カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く本連載。です。夫が不倫相手と「妻との思い出の店」に行ったことが発覚してショックを受けた妻。カウンセリングを受けた夫婦の言動から浮かび上がる「心理」とは?



*  *  *
 不倫が発覚したご夫婦のケースをお聞きしていると、不倫されたこと自体がショックで傷つくことであるのはもちろんなのですが、そのエピソードのなかに、

・一緒に行った「思い心の店」に不倫相手と行った。
・一緒に行こうと話をしていたリゾートに不倫相手と行った。
・自分たちが一緒にドライブに行った車に不倫相手を乗せた。

 というのが、とげのように引っ掛かっていることが少なくありません。

「私はそんな高級な店に連れて行ってもらったことがない」という話もたまにありますが、それよりも「思い出の店」のエピソードの方が圧倒的に多いのです。値段よりも、思い出、つまり二人で一緒に行った「二人の店」という意味の方が重いのです。

 そもそも、何故どこの店に行ったかがわかるかというと、多くの場合は、不倫相手とどこでどうしたのかを詳細に聞きたくなって、問い詰める方が多いからです。

 不倫された繭子さん(仮名、団体職員、40代)も「真実」を知りたいという気持ちに突き動かされて、夫の勝也さん(仮名、エンジニア、40代)に、二人に何があったのかを洗いざらい話すことを求めました。最初は口をつぐんでいてた夫の勝也さんも、いつになっても収まらない繭子さんの激しい気持ちの動転と強い懇願、そして連日連夜続く追及から、言って繭子さんが楽になるなら……と出来事を小出しに語りだしました。

 しかし、事実を言えば、それで納得してもらえるわけもなく、一つ言えばそれを足掛かりにさらに厳しく問いただされ、新たに知った事実で繭子さんはまた傷つき、さらに問い詰めるという形で、状況が悪化し、泥沼にはまってしまいました。

 この話のジレンマは、事実を言わなければ、繭子さんは勝也さんと不倫相手の間には、繭子さんが知り得ない秘密がある(=勝也さんにとって、繭子さんよりも大切な関係がある)ということになり、事実を言えば、勝也さんが繭子さんとの思い出のなかに不倫相手を連れ込んだ(=繭子さんとの関係よりも不倫相手を選んだ)ということになります。どちらにしても、繭子さんからみて、勝也さんは繭子さんよりも不倫相手を大事にした、という「意味」に解釈され、繭子さんが傷つくことです。

 ここで、勝也さんがどんなに「そんなことはない」と力説しても、繭子さんが「そうだったのか、私のほうが大事だったんだ」となることはまずありません。

 なかでも特に大きな問題になってしまったのは、勝也さんは、繭子さんにプロポーズした店に不倫相手と行っていたことを知ってしまったことでした。それ以後、繭子さんは、勝也さんと不倫相手がその店で楽しそうにしている夢を見たり、フラッシュバック(といっても、実際には経験していないことですから想像ですが)が起こったりして、仕事に行くのも困難になってしまいました。

相手に「理解」してもらえば解決する?

「こうすれば、このスパイラルから簡単に抜けられるたった一つの方法」というようなうまい方法は私には思い当たりませんが、うまくいかないやり方や考え方はあります。その筆頭は、繭子さんに「理解」してもらえば問題が解決するという考えです。

 勝也さんは、「繭子さんを一番愛している」と繭子さんが納得してくれないと、繭子さんは離婚へと気持ちが動いてしまうのではないか、と思っています。そうなると、自分の愛情を繭子さんに「理解」してもらうために一生懸命説明し、場合によっては若干ウソをついてでも、うまいことを言いたくなります。小さいウソを言ってあとでバレて泥沼にはまる人は、無意識にここをすごく頑張ってしまう人です。

 しかし、その努力はあまりうまくいっていません。私の理解では、それよりも、不倫相手とどこに行ったか、何をしたかを聞きたくなる繭子さんの心理こそが重要なポイントです。

 繭子さんとお話しした感じでは、繭子さんは「自分が勝也さんにとって一番の存在である」という大前提が崩れてしまったショックと傷つきはもちろんあるのですが、同時に心のどこかには、自分が勝也さんにとって今も一番の存在であることを確かめたい(=それが信じられれば勝也さんと今後もやっていける(=勝也さんと今後も一緒にやっていきたい))、という気持ちがあるように思えました。

 別の言い方をすれば、自分と不倫相手との間にある決定的な違いを見つけたくて勝也さんを問い詰めるのですが、聞けば聞くほど違いがないことがはっきりし、隠されても傷つき、結果的に自分より不倫相手のほうが大事なんではないかという疑念から抜けられなくなって傷つき続けてしまっているわけです。

 私が想像した繭子さんの気持ちをお二人の前で話してみました。繭子さんは、少し間をおいてこうおっしゃいました。

「そうかもしれません……私、私を裏切った人だけど、勝也と生きていきたいのだと思います」

 勝也さんはとてもびっくりされたようですが、先行きに光が見えたのか顔が明るくなり、

「私も、繭子と一緒にやっていきたいので、その言葉はすごくうれしいです。やってしまった過ちをどうやって償ったらいいか今はまだわかりませんけど、一生かけてでも償い続けて一緒にやっていきたいと思います。」

 とおっしゃいました。

 私は繭子さんに「こういうこと言われるから、本当の気持ちを言いたくないのですよね」と確認すると、繭子さんはちょっと笑いながら、こうおっしゃいました。

「あ、そうなんですね。今気づきました」

 勝也さんは、繭子さんの勝也さんの言動に一喜一憂しているだけです。一番失いたくない人だからこそ、その言動に一喜一憂するのは理解できるところではありますが、勝也さんの言動に意識が集中すると「だったら、最初から不倫なんかするな」という正論の話になり、話が行き詰まってしまいます。

 そもそも繭子さんが勝也さんと一緒にやっていきたい気持ちは、傷ついた気持ちの渦中では意識しにくいかもしれませんが最初からあるはずです。なければカウンセリングにもおいでにならないはずですし、徹夜で問い詰めたりしないはずです。

夫婦だから「つらいことは半分に」は本当?

 しかし、一緒にやっていきたい気持ちがある、ということに焦点が当たってしまうと、「だったら、過去のことは忘れて(水に流して)、前に進むしかないじゃないか」という、これまた一見、正論の考えの圧力が繭子さんの中で高まってしまいます。

 忘れたり、水に流すことができるなら、繭子さんはこんなに苦しまないはずなので、それは現実にはできないことなのです。忘れることはできない、一方、勝也さんをあきらめることもできない、それこそが繭子さんが一番苦しいポイントなのです。

 苦しんでいる繭子さんにしてあげたいことは何でしょうか?

「少しでも、気持ちが和らぐようにしてあげたい」

 と勝也さんは言いました。

「お店」自体が絶対的に重要なのではなくて、「デートで行った」という二人にとっての意味づけが大事なように、繭子さんの苦しみに対して具体的に何をするか以前に、そのことがどういう意味づけに受け取られるかがのほうが大事です。

 勝也さんが言った「少しでも、気持ちが和らぐようにしてあげたい」というのは、一見いい話ですが、繭子さんの気持ちを楽にして、自分も楽になりたいという気持ちが透けて見える気がします。そこまで悪く捉えなくても、少なくとも勝也さんの気持ちをコントロールしたいように見えます。

「つらいことは半分に、楽しいことうれしいことは2倍に」という結婚式の定番のスピーチがありますが、私はちょっと違う気がします。楽しいことを共有するのは比較的容易ですし、共有に失敗してもそれほどのダメージがありません。より共有しにくいものを共有する関係が特別な関係です。つまり、共有しにくいつらいことも共有して2倍にするのが、自分が相手にとって特別な存在であるという証だと思うのです。

 もちろん、つらい時間を共有するというのは、繭子さん勝也さん夫婦が陥ってしまったように傷つけ合うことではありません。繭子さんのつらい気持ちの構図を理解し、どうしようもない気持ちと状況に一緒に浸ってみることです。

 一緒に浸るというのは、説明が難しいのですが、3ステップの例で説明してみます。

 例えば、コロナ禍で夫婦で外出禁止になったことを想像してみてください。「つらいね」と言い合うのは比較的容易だと思います。第2段階は、自分は外出禁止ではないけど、相手は外出禁止という状況で、同じような気持ちで「つらいね」という感じです。第3段階は、相手だけが自分のせいで(例えば、自分の不注意で相手がコロナに感染してしまった)で、第1段階と同じような気持ちで、「つらいね」ということです。

 多くの人は第3段階は抵抗があって言えないか、「つらいね」と口では言うものの、第1段階とは違う意識で言います。

 それほどに、つらさを共有するのは難しいのですが、それをしてくれる関係だからこそ、自分が特別な存在なのだという意味が形成されるのだと思います。(文=西澤寿樹)

※事例は実例をもとに再構成しています。