自粛生活やテレワークでデジタル機器を使う時間が急増。それとともに、「オンライン疲れ」を訴える人が増えている。オンライン中心の生活では視覚情報が中心となり、偏った脳の使い方で脳の一部が疲弊、使われない機能はさびつき、衰えてしまう。AERA 2020年9月7日号は「テレワークの弊害」を特集。解消法をレクチャーする。



*  *  *
 午後5時30分、テレワーク終了。都内の機械メーカーに勤務する女性(49)は自宅のパソコンのスイッチを切った瞬間、ぐったりとソファに倒れこむ。

「とにかく、疲れています」

 新型コロナウイルスが拡大した3月から、女性の会社では在宅勤務が始まった。仕事は一般事務。最初の数週間は最高だった。何しろ毎朝早く起きる必要はないし、通勤時の満員電車の苦しみもない。ビデオ会議がなければメイクもせず部屋着のまま、自分のペースで仕事ができた。

 でも、1カ月もすると、どうしようもない疲労感が襲ってきた。考えられる原因は、拘束時間の午前9時から午後5時30分までトイレや食事に立つとき以外、ずっとパソコンの前に座っていること。頭が休まる暇が全くないのだ。

 在宅で仕事を怠けていると思われたくないので、メールの着信があれば、即返事、ビデオ会議のTeams(チームズ)の呼び出しがあれば、即受信。会社だと、その場でひと言聞けば解決するようなことでもメールの確認が必要になり、膨大なメールを処理するように。Teamsでの会議はイヤホンを使っているが、耳に声がこもったり、相手の声がよく聞こえなかったりしてそれがストレスにもなる。

 かくして、今では定時になりパソコンを切ると、何もする気力が起きずソファに倒れこんでいるのだという。

「もともと肩こりや腰痛持ちでしたが、それが悪化したのはもちろん、全身に疲労感があります」(女性)

 コロナ禍で外出自粛が叫ばれる中、オンライン会議やオンライン授業、オンライン飲み会などオンラインを活用した仕事や交流が積極的に行われるようになった。場所を選ばずどこでもできるというメリットがあるが、一方で、先の女性のように「オンライン疲れ」を訴える人が増えている。

 都内の会社員の女性(39)も、オンライン疲れで体調を崩した。

「朝から晩までオンライン会議が4、5件あり、そのせいか食欲不振、吐き気を覚えるようになってしまいました。電話が鳴っているような空耳もあり、心療内科に通い、抗不安剤を服用しています」

 NTTコム オンラインがツイッターの投稿内容を分析したところ、2月1日〜5月14日に「オンライン疲れ」という単語を含んだ投稿は約80万件あったという。

「オンライン疲れの背景には、デジタル機器の使用による“脳過労”があると考えられます」

 そう話すのは、脳神経外科医で「おくむらメモリークリニック」(岐阜県岐南町)理事長の奥村歩(あゆみ)医師だ。

 脳過労とは脳の処理能力が落ちた状態を指し、「大事な会議を忘れてしまった」「よく顔を合わせる同僚の名前が出てこなかった」……といった“もの忘れ”の症状を訴える人が多い。

 ロート製薬が5月に10〜50代の男女562人を対象に実施した調査では、在宅勤務が毎日という人は26%、週に3日以上という人は21%。また、デジタル機器との接触時間は、在宅勤務を取り入れている人ほど長い傾向にある。「コロナ禍において、1日あたりのデジタル機器との接触時間に変化はありましたか」という質問には、毎日在宅勤務という人は62%以上が「のびた」と回答、1日あたり5時間以上増えたという人も22%にのぼった。

 なぜ、デジタル機器の利用が脳過労につながるのか。

 奥村医師によると、脳の司令塔的存在である前頭前野(ぜんとうぜんや)で情報処理をする場合、次の三つの役割に分担されているという。

(1)浅く考える部分…記憶を一時的に保管する「脳のメモ帳」。ワーキングメモリという
(2)深く考える部分…前頭前野の熟考機能で司令本部的な働きをする
(3)ぼんやりと考える部分…デフォルトモードネットワークという。ぼーっとしているときに働く

 脳過労というと、脳全体を酷使しているイメージがあるかもしれないが、実はデジタル機器による脳過労は(1)だけが酷使されて疲弊し、(2)と(3)が使われずにさびついていく状態なのだという。

 パソコンやスマホはある意味、脳に楽をさせてくれる。固有名詞が思い出せなくても検索すればいいし、覚えるべきことも写真を撮って後から見ればいい。地図が読めなくてもGPSがあれば目的地にたどり着ける。つまり、情報を覚えたり思い出したり、深く考えたりという「脳が本来やるべき仕事」をする機会が奪われているのだ。

 さらに、オンライン中心の生活は、メールなどの文字情報の確認、ネットでの調べもの、オンライン会議など「視覚過多」の状態。もともと人間は情報の8割以上を視覚から得るといわれているが、オンラインではその傾向がさらに強くなり、視覚以外の五感が使われない傾向がある。

「私たちの脳は視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感を通じて情報を『インプット』し、前頭葉と呼ばれる場所で情報を取捨選択して『整理』を行い、言葉や行動として『アウトプット』しています。視覚からのインプットばかりが多くなって脳の整理が追い付かず、脳がゴミ屋敷のようになっていくのです」(奥村医師)

 この「情報メタボ」ともいうべき生活を長く続けていると、物忘れや記憶力の低下、思考力や集中力、コミュニケーション力低下などの症状が表れ、うつ病につながることもあるという。また、脳過労を訴える患者のほぼ全員が、寝つきが悪い、眠りが浅いなどの睡眠トラブルを抱えていると指摘する。

「睡眠時、脳内では、疲労物質を代謝したり、脳細胞を修復したりといったメンテナンス作業が行われていますが、最近の研究では、認知症の原因物質となるアミロイドβを除去する作業が、寝ている間に進められていることもわかっています。睡眠トラブルは脳の衰えと将来の認知症リスクに直結します」(同)

 夜間のスマホやパソコンの利用が、睡眠を防げているという。

 脳の疲労はいつの間にか蓄積し、放っておくと深刻な状態に発展することも多いという。起きている間はずっとデジタル機器を使っているという人は注意が必要だ。解消するには、スマホやパソコンなどから一定期間離れる「デジタルデトックス」が有効だが、実行できない人も多い。奥村医師は言う。

「そこで重要となるのが、デフォルトモードネットワークを活性化させることです」

 これは前出の(3)ぼんやりと考える部分のこと。デフォルトモードネットワークは聞き慣れない言葉だが、21世紀の脳科学の最大の発見の一つだという。

 従来の脳科学では、脳は、何もしないでぼんやりしている時は活動していないと考えられてきた。しかし実は「ぼーっと」している最中、脳は決して活動をやめているわけではなく、内側前頭前野や後部帯状回など、脳内の複数の離れた領域が、同期・協調して働いてネットワークでつながり、活性化していることがわかった。デフォルトモードネットワークを稼働させることで、ひらめきやアイデアが浮かびやすくなり、(2)の熟考機能がフォローされ、記憶力が鍛えられたり、脳の老化が抑えられたりという効果もあるという。

 奥村医師はデフォルトモードネットワークを「我に返る脳機能」と呼ぶが、この時、脳は活動時の15倍ものエネルギーを消費し、それまで蓄積された情報を整理整頓して頭をリフレッシュしてくれるという。ただし、このネットワークは、視覚を遮断した時にしか活性化しない。デジタル画面を眺めていてはフリーズして働かないのだ。そこで奥村医師はこうアドバイスする。

「1日5分でいいので、ぼんやりする時間を作ってほしい。その5分間は、目をつぶる必要はなく、対象物を追いかけず、ぼーっとするだけで大丈夫。パソコンやスマホから完全に離れてメールや電話などの邪魔が入らない環境で、窓の外に目を向け、自然を眺められればさらに効果的です」

(編集部・野村昌二)

※AERA 2020年9月7日号より抜粋