ものをのみ込む働きが低下し、唾液や食べ物が気管に落ちてしまう「誤嚥」が引き起こす、誤嚥性肺炎。口や鼻の中の細菌が一緒に肺に入り、炎症を起こすことで発症する。特に高齢者は歯周病の罹患率が高く、原因菌が繁殖しやすい口内環境になっていることが多い。週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』では、誤嚥性肺炎を防ぐために必要な口腔内のケアについて、専門医に取材した。



*  *  *
 誤嚥性肺炎を起こすのは、口やのど、鼻の中に入り込んだりすみついたりしている細菌だ。口やのどの細菌が多いほど誤嚥する細菌の数も増え、肺炎を発症するリスクは高くなる。

 原因菌の多くを占める肺炎球菌は日本人高齢者の約3〜5%の鼻やのどに常在しているとされ、歯周病のために口の中に嫌気性菌が増えている高齢者も多い。さらに札幌西円山病院・歯科診療部長の藤本篤士歯科医師は、こう話す。

「加齢や病気でのみ込む力が弱ってくると、本来人間に備わっている口腔の自浄システムも十分働かなくなってしまうのです」

 健康な成人は1日1・5リットルの唾液を分泌し、約600回も頻回にのみ込みを繰り返すことで口の中の細菌を唾液とともに少しずつ強酸性環境の胃に送り、殺菌している。また細菌は歯や口腔粘膜の表面に付着し、自らねばついた多糖類を作り出して「バイオフィルム」という細菌のかたまりを形成する。がっちりと付着したバイオフィルムはうがいするだけでは落とすことはできないが、硬さのあるものを食べたり話をしたりしていれば、食べ物や歯、舌、粘膜が擦れ合うブラッシング効果で、ある程度剥がし取ることができている。

「ところが加齢や病気で唾液の量が減少したり、のみ込む力が弱くなったりすると、口の中に細菌がたまりやすくなります。さらに歯が悪いからと軟らかいものばかり食べ、独居であまり話もしない生活を続けていれば、ブラッシング効果も得られません。自浄システムで細菌を減らすことができないぶん、しっかり口腔ケアをする必要があります」(藤本歯科医師)

■ブラッシングで細菌を掻き取る

 口腔ケアは、ブラシで汚れや細菌を掻き取ることが基本だ。歯を磨けばいいと考えがちだが、藤本歯科医師は「粘膜の清掃が大事」と強調する。

「口の中に占める歯の表面積の割合は、28歯そろっていても約25%。残りの約75%は粘膜です。歯だけでなく粘膜を掃除して細菌を減らすことで、のみ込みが悪い人が唾液の誤嚥をしても、細菌が感染するリスクを下げることができます」

 歯がある人は歯ブラシで歯や歯肉との境目を磨いたあと、粘膜用の柔らかいブラシやスポンジに水を含ませて頬の内側、上あご、舌などを擦り(イラスト参照)、うがいをして洗い流す。

 藤本歯科医師は毎食後に加え、起床後のケアも勧めている。

「眠っている間はのみ込む頻度も低くなり、抗菌作用がある唾液が減少するので、口の中の細菌数は約30倍に増殖するとされています。朝一番にケアをしてから朝食をとれば、食べ物と一緒に多量の細菌をのみ込まずに済みます」

 義歯も正しい方法で清掃することが大事だ。洗浄液に浸けるだけでは十分に細菌数を減らせない。口から外したらまず義歯ブラシで全体を清掃してから、洗浄液に浸ける。洗浄液から出した後に再度ブラッシングをするといい。

 口腔ケアの肺炎予防効果は高く、全国11カ所の特別養護老人ホームの入所者を対象にした2年間におよぶ調査では、従来通りの口腔清掃をしたグループの肺炎発症率は19%だったが、口腔ケアをしっかりおこなったグループは11%に低下した。さらに肺炎による死亡率も従来通りのグループは16%だったが、口腔ケアグループでは半分以下の7%に抑えられた。

「誤嚥性肺炎の発症や再発を防ぐには、食事で栄養状態を維持すること、誤嚥をしないようにのみ込みの訓練をすること、口腔ケアで細菌数を減らすことが大事です。脳梗塞などで意識障害がある人は、胃に直接栄養を送る胃ろうを造設して口から十分な栄養をとれていなかったり、からだを動かす嚥下機能訓練ができない場合もありますが、口腔ケアなら介護者の手でおこなうことが可能です」(藤本歯科医師)

 口の中をきれいに清掃して唾液の分泌を促すと唾液をのみ込むようになるため、のみ込みの訓練にもなるという。

「40歳を過ぎるとのみ込む力は低下していきます。誤嚥性肺炎を発症してからではなく、早い時期から粘膜清掃も含めた口腔ケアを習慣にするといいでしょう。粘膜経由で感染するインフルエンザの予防策としても有効です」(同)

■ワクチン接種でリスクを減らす

 誤嚥性肺炎のリスクを減らすには、原因となる肺炎球菌やインフルエンザのワクチンの接種も効果的だ。東京都健康長寿医療センター・呼吸器内科部長の山本寛医師はこう話す。

「高齢者に23価肺炎球菌ワクチンを接種することで、肺炎球菌性肺炎の発症は63・8%も減少し、死亡はなかったという報告があります。また、肺炎球菌ワクチンとインフルエンザワクチンを両方接種すると、肺炎による入院を63%、死亡を81%も減らすことができるとされています。65歳以上の人は肺炎球菌ワクチンが定期接種扱いになっているので、ぜひ受けてください」

 さらに山本医師は、

「服用している薬が誤嚥性肺炎のリスクを高める場合もあります」

 と指摘する。問題になる薬の一つが、高齢者が常用しがちな睡眠薬だ。とくに筋弛緩作用のある睡眠薬を飲んでいると嚥下にかかわる筋肉の緊張が保てず、睡眠中の誤嚥を起こしやすい。

 また、前立腺肥大症の薬やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の吸入薬、アレルギー疾患に使われる抗ヒスタミン薬などは、抗コリン作用で唾液の分泌が減少して、口腔内細菌の増殖に拍車をかけてしまうこともある。

「高齢者は、多種類の薬を服用していることが多い。誤嚥性肺炎を起こしたことのある人は、主治医に相談し、薬を見直してみることも大事です」(山本医師)

(文・熊谷わこ)

≪取材協力≫
札幌西円山病院 歯科診療部長 藤本篤士歯科医師
東京都健康長寿医療センター 呼吸器内科部長 山本 寛医師

※週刊朝日ムック『新「名医」の最新治療2020』より