「繊細さん」をご存じだろうか。5人に1人が当てはまると言われ、細かいことが気になりすぎるゆえに生きづらさを感じる人も多いが、近年では感覚の鋭さを「強み」に変える生き方も模索されている。「繊細さん」が幸せをつかむ方法とは何か。当事者や専門家に取材した。



「繊細さん」は、1990年代後半にアメリカの心理学者エレイン・アーロン博士が提唱したHSP(Highly Sensitive Person)という概念が基になっている。

 HSPとは、些細なことを敏感に感じ取る特性を持った人のこと。周囲の人のちょっとしたしぐさや表情、場の雰囲気などから「相手の気分を害したのではないか」などと過度に気に病んでしまう、大きな音や光などの刺激に弱く、ストレスを受けやすい、などといった特徴がある。ADHD(注意欠陥・多動性障害)などのように障害とはみなされず、あくまで気質の一つとされる。

『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる「繊細さん」の本』(飛鳥新社)の著者でHSP専門カウンセラーの武田友紀さんはHSPを「繊細さん」と呼ぶことを提唱している。

「HSPは日本では『敏感すぎる人』などと訳されますが、ただ繊細であることを、『〜すぎる』と表現するのは不適切だと思い、親しみを込めて『繊細さん』と呼んでいます」

 武田さんはHSPの当事者でもある。自覚したのは、多忙による休職がきっかけだった。

「メーカーで技術者として開発を担当していたのですが、忙しすぎて休職者が続出するような職場で、私も体調を崩し休職しました。当初は自分が悪いのだと自責の念に駆られたのですが、休職中に自分はHSPだと知り、生き方を変えることができました」(武田さん)

 同じ環境で仕事をしていても、さまざまな要因からストレスを受けやすい「繊細さん」とそうでない人とでは、感じる疲労感がまったく異なる。そう理解した武田さんは退職を決意し、カウンセラーの道へ進んだ。視点を変えれば、「繊細さん」は他者への共感性が高く、些細なことにも気がつく能力が高いとも言える。武田さんにとって、カウンセラーは適職だった。

 自力で対処するだけでなく、専門家に相談するのも一つの手だ。HSPの相談を受ける心理カウンセラーの内田裕司さんは、カウンセリングのプロセスをこう説明する。

「HSPの人は自己肯定感が低い場合が多く、『自分が悪いから変わらなければならない』と思い込み、行き詰まってしまう傾向がある。まずはHSPであることの自己理解を進め、自分は本来どうしたいかに目を向けることで、自分に合った環境を選べるようになっていきます。次に、自分の特性を人に伝え、周囲とうまく共生していくすべを身につけていきます」

 周囲に突然「私はHSPだ」と宣言すると余計に追い詰められる恐れもある。そこで内田さんは「人見知りなところがあります」「ちょっと気にしすぎるところがあって」などと気質を表すサインを送ることを勧める。

「HSPは5人に1人いるわけですから、理解者はいるはずです。職場に一人でも理解者がいると安心でき、緊張度は低下します。ただ、向こうから見つけてはくれないので、自分からサインを送りつつ、安心できる人の協力のもとで環境を整えていくことが重要です」(内田さん)

 当事者同士が協力する動きも広がっている。「HSPカフェメリッサ」を主宰する秋池葉子さんは、横浜市などの公共施設でHSP当事者を集め、定期的にお茶会を開いている。秋池さんもHSPだ。

「HSPの概念が認知されてきたのは、ここ3年くらいのこと。自分がそうなのかを確認したい人を含め、当事者同士が安心して会話や相談ができる機会としてお茶会に足を運ぶ人が増えています」

 これまでの参加者は800人ほどで、コロナ下でもオンラインで継続されている。2013年の活動開始時は1回3人ほどだった参加者が、20人以上に増えた時期もあった。8割が女性だが、男性も増えてきている。

「悩みを打ち明け共有することで自分とは違った視点で見ることができるようになり、その人なりの改善策を得るヒントにつながります」(秋池さん)

 では、「繊細さん」に周囲はどう接したらよいのか。繊細な人が悩んでいるように見えても、「落ち込んでもしょうがないだろ」などと言って飲みに連れ出すのは逆効果になる可能性があると、前出の内田さんは指摘する。

「HSPの傾向がある人は、悩んでいるときは一人になるのが一番落ち着くという場合が多い。飲みに行けば自分より人の気持ちを優先してしまうからです。『元気が出たか』と聞かれれば、気を使って『はい』と答えてしまうでしょう」

 まず、よく話を聞くことが基本だという。

「『どうせわかってもらえない』と精神的にブロックしている場合が多いので、周囲の人はまずは話を聞いてあげること。批判されないとわかれば、徐々に要望や考えを言えるようになるので、それに沿って、本人のためにできることをしてあげればよいのです」(内田さん)

 内田さんがHSPの子どもをうまく育てている母親に話を聞くと、子どもの得意な部分を生かし、苦手なことは一緒にどうするかを考えている人が多かった。得意なことで自信がつくと緊張度が下がり、社会に溶け込みやすくなるのだ。

「繊細さん」の理解者が増えてくれば、よりよい相乗効果が生まれてくるかもしれない。(本誌・岩下明日香)

※週刊朝日  2020年9月25日号