ほくろやしみのような見かけの皮膚がん。皮膚がんの5年生存率は90%以上と高い水準にあるが、顔にできたがんが進行すると、見た目の面での問題が生じる。また、がんとは思わずに見過ごしていて、気づいたときにはほかの臓器に転移していたというケースもある。専門医に、注意すべき皮膚の変化や治療法を取材した。



*  *  *
 皮膚は広げると約1・6平方メートルになる、からだのなかで最大の器官だ。バリア機能、水分保持機能、老廃物の排泄機能、汗による体温調節機能、感覚器としての機能など、多くの働きをもつ。

 皮膚は表面から、表皮、真皮、皮下組織などによって構成されている。

 皮膚に発生するがんで最も多いのが、表皮にできるがんだ。皮膚がん全体の約80%を占める。ここでは、そのうち、日本人に多くみられる基底細胞がん、有棘細胞がん、メラノーマ(悪性黒色腫)について述べる。

 表皮の厚さは0・1〜0・2ミリ。そのなかにある基底細胞ががん化するのが基底細胞がん、有棘細胞ががん化するのが有棘細胞がん、メラノサイトががん化するのがメラノーマだ。

 いずれも、多くは黒・赤・褐色のほくろやしみのような外観で、痛みやかゆみはない。進行するとこぶのようになったり、潰瘍のようになって出血したりするものもあるが、初期には外観の変化以外に症状がないことがほとんどだ。

 また、がんの発生に紫外線が関与しているものが一定数ある。基底細胞がんと有棘細胞がんは、紫外線を浴びやすい顔、頸、頭皮に多くみられる。一方メラノーマは紫外線が当たる背中などの体幹や手足にもできるが、日本人は足の裏や手のひら、爪にできやすく、紫外線の関与がそれほど大きくないのが特徴だ。

 神戸大学病院皮膚科診療科長・教授の錦織千佳子医師は次のように話す。

「白人のメラノーマは、紫外線が原因となる体幹や大腿、下腿などに生じるものが圧倒的に多く、足の裏に生じる例は比率としては少なくなります。これには人種の違いが関係しています。しかし近年はバカンスで日光浴を楽しむ人が増えるなど、生活の欧米化に伴って、日本人でも体幹にメラノーマができる人が増え、日本人のメラノーマへの紫外線の関与も約3割程度と、増加傾向にあります」

■場所や大きさにより術後に皮膚の再建も

 皮膚がん全般の5年生存率は90%以上と高い水準だが、種類によっては悪性度が高いものがある。

 基底細胞がんはたとえ大きくなっても、ほとんど転移しない。しかし進行すると潰瘍をつくるなど、患部の皮膚組織を激しく破壊してしまう。

 一方、有棘細胞がんとメラノーマは治療が遅れるとリンパ節やほかの臓器に転移する。とくにメラノーマは悪性度が高く、進行も速い。足の裏の病変は気づきにくく、発見したときにはすでに転移していたというケースも少なくないという。

 発症する年代では、基底細胞がんや有棘細胞がんは70歳以上の高齢者に多くみられるが、メラノーマについてはその限りではない。筑波大学医学医療系皮膚科学准教授の藤澤康弘医師はこう話す。

「高齢世代のほかに、20代、30代にも発症のピークがある二峰性を示しています。若いからといって油断するのは禁物です」

 診断は問診、視診、生検(細胞の一部を採って詳しく調べる検査)がおこなわれる。

「基底細胞がんや転移のない有棘細胞がんは、切除すれば治療が終わることもあります。その場合は、切除と生検を兼ねて実施することになります」(藤澤医師)

 メラノーマも原発巣が薄く、深い浸潤(細胞に広がっていること)がなければ転移の可能性は低く、切除と生検で治療が終わることもある。

 しかし転移が疑われる場合は、CT(コンピューター断層撮影)などの画像診断や、センチネルリンパ節生検という検査をおこなう。がん細胞はリンパの流れに乗って広がるが、最初にたどり着くリンパ節(センチネルリンパ節)を特定し、このリンパ節の生検をおこなって転移の有無をみるという方法だ。

 センチネルリンパ節生検は、転移のリスクが高い有棘細胞がんにも実施される。

 皮膚がんの治療の第一選択は、切除だ。がんを完全に取りきるために、がん細胞よりも数ミリ〜数センチ程度、大きめに切除する。基底細胞がんや有棘細胞がんで小さくて転移がないなら、外来で切除できることもある。

 しかし、がんが大きくて切除後に皮膚に大がかりな再建が必要な場合は、入院しての治療となる。とくに顔の手術の場合は見た目の問題もあるので、再建術が重要になる。切除部分の大きさによるが、太ももなどから皮膚をとって植皮する場合もある。

「基底細胞がんや有棘細胞がんは目や鼻の周囲、額など、目立つ部分にできやすいので、再建術が複雑になるケースもありますが、多くは傷痕がわからない程度に修復されます」(錦織医師)

 リンパ節や肺や肝臓などのほかの臓器に転移がある場合は、原発巣の切除と、薬物療法、放射線療法を組み合わせた治療をおこなう。

■ほくろやしみの変化を見逃さない

 皮膚の異常は見つけやすいが、変化があっても放置してしまいがちだ。次のような点に気づいたら、早めに皮膚科専門医を受診することが勧められる。

▼半年前、1年前にはなかった、ほくろやしみ、イボが出てきた
▼ほくろ、しみ、イボなどが以前と比べて、数カ月の単位で大きくなってきた
▼色や形が変わってきた
▼しみ、イボ、傷などがいつまで経っても同じところにあって、治らない
▼最近、じくじくしたり出血したりするようになった

 2018年、人工知能(AI)を用いた診断補助システムが開発された。病変の写真をAIに読み込ませると、良性も含めた約17種類の腫瘍が判別できる。開発に携わった藤澤医師は言う。

「皮膚の病変は最初にかかりつけ医に相談することが多く、その段階で見逃されることもあります。将来的には、スマートフォンで撮影して悪性・良性の区別やおおよその診断がつけられるシステムとして、内科などの臨床の場での活用を目指しています」

 皮膚がんの多くは早期なら完治し、再発率も低いという。自分で見づらいところは家族に見てもらってもいいだろう。大事に至る前に早期発見に努めたい。

 なお、ほかのがんの手術に関して、週刊朝日ムック『手術数でわかるいい病院2020』では、全国の病院に対して独自に調査をおこない、病院から回答を得た結果をもとに、手術数の多い病院をランキングにして掲載している。同ムックの手術数ランキングの一部は特設サイトで無料公開。「手術数でわかるいい病院」https://dot.asahi.com/goodhospital/

(ライター・別所 文)

<取材した医師>

神戸大学病院 皮膚科診療科長・教授 錦織千佳子医師
筑波大学医学医療系 皮膚科学准教授 藤澤康弘医師

※週刊朝日  2020年6月12日号