR京都線
東海道・山陽本線/大阪〜姫路間→JR神戸線
山陰本線/京都〜園部間→嵯峨野線
東海道本線・福知山線/大阪〜篠山口間→JR宝塚線
関西本線/加茂〜湊町(現・JR難波)間→大和路線
片町線/木津〜片町間→学研都市線

 しかし、JR京都線、JR神戸線、JR宝塚線が物議を醸す。並行する阪急電鉄に同名の路線があり、“パクリ”であることも大きかったようだ。

 JR神戸線は当初の予定通り、東海道・山陽本線の大阪〜姫路間でまとまった。そして、JR京都線は東海道本線の米原〜大阪間を計画していたが、京都〜大阪間に短縮のうえ、米原〜京都間を琵琶湖線に変更(ただし、車窓から琵琶湖が望めない)した。琵琶湖線は、のちに北陸本線米原〜長浜間に拡大された。

 JR宝塚線は当初、東海道本線と福知山線の大阪〜新三田間に設定する予定だったが、大阪〜篠山口間に“延伸”された。その後、片町線はJR東西線の開業に伴い、京橋〜片町間が廃止された。

 JRの他路線をピックアップすると、JR東日本は東北本線上野〜尾久〜黒磯間に「宇都宮線」の路線愛称を導入。東武鉄道にも同名の路線はあるが、並行していないことや、普通・快速列車は黒磯止まりで東北まで行かないことなどから、沿線住民にすんなり受け入れられたようである。

 JR北海道は札沼線全線(函館本線札幌〜桑園間も含む)に「学園都市線」の路線愛称を導入。沿線の札幌市側は1980年代に大学の移転やベッドタウン化が進み、桑園〜北海道医療大学間が交流電化されるほどの発展を遂げた。

 しかし、非電化区間の北海道医療大学〜新十津川間は列車の運転本数と利用者数が極端に少なく、2020年5月7日に廃止される(列車の運転はすでに終了)。

■愛称で観光路線の魅力をPR

 JR九州では2001年の篠栗線・筑豊本線の電化に際して、黒崎〜博多間に福北ゆたか線の路線愛称を付けた。これは列車の運転区間に即した愛称で、どちらかというと、先述の電車系統名称に近い。

 JR九州の路線愛称には、このほかに香椎線の西戸崎〜香椎間に「海の中道線」、肥薩線の八代〜吉松間に「えびの高原線」、久大本線に「ゆふ高原線」などがある。

 また、JR四国では徳島線に「よしの川ブルーライン」、牟岐線に「阿波室戸シーサイドライン」、予土線に「しまんとグリーンライン」、予讃線の向井原〜伊予大洲間に「愛ある伊予灘線」の愛称を設定した。

 JR九州やJR四国の路線愛称の多くは、日常利用や列車の運転区間を示したものというよりも、観光利用を意識した愛称といえよう。なお、JR東海では路線愛称を設定していない。

■東武鉄道も路線愛称に参戦

 私鉄では東武鉄道が2012年3月17日から、東京スカイツリータウン開業に備え、伊勢崎線浅草・押上〜東武動物公園間に「東武スカイツリーライン」という路線愛称を導入した。浅草〜北越谷間はほとんどの駅のホームで、東京スカイツリーが眺められる。

 続いて2014年4月1日から、野田線全線に「東武アーバンパークライン」の路線愛称を導入。定期特急や急行の運転開始、宅地開発など、路線自体は成長しているが、6年たっても路線愛称は浸透していない模様だ。

 今後も路線愛称が増えることも考えられる。浸透する、しないは、引き続きネーミング次第であろう。(文・岸田法眼)

岸田法眼(きしだ・ほうがん)/『Yahoo! セカンドライフ』(ヤフー刊)の選抜サポーターに抜擢され、2007年にライターデビュー。以降、フリーのレイルウェイ・ライターとして、『鉄道まるわかり』シリーズ(天夢人刊)、『論座』(朝日新聞社刊)、『bizSPA! フレッシュ』(扶桑社刊)などに執筆。著書に『波瀾万丈の車両』(アルファベータブックス刊)。