新型コロナウイルスの影響もあり、先行きが見通せない昨今。だからこそ、わが子には少しでもいい環境で教育を受けさせたいと考える親は少なくないだろう。では、どのように子どもの進学先を選べばいいのだろうか。現在発売中の『AERA English特別号 英語に強くなる小学校選び2021』(朝日新聞出版)では、「全米最優秀女子高生」の母であるボーク重子さんに、学校を選ぶ際に何を重視すべきか、話を聞いた。

*  *  *
 大学の学費が非常に高い米国は、奨学金制度も多い。なかでも権威ある奨学金コンクールが「The Distinguished Young Women of America(全米最優秀女子高生)」。2017年に最優秀賞に選ばれたのは、ボーク重子さんの娘スカイさんだった。現在はコロンビア大学に進学し、英国オックスフォード大学にも留学。まさにエリート中のエリートだが、「私は娘に『勉強しなさい』と言ったことは一度もありません」とボークさんは言う。

「通っていた小学校も『子どもは子どもらしく』という信念で、教科書も宿題もなかったんです。私が『九九も言えなくて大丈夫?』とハラハラして先生に相談すると、『人より早く九九が言えることがそんなに大事?』と逆に質問されました」

 その学校とは、政財界のトップの子どもたちが多く在籍するワシントンのボーヴォワール校。卒業生の多くが、アイビーリーグなどの名門大学に進学する超エリート校だ。

「米国では、学力を伸ばすとともに『非認知能力』を伸ばすことを教育の主軸に置いています。私自身も、娘の非認知能力をのびやかに育ててくれる学校を選びました」

 非認知能力とは、社会性や表現力、感情コントロール力、失敗からの回復力、高い自己肯定感など、数値化できない能力を言う。テストの点数やIQではかる「認知能力」以上に、将来的な収入や社会的立場に影響することがわかってきている。

■私の学校選択の基準は 校長・多様性・女子校

「私自身、日本の偏差値教育の中でコンプレックスを抱えて成長しました。だから娘には絶対にそんな思いはさせたくありませんでした」

 入学させる小学校の最大の条件は非認知能力を育ててくれること。さらに三つの観点で学校を選択した。

「一つ目は、校長先生が語る教育の基本方針です。直接話を聞けば人柄もわかります。私立校は、校長先生がいい意味でも悪い意味でもキーパーソンになりますから」

 二つ目は在校生や保護者の姿だ。

「娘はアジア系なのでダイバーシティーは重要。ほかの保護者の価値観も知っておきたくて、受験前に何人かと会わせていただきました。人種も経済的なバックグラウンドもさまざま。それでも皆で子どもたちを応援しようという空気がありました」

 ボークさんは10年後の娘の姿をイメージするために、系列の高校も見学した。そのうえで「わが子の性格に合っているか」という三つ目の観点で学校を選択したという。

「娘は当時シャイな性格。中高生になったら男子に圧倒されて実力が発揮できないかもしれない。系列中高は女子校で、女子たちが主体的にのびのびと活動していました。『娘の学校はここだ』と確信しました」

 また、学校見学のときには児童のアート作品を必ず見たと言う。

「子ども時代はクリエイティブの翼を羽ばたかせる大切なとき。自分の気持ちに正直に学べているかは、アート作品の自由さでわかります。みんなが似たような小ぎれいな作品を作っている学校は注意が必要かも」

■パッションが向かう先に 子どもの夢や成長がある

 このような学校選びの観点は、日本でも参考になりそうだ。加えて「日本の場合、ディスカッション能力とパッション(情熱)を育てているかをチェックして」と強調する。

「私が約20年前に米国に来て痛感したのは、自分のディスカッション能力の低さです。日本人は反対意見を言われると、傷ついたり感情的になったりしがち。相手の意見のよさを見つけてすり合わせ、新しい答えを導き出していく討論の力は、訓練しなくては身につきません」

 もう一つ重視すべき「パッション」とはどういう意味なのだろう。

「子どもには必ず、夢中になって取り組みたいもの、情熱を注ぎ込みたい何かがあります。人は好きだから夢中で努力し、努力するから上手になり、自信や将来の仕事につながるのです。子どものパッションが向かう先を知るために、学校や家庭で多くの体験をさせてほしいのです」

 そしてボークさんは、小学校時代からの質の高い英語教育が絶対に必要だと強調する。

「自動翻訳機が発達し、『英語を学ぶ必要なんてないのでは?』という人もいますが、AIが翻訳できるのは『用件』だけです。私たちが話すとき、届けたいのは『思い』です。人間と人間が国境を超えてつながる時代だからこそ、直接話すことで伝わるものがあるのだと思います」

 最後にボークさんは読者にこんなメッセージを贈ってくれた。

「長く海外で暮らすと、日本人の優秀さ、誠実さ、勤勉さがいかに貴重なものかがよくわかります。必要なのは英語力と表現力だけ。あとは自信をもって、楽しく子育てしてください!」

ボーク重子(ぼーく・しげこ)
ICF会員ライフコーチ、福島県生まれ。1998年渡米、出産。一人娘スカイさんは2017年「全米最優秀女子高生」コンクールで優勝、多くのメディアに取り上げられた。現在は日米での講演会に加え、「ボーク重子の非認知能力を育む子育てコーチング」を主宰。著書に『「パッション」の見つけ方「人生100年ずっと幸せ」の最強ルール』(小学館)など。
(『AERA English特別号 英語に強くなる小学校選び2021』より)

(文/神素子)