在宅勤務者の9割超が悩まされている肩こり。一度解消してもまたぶり返す厄介者だ。だが、最新の知見を生かせば根治は夢ではない。カギは「ファシア」と新しい働き方にある。AERA 2020年9月21日号は「さらば肩こり」を特集。



*  *  *
 肩がだるい、重い。もんでも回しても楽にならない。パソコンに向かうのが憂鬱だ──。一般社団法人姿勢サイエンス協会のアンケートでは、コロナ禍の中、9割超のテレワーカーが肩こりなどに悩んでいるという。

 思い当たる節はある。ダイニングテーブルでの慣れない作業。会議や取材もオンラインになり、パソコンやスマホに向かう時間が増えた。通勤で歩く時間が減り、間食が増えてコロナ太り。考えてみれば、全ては肩こりにつながる生活スタイルに陥っていたのではないか。

 そもそもデスクワーカーに肩こりの悩みは付き物だ。肩が「凝る」と最初に表現したのは文豪・夏目漱石。明治43年に発表した小説『門』で「石のように凝っていた」とした。そんな国民病ともいわれる肩こりだが、医学的な病名ではないという。

■経済損失は年間3兆円

「肩こりは疾患ではないため、病院で『治療する』ものではありません。しかし、体の不調を伴うのは事実。医学的に適切な指導を受け、生活習慣を見直すことが必要です」

 こう話す東京医科大学准教授の遠藤健司さん(57)は「肩こりをあなどってはいけません」と警鐘を鳴らす。

 肩こりは放置すると脳に作用し、めまいや頭痛、不眠、全身の不調、自律神経障害、抑うつの原因になるという。東京大学と日本臓器製薬が2019年に実施した調査によると、「首周りの不調・肩こり」による労働生産性の低下を金額に換算した結果、経済損失は年間約3兆円に上るとの試算も出ている。

 肩こりはマッサージなどで一時的に治まっても根本治療には至らない。今回アエラは、肩こりを根治し、二度と悩まされないための方策にたどり着いた。それにはまず肩こりのメカニズムを知る必要がある。

 人の頭の重さは体重の約10%。体重60キロの人だと約6キロで、スイカ一つよりやや重い。さらに、前かがみの姿勢になると頸部(首)への負荷は一気に増す。例えば、30度の前かがみ姿勢になると約3倍、18キロの負担が首にのしかかる。このため、パソコンのモニターを長時間見るといったデスクワークでは首や肩周りの筋肉に大きな負担がかかってしまうのだ。

■「ファシア」がカギ握る

 実は近年の研究で、肩こりのより詳細なメカニズムが明らかになってきたという。

「最新の知見で、肩こりの原因として今まで関心を集めてこなかった組織が重要な役割を果たしていることがわかりました」

 遠藤さんがそう話す組織が、筋肉を包みクッションの役割をする「ファシア(筋膜)」だ。

 ファシアはコラーゲンを多く含み、立体的な網目構造をしている。骨や神経、血管、臓器の間などにあるが、ここでは皮膚や皮下脂肪と筋肉の間にあるファシアに注目していこう。ミカンでいえば、皮が皮膚や皮下脂肪、実が筋肉で、その間にある白い部分がファシアと思えばよい、と遠藤さんは解説する。

「ファシアが硬くなると、皮が実にくっついてむきづらくなる、つまり体を動かしづらくなる。これが肩こりです」

 本来ファシアは、皮下脂肪と筋肉の間が滑らかにすべるようにする役割がある。だがファシアが硬くなり、筋肉と皮下組織のすべりが悪くなってしまうと違和感を覚えたり、ほかの筋肉が引っ張られたりしてしまう。筋肉自体の状態とは別に、これが肩こりの大きな原因なのだ。

 それでは早速、あなたのファシアがどんな状態かを確認してみよう。セルフチェックをしてみてほしい。腕が60度未満しか上がらなかった人はファシアのすべりが悪くなっているので、「肩甲骨はがし」ですべりをよくしよう。つらいからと強くもんだり叩いたりするのは禁物だ。

「ファシアが傷つくと、硬化してしこりになる場合があります。そうなると、肩こりが治りづらくなります」(遠藤さん)

 ファシアの動きが悪くなるのは、同じ姿勢を長時間続けることでファシアと筋肉が癒着してしまうことが主な原因だ。たとえ良い姿勢でも、長時間動かないでいると癒着が起きる。これを防ぐには、30分に1回を目安として、筋肉が固まらないうちにまめに動く習慣が不可欠だと遠藤さんは言う。

「そのためには人目を気にせず、姿勢や座る位置を頻繁に変えたり、運動したりできる在宅勤務のほうが融通の利く環境といえます」

 遠藤さんの話を元に、テレワークで整えたい環境や気を付けるべき点をまとめた。特集では、自分でできるマッサージやエクササイズを紹介しているので、特に在宅ワークの人は人目を気にせず、30分ごとに自分に合ったエクササイズなどを採り入れてほしい。

■脱猫背の基本姿勢意識

 もちろん、筋肉そのものを無視するわけにはいかない。人類の進化の過程をもとに、肩こりを防ぐ「良い姿勢」を教えてくれるのは、早稲田大学スポーツ科学学術院教授で整形外科医の金岡恒治さん(58)だ。

 人類は二足歩行への進化の過程で肩甲骨が後ろに反り返った。だが加齢とともに筋肉が衰えたり、スマホ操作などで前かがみの姿勢を取り続けたりすることで、肩甲骨が前にせり出した前傾姿勢、いわゆる猫背の状態になってしまう。その結果、上部僧帽筋(じょうぶそうぼうきん)、肩甲挙筋(けんこうきょきん)、脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)といった首、肩周りや腰の筋肉に負担がかかり、肩こりや腰痛を発症してしまうのだという。

 これを防ぐため、金岡さんが勧めるのが「あごを引く」「左右の肩甲骨を寄せる」「腹を引き込む」の三つがそろった姿勢だ。この姿勢を取ることで、肩甲骨の内側で左右の肩甲骨を引き寄せる菱形筋(りょうけいきん)や体幹の腹横筋がうまく機能し、周りの筋肉の負担を減らせるという。もちろん、ずっとこの姿勢を保ち続ける必要はなく、生活の中で意識して取るべき基本姿勢と捉えればいい。(編集部・渡辺豪)

※AERA 2020年9月21日号より抜粋