42歳での電撃結婚。そして伝説の高齢出産から2年。母として、女優として、ますますパワーアップした水野美紀さんの連載「子育て女優の繁忙記『続・余力ゼロで生きてます』」。今回はいよいよ幕が上がった舞台。これまでとは違う日常だけれど「見方を変えれば」……。



*  *  *
 舞台「ベイジルタウンの女神」@世田谷パブリックシアターの幕が上がった。

 劇作家ケラリーノ・サンドロヴィッチさんと妻の緒川たまきさんとのユニット「ケムリ研究室」の旗揚げ公演だ。

 緒川さんはじめ、仲村トオルさん、犬山イヌコさん、温水洋一さんに山内圭哉さんなどのケラさん作品常連の方々から、初タッグの高田聖子さん、菅原さん植本さん、「スカーレット」で一緒だった松下洸平くん、はじめましての吉岡里帆ちゃんなどなどのメンバーで演じる、架空の街の童話のような素敵なものがたり。

 稽古が始まった頃はまだ、コロナ禍、第二波の真っ只中。いくつもの演劇の公演が中止になっている状況で、先行きが見えなかった。

 そこから不安の中で稽古を重ねて、無事に公演にこぎつけることができたのだ。

 とはいえこれまでの公演とはかなり様変わりした。

 客席の総数に対して半分以下のお客様。楽屋への差し入れも、花もなし。

 いつもは初日ともなれば、楽屋にはたくさんの関係者が行き交って、賑やかに挨拶が飛び交いロビーにもお花が並んで、ある種、お祭り的な高揚感に劇場全体が包まれるものだが、今回ばかりは粛々と、淡々と、静かに準備を進めて舞台へ。

 寂しい気もするが、見方を変えれば、落ち着いて準備ができて、いつも通りの平常心で初日に臨めるということだ。

 ありがたいことじゃないか。

 袖でスタンバイしていても、お客さんの気配を感じない。

 芝居が始まると度々、くすりくすりと控えめに笑う、マスク越しの息遣いがわずかに舞台上まで届いて、「あ、お客さんが観てくれているのだな」と認識する程度。

 これも見方を変えれば、必要以上に緊張せずに、しっかり芝居に集中できるということだ。

 無事に公演が終了し、カーテンコールで初めて明かりのついた客席に向き合う。

 マスク越しの表情は窺い知れないけれど、暖かい拍手が鳴り止まず、場内アナウンスを中断してトリプルカーテンコールとなった時には、じーんと胸が熱くなってこみ上げるものがあった。カーテンコールでこんな気持ちになったのは初めてだった。

 終演後の楽屋挨拶も中止なので、舞台から降りたら楽屋に戻って淡々とカツラを取り、衣装を脱ぎメイクを落とし、キャスト・スタッフと挨拶を交わして家路につく。

 これも寂しいのだが見方を変えれば、「退館時間ですよー!!」と急かされたりせずに落ち着いて帰り支度をし、さっさと帰って翌日の公演に備えてゆっくり心も身体も休めれば良いのだから。

 帰宅するともう10時半。ちびはとっくに夢の中だ。

 丸2カ月ほど毎日べったり一緒にいたのに、この1カ月半ほどは保育園への送り迎えからなにから、すっかり夫にまかせきりで寝顔を眺めるだけの日も多い。

 コロナ余波でズレ込んだ仕事が舞台に重なり、空前の忙しさになってしまった。

 しかし、見方を変えれば、家事をすっかり休んでいるということになる。

 10時半に帰宅して、足音をしのばせて風呂場に直行。

 風呂上りに、静まりかえった薄暗いリビングでハイボールをプシュッとやって、一缶すすりながらメールをチェックしたり台本をめくる。

 リビングにはその直前までの夫の格闘の形跡が散らばっているが(おもちゃやバスタオル、ティッシュやオムツ、歯ブラシや食器、服や絵本などなど)、心の中で「おつかれさま」とつぶやいて私は目を背ける。

 片付けは明日起きてからだ。そう決め込んでハイボールを味わう。

 小一時間ほど、心をゆるめる時間がなければこっちがやられてしまう。

 しかし、これは見方を変えれば、家事を放棄して飲んだくれる主婦。

 その瞬間だけ切り取ればそう見られても仕方がない姿だろう。

 気にしない!

 そして、12時前には就寝。

 5時にはふくらはぎがこむら返りを起こし激痛に目覚める。

 これは見方を変えれば、アラームなしでちびや夫を起こすことなく私だけが静かに、しかも電流が流れたかのごとく瞬間的に、確実にぱっちりと起きることができて大変に機能的なことだ。

 あと一息。そしたら、もうちょっとのんびりしたスケジュールになる。

 仕事の時間が減る。

 ということは、見方を変えれば、家仕事が忙しくなるということだ。

 ちびを連れてどこへ行こうか。

 行きたいところリストが溜まっている。

 母ちゃん、がんばるよ!

■水野美紀(みずのみき)
俳優。ドラマ・映画・舞台で活躍中。<出演情報>テレビ東京系ドラマ「浦安鉄筋家族」が4月10日、フジテレビ系バラエティ「突然ですが占ってもいいですか?」が4月15日スタート。レギュラー番組 讀賣テレビ「水野美紀の映画生活(シネマライフ)」毎週金曜22:54〜<関西ローカル> http://www.ytv.co.jp/cinemalife/

【書籍『水野美紀の子育て奮闘記 余力ゼロで生きてます。』好評発売中】