かつて国民病とも言われた脳卒中(脳血管疾患)は、現在でも日本人の死因の第4位で全死亡者数の8%に上る。脳梗塞は脳卒中のうち約7割を占め、後遺症が残って寝たきりや要介護になる可能性も高く、予防が非常に重要だ。週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』では、原因や症状、予防について専門医に取材した。



*  *  *
 脳卒中には、脳の血管が破裂して起きるものと詰まって起きるものの2種類がある。破裂して起きるのが脳出血やくも膜下出血、詰まって起きるのが脳梗塞だ。

 脳の血管が詰まると、詰まった先に血液が供給されず神経細胞が壊死してしまい、からだの麻痺や言葉がしゃべれない、のみ込めないなど、さまざまな後遺症が残ったり、最悪の場合には死に至る。そのため治療では、一刻も早く詰まりを解消し血管に血液を通すことが重要なポイントになる。

 脳梗塞には大きく分けて、ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓という三つの種類がある。

 ラクナ梗塞は、毛細血管のような細い血管が詰まって起きる。高血圧などが原因で細い血管が異常な変化を起こし、詰まって発症する。歌手の故・西城秀樹さんの闘病でも知られている。

■典型的な症状は顔、手・腕、言葉

 また、アテローム血栓性脳梗塞はより太い血管が詰まるもので、動脈硬化が原因となる。動脈硬化によって脳の血管が細くなったり、脳に近い首の血管の壁が厚くなり、そこに血の塊ができたり、塊のかけらが脳に飛ぶなどして血管が詰まる。

 心原性脳塞栓は心臓の中に血の塊ができ、それが脳まで流れていって血管に詰まり、発症する。心房細動などの不整脈や弁膜症など、心臓に何らかの異常がある場合に起きることが多い。心房細動は加齢によって増えるため、高齢化に伴い心原性脳塞栓の患者も増えている。長嶋茂雄さんがかかったのも、このタイプだ。

 実際に脳梗塞が起きた場合、典型的な症状が三つある。まず一つは、顔の動きが左右非対称になってしまうことだ。本人に「イーッ」と言ってもらうと、片側の動きがおかしいことがわかりやすい。二つめは手と腕で、両手を前に上げたとき、片方の腕が上がらないか、保持できずに下がってきてしまう場合。三つめは、ろれつが回っていない、言葉を間違える、全くしゃべれないなど言葉がおかしいこと。普段となにか様子が違うと思ったとき、これらの症状が見られたら脳梗塞の可能性が高い。兵庫医科大学病院脳神経外科の吉村紳一医師は、次のように話す。

「顔と手・腕、言葉の異常は、脳梗塞の判断方法として非常に確実な見方です。一つでも異常なら脳梗塞の可能性が72%あると言われており、一刻も早く病院に行かなければなりません」

 また近年、メディアなどでは脳梗塞のサインとして、FAST(Face:顔、Arm:腕、Speech:言葉、Time:時間)という言葉が使用されることも多い。横浜市立脳卒中・神経脊椎センター脳神経内科部長の城倉健医師は言う。

「時間が非常に重要です。脳梗塞の治療は一分一秒でも早いほうがいいので、症状に気づいたらためらわずに救急車を呼び、専門病院を受診することが大切です」

 かかりつけ医に行くのではなく救急車を呼ぶのは、治療を早く開始するためだけでなく、訓練を受けた救急隊によるスクリーニングを受けることで、適切な治療ができる病院に搬送してもらえるからだ。

 脳梗塞の症状にはこれ以外にも、片方の目が見えない、ものが二重に見えるなど、さまざまな症状が出ることがある。また、一度表れた症状が消えたり、症状そのものが出ない場合もあるので、注意が必要だ。

「症状が出ても、すぐに治る場合があります。これは一過性脳虚血発作(TIA)と言い、一時的に脳の血管が詰まったサインです。この発作が起きた人の10〜15%は、3カ月以内(半数は48時間以内)に大きな発作を起こすことがわかっており、何かおかしな症状が出たら、それが消えてもすぐ病院に行く必要があります」(吉村医師)

 また脳ドックやMRI検査などを受けた際、全く症状がないのに脳梗塞があると言われる場合がある。これは無症候性脳梗塞といい、たまたま詰まった場所が良かったために症状が出ていない、という状態だ。

「無症候性脳梗塞がある場合、脳梗塞を発症するリスクは通常の4倍以上、また、認知症を発症するリスクも2倍以上あると言われています。高血圧や糖尿病など、原因となる基礎疾患の治療が不可欠です」(同)

 脳梗塞を防ぐためには、原因となる動脈硬化や不整脈などを引き起こすリスク要因を減らすことが第一だ。リスク要因には、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの基礎疾患、肥満や運動不足、喫煙、飲酒などが挙げられるが、最も重要なのが血圧のコントロールである。

「血圧が高いと動脈の壁に常にストレスがかかって血管壁が厚くなり、血管壁が厚くなるとさらに血圧が上がります。高血圧と動脈硬化は悪循環を繰り返すのです。動脈硬化を防ぐには、血圧が高いことを放置しないこと。これが絶対的に重要です」(城倉医師)

■50歳以上なら一度は脳検査を

 血圧は130-80を標準とし、少しでも高ければ減塩や減量、運動をするなど生活習慣を見直す。それでも改善が難しければ、薬を服用して低く維持しておくことが望ましい。また無症候性脳梗塞などが不安な場合は、一度脳の検査を受けておくのも一つの方法だ。

「高血圧などリスクがある人はもちろん、特に問題がなくても、50歳以上で脳ドックや脳のMRI検査を受けたことがなければ、一度受けることをお勧めします。脳の血管の異常は検査をしなければ気づかないし、脳梗塞を起こしてからでは遅いですから」(吉村医師)

 まずは起床後すぐ(排尿後)と就寝前の血圧測定を、毎日の習慣にすることから始めたい。

(文・梶葉子)

≪取材協力≫
兵庫医科大学病院 脳神経外科主任教授 脳卒中センター長 吉村紳一医師
横浜市立脳卒中・神経脊椎センター副病院長 脳卒中・神経疾患センター長 脳神経内科部長 城倉 健医師

※週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』より