42歳での電撃結婚。そして伝説の高齢出産から2年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。今回は、新型コロナ感性拡大の影響で撮影が中断していたドラマ「浦安鉄筋家族」がとうとうクランクアップ! 中断中に撮影に使用していた家が取り壊されるという前代未聞の事態をどう乗り越えたのか? 涙涙のクランクアップの理由は? などなどをお届けします。



*  *  *
「浦安鉄筋家族」の撮影が終了した。

 途中、撮影に使用していた家が取り壊されるという前代未聞の事態を乗り越えて、12話までの残りのシーンを全て撮り終えたのである。

 引越し先の家は、かなり間取りが違っていたし、床の模様も違っているものの、家具や小道具類は全て同じであるため、カメラを通すと意外と分からないかも、という意見も出た。

 これは編集で繋がってみないと分からないが、7話では旧家で撮影済みのあるシーンの直後に新居のシーンが出てきて、8話はまた旧家からスタート、とかなり新旧入り混じっているのだが、カメラを通してそれがどの程度の違和感でまとまっているのか、これは見てのお楽しみである。

 明らかに家が違うと感じるカットで、演者の誰かが「あれ?」と言い出して揉める、というアドリブ合戦ももちろん繰り広げられているので、そちらも、もはや楽しみにしていただきたいと思う。

 それにしても撮影の様子は大きく変わった。

 蒸し暑い中、スタッフは全員マスク着用。現場に着いたら、まず検温と手の消毒。我々演者にはフェイスマスクが配られ、本番以外は着用する。

 家の窓は開け放たれて換気を保つ。差し入れは個別包装のもの限定。

 妙に緊張感漂う現場に最初こそ少し戸惑ったものの、我々の心のディスタンスは阻まれることなく、また集まれた喜びを噛み締めた。

 噛み締めたが、噛み締めたのも束の間、ハイカロリーなシーンの連続に初日からボロ雑巾のように疲れた。

 そうだ。この家族には、毎回なにかしらのとんでもない事件が起きて大騒ぎになるのであって、普通のドラマにあるような、ただ、普通に会話を交わす、なんていうシーンはほぼない。

 一日中ハイテンションに驚いたり怒ったりビンタしたりするシーンの連続なのだ。

 改めて思い出した。

 くしくも梅雨真っ只中での撮影。

 毎日雨が降ったり止んだりしていたが、ロケもすごかった。

 雨だから今日は撮影中止……なんてことはできない。

 なぜならみんなのスケジュールがない。

 そして、撮影が延びればそれだけ人件費や機材費やらで予算がかさむ。

 だから雨の中でもロケ強行。雨の設定で演者が傘さして強行。

 シーンの途中で雨が止んだら、「止んだな」というセリフを足して傘を畳んで強行。

「浦安鉄筋家族」という、はちゃめちゃでぶっ飛んだ原作ありきのドラマだからできる無茶を通して、なんとか全てのシーンの撮影を終えたのである。

 クランクアップを迎えた瞬間は、感無量だった。

「小鉄」演じた斎藤汰鷹(たいよう、小5)は佐藤二朗さんのお腹に顔を埋めて号泣。

 女性スタッフ全員もらい泣き。

 アドリブにも対応してくるこの汰鷹、ほんとうに奇跡の子役だった。

 カメラの外では、ちゃんと子供らしくやんちゃで元気で、そこも素晴らしかった。

 それから、アラサーにして高校生を全く違和感なく演じ、この「浦安鉄筋家族」の世界観に違和感なく存在する岸井ゆきのという女優は一体何者なのさ。

 本多力くん色々面白すぎるよ。で、佐藤二朗さん。

 この人と夫婦をやれるなんて。

 その二朗さんがクランクアップの挨拶で感極まって言葉を詰まらせたもんだからもう、みんなまたもらい泣き。

 監督も涙流しながらの挨拶。涙涙でした。

 こんなに涙あふれるクランクアップは初めての経験。

 素晴らしいチームだったな。身体にダメージはきたけども。

 毎朝起きると節々が痛かったし、ふくらはぎつりそうになって夜中に目は覚めたし、原因不明のアザができていたりしたけれども。

 コメディーってのはこの歳になると身体にくるな。

 しかし身を削った分、たくさん面白いシーンを創り上げて、記録に残せたと思う。

 いい大人が集まって全力で汗だくで息切れしながらふざけたと思う。

 こんなに満身創痍で余力を残さないクランクアップは後にも先にもないだろう。

 いやさ、瑠東東一郎監督は「水野さんまた絶対お願いしますね!」とありがたいことに私に身体を張らせる気まんまんだし、某先生からもまたぶっ飛んだ企画書が届いているし、これ以上の満身創痍が待ち受けているのかもしれない……。

 とりあえずスポーツジム、入会しました。

「浦安鉄筋家族」の放送再開は8月21日です!


【書籍『水野美紀の子育て奮闘記 余力ゼロで生きてます。』発売のお知らせ】
『水野美紀の子育て奮闘記 余力ゼロで生きてます。』をご愛読くださり、ありがとうございます。たくさんの皆さまから本連載への反響の声、ご要望をいただきまして書籍化しました! ★Amazonで絶賛発売中!