人気急上昇の将棋界で、対局と同様にファンを魅了している「棋士の解説」。その頭脳を駆使し、ユーモア溢れる軽快な話術で将棋の魅力を伝えてくれる。AERA 2020年9月14日号では、将棋中継を盛り上げる「注目の将棋解説者たち」をレポートした。


*  *  *
 藤井聡太二冠の活躍でかつて無いほどの注目を集める将棋界。藤井棋聖が木村一基王位を破って最年少二冠となった8月19〜20日の王位戦第4局はAbemaTVで生中継され、初日は延べ290万人、2日目は550万人が視聴した。タイトル戦以外でも、Abemaの視聴者数ランキングで将棋番組は連日上位に食い込む。

 将棋中継では対局の映像とともに、大型の将棋盤を使ったプロ棋士の解説が大きな比率を占める。元々は熱心な将棋ファンにもわかりづらいプロの指し手の狙いを読み解くためのものだった将棋解説が今、初心者でも気軽に楽しめるエンターテインメントとして見直されている。

■ダジャレで自虐で爆笑

 エンタメ系解説者の代表格が、「将棋界のダジャレ王」の異名を取る豊川孝弘七段だ。8月20日の王位戦では、ツイッターで豊川七段考案の「同飛車大学」という言葉がトレンドになった。相手が直前に指したのと同じマスに自分の飛車を動かす「同飛車」と同志社大学をかけたダジャレだ。将棋ライターの松本博文さんは言う。

「豊川七段は解説に立つと流れるようにギャグを繰り出します。ほかにも『両取りヘップバーン』『難解ホークス』など傑作も多い。切り取るとくだらないダジャレですが、豊川七段の間合いで聞くと笑ってしまう。将棋に詳しくなくても見る価値ありです」

 王位戦第4局で20分ほど出演した際も、数十秒に1度のハイペースでギャグを繰り出して貫禄を見せつけた。

 解説者として「名人」の呼び声が高いのが、王位戦で藤井二冠に敗れた木村九段だ。難解な局面を瞬時に読み解いて将棋マニアをうならせる一方、「おじさん」を自称し、軽妙で自虐的な語りも見せる。自身への挑戦者を決める王位リーグの羽生善治対藤井戦の解説では「みんな負けて(挑戦者が)来なければ平和に暮らせるんですよ。『みんな負けて』という気持ちです」と本音をぶちまけ、聞き役の女流棋士を爆笑させた。

「人の良さと“おじさん感”がにじみ出ている中、時に聞き役をズバッと切ったりいじり倒したり。絶妙です」(松本さん)

 ネットで付いたあだ名は「将棋の強いおじさん」。「千駄ケ谷の受け師」「百折不撓(ひゃくせつふとう)の棋士」と評される指し姿からは想像もつかない語りが楽しめる。

 きわどいやり取りで評判なのが福崎文吾九段だ。「東の木村、西の福崎」と称される解説界の横綱。立会人を務めた6月の名人戦で中継に出演した際は、封じ手の紙を「メルカリで売ろうかな、と」と爆笑をさらった。

「関西人らしくしゃべりが抜群にうまいうえに、きわどいブラックジョークを真顔で次々に投下する。名人芸です」(同)

■持ち味はパワーワード

「名人」たちを脅かす若手の筆頭が藤森哲也五段。「技をかけにいきましたね」「どこで脱ぐかが勝負」「パワープレス」「またひねっちゃうの?」などそれだけ聞くと将棋とは思えない実況調が話題だ。競馬、麻雀、野球用語、果てはドラゴンクエストに出てくる呪文まで用いた解説で視聴者を喜ばせる。

「彼が解説するのは自分より格上の棋士の対局が多い。対局者をリスペクトしつつ持ち味を出してパワーワードを盛り込んでくる。頭の回転が速い、新時代の解説名人候補です」(同)

 当然ながら対局は一手一手が真剣勝負。解説の棋士たちも普段は勝負師だ。本気の対決を真摯に読み取る解説のなかに織り交ぜられる軽妙なやり取りには、棋士同士の敬意と真剣勝負を気楽に楽しんでほしいというファンへの心遣いがあふれている。(編集部・川口穣)

※AERA 2020年9月14日号