知らないうちに、あるいは意思に反して便が漏れる、トイレまで間に合わないなどの症状があらわれる「便失禁」。加齢による肛門括約筋(肛門をしめる役割をする)の機能低下が原因のことが多いため、だれにでも発症のリスクがある。治療は食生活の改善や薬物療法などの保存的療法や、外科治療がおこなわれる。

 自治医科大学病院の消化器一般移植外科で排便機能外来をおこなっている味村俊樹医師が、以前勤務していた埼玉県の病院の排便機能センターで経験した男性のケースを中心に、排便機能外来での診察・治療を紹介する。



*  *  *
 さいたま市在住の80代の男性は、10年ほど前に受けた内痔核(ないじかく)の手術後から便が漏れる症状に悩んでいた。便漏れのほかには消化器の異常を疑わせるような症状はまったくなかった。

 家族からは、「なぜ我慢できないか?」「もっと早めにトイレに行けばいいのに」などと言われ、家庭内で孤立していた。じゅうぶん気をつけていても漏れてしまうことを説明してもわかってもらえない。

 改善方法はないものかとインターネットで検索して、県内にある病院の排便機能センターを知り、さらに2014年4月に「仙骨神経刺激療法」という治療法が保険適用になったことを知った。
 
 男性は2014年6月、同院の排便機能センターを受診し、当時センター長であった味村俊樹医師に仙骨神経刺激療法を受けてみたいと相談。診断の結果、内痔核の手術による内肛門括約筋損傷で、知らないあいだに便が漏れてしまう「漏出性便失禁」と判明した。

「便失禁はめずらしい症状ではありません。便失禁に悩む人の推定数は約500万人といわれています。この男性のように家庭内で困って、あるいは長い間一人で悩んだ末に病院を受診する人は多く、また、60歳以上で便が週に数回漏れるような人では、年だから仕方がないと半ばあきらめている人も多くみられます。しかし便失禁は病気であり、治療すればよくなる可能性があることを知っていただきたいです」(味村医師)

 男性は薬物療法からスタートすることになった。ポリカルボフィルカルシウム(便の水分量を調節する薬)と、ロペラミド(便を固形化する薬)を内服し、ある程度は改善したが、3カ月たっても便失禁は十分にはよくならない。

 さらに内肛門括約筋損傷の状態から、骨盤底筋訓練のバイオフィードバック療法も効果があまり見込めないことがわかった。そこで、仙骨神経刺激療法を考慮することになった。

 仙骨神経刺激療法は、直腸や肛門の運動や感覚に関与する仙骨神経を電気的に刺激して、肛門括約筋や直腸の知覚などの機能を回復させる治療法だ。片方のおしりの丸みの少し上の辺りに約40ミリ(高さ)×約50ミリ(幅)×約7ミリ(厚さ)の機器を植え込み、リード線を仙骨神経の近くまで伸ばして仙骨神経に刺激を与える。

 仙骨神経刺激療法は約8割に効果が見込めるという。効果の有無をみるために、1回目の手術でリード線だけを植え込んで、外にある機器から刺激を与え、約2週間、試験装着する。効果があれば2回目の手術をおこなって機器本体を植え込む。効果がみられない場合にはリード線を抜去する。

 男性は1回目の試験手術を受けるつもりでいた。しかしちょうどその頃、テレビで便失禁を解説する番組を見た家族が、男性の便漏れは便失禁という病気の症状であり、けっして男性がだらしないわけではないことを理解した。男性は家族から「一緒に治療していこう」と言われたという。

「この男性は、家族に便失禁が受け入れられたことで、手術を必要とするほど家庭内で困らなくなり、結局、仙骨神経刺激療法は受けませんでした。治療を必要とする便失禁は『社会的・衛生的に問題となる状況で便が漏れる症状』とも表現されますが、家族という小さな社会で病気に対する理解が得られたことで孤立することもなくなり、精神的な余裕もうまれたようです。治療には周囲の理解が大切ですから、このようなケースがあったということは、私たちの便失禁啓発活動の結果とうれしく思っています」(味村医師)

 からだに機器を植え込むことに対して抵抗を感じる患者は多い。しかし保存的療法で改善のみられないケースで試験的な1回目の手術で効果があれば、仙骨神経刺激療法はよい治療法だと味村医師は言う。

「何よりも通常の生活を取り戻せるメリットは計りしれません。重症例に適応ということで、そもそも対象となる患者数は少なく、私の経験では便失禁で受診した人のうち、最終的に仙骨神経刺激療法を受けるのは約2%にとどまります。しかしそれは、仙骨神経刺激療法に至る手前の保存的療法で十分に改善した人が多いということでもあります」

 便失禁は睡眠時に起こることは少ないため、就寝時に電源をオフにすれば、電池は5〜7年もつ。合併症として懸念されるのは植え込んだ部分での感染だが、通常の生活を送るうえでリスクは低いという。また、しばらく刺激して症状がいったん改善されれば、電源を切ったままでも便漏れが起こらなくなるようなケースもあるという。

 一方、女性(経産婦)にみられる便失禁では、分娩時の外肛門括約筋の損傷が原因のことも多い。その場合は、外科治療として肛門括約筋形成術が選択されることもある。仙骨神経刺激療法は内・外肛門括約筋のどちらにも効果が期待できるという。そのほかにも重症例に対するいくつかの治療法がある。

 治療のゴールは患者によって、たとえば外での仕事や活動が多い人と、家にいる時間の長い人では異なる。まずは毎日漏れていたものを週に数回に、外出時にパッドを使うだけで済むようにと、徐々に便漏れの頻度を減らすことを目指し、自分が納得できる程度に近づけていくことが肝心だ。

「便失禁自体が100%改善されなくても、前述の男性のように、便失禁に対する患者さん本人や周囲の理解が深まれば、ある程度快適に生活を送れます」(同)

 便失禁は一人で悩むより、まずかかりつけ医に相談するのがいいだろう。2017年に「便失禁診療ガイドライン」が策定されたことで、薬物療法などの初期診療ができるかかりつけ医も増えているという。

 それでも十分に改善しなければ、排便機能外来を紹介してもらうといい。排便機能外来は全国で10施設程度とまだ少ないが、専門的な診断・治療によって自信に満ちた生活を取り戻す可能性は高い。(文・別所文)