わが子に英語を身につけさせようと、英語教室に通わせたり、英語教材を与えたりする親も多いだろう。しかし、英語か日本語かにかかわらず、言葉を使ったコミュニケーションで重要なのが、「言語技術」なのだという。「話す」「聞く」「読む」「書く」に加え、「思考」を効果的に育むのが、言語技術の教育だ。コミュニケーションの土台をつくるこの教育を取り入れる小学校が増えている。現在発売中の『AERA English特別号「英語に強くなる小学校選び2021」』では、言語技術の専門家に話を聞いた。

*  *  *
「理解しやすく考えを提示する力や論理的な話し方、分析的な文章力は生まれながらの才能ではなく、反復練習によって誰でも身につけられます」

 こう話すのは、つくば言語技術教育研究所で所長を務める三森ゆりかさんだ。

「言語技術」は英語では「Language arts」と呼ばれ、言葉を使ったあらゆるコミュニケーションの骨格を成すと考えられている。欧米では広く学校教育に取り入れられており、中高生のころにドイツで言語技術の教育を受けた三森さんは、日本の学校や企業で指導を行う。

 言語技術では、「書く」「話す」に加え、「討論・議論」「論理的思考」といった16の力を養う。

「『言語技術』では数学の数式を覚えるようにスキルを積み上げ、“型”を増やして思考や表現の幅を広げます。ドイツでは、結論から述べる構造や接続詞の使い方などを含め、物語文、報告文、議事録、小論文といったあらゆる文章の書き方を学びました」(三森さん)

 一般的な「国語」の授業と違い、対話や説明などの発信と多読に力点が置かれている。言語技術の考え方は、文部科学省の学習指導要領で強調されている「思考力」「判断力」「表現力」の育成にも重なることから、多くの学校から注目されている。

 言語技術は、国際社会で欠かせないスキルでもある。

「主張があいまい、あるいは結論までの話が冗長で周囲を戸惑わせるなど、英語が流暢でも国際社会で苦戦する日本人は少なくありません。それは、国際社会で常識である母語による思考、判断、表現の“型”がないからです」(同)

■「察しの悪い大人」が思考や表現の力を育む

 思考や表現の定型を身につける言語技術は、親子でも習得可能だ。「察しの悪い大人になりましょう」と三森さん。「いつ(When)」「どこで(Where)」「誰が(Who)」「何を(What)」「なぜ(Why)」「どのように(How)」という具体性を示す5W1Hの深掘りが考える力をつくっていく。

「絵本の読み聞かせでも、『この子が遊んでいるのはどこ?』『なぜ悲しいと感じていると思ったの?』とあえて質問しましょう。5W1Hの追求が脳を活性化します」

 こうした問いかけをすると、子どもは「滑り台があるから公園だと思う」「悲しそうな顔をしているから」と、絵から“証拠”を探す。証拠探しは議論や論理的思考に不可欠な理由や論拠を意識する習慣を養う。また、事実に基づく推察や解釈は、分析的で客観的なクリティカルシンキングの力を育む。

■「問答ゲーム」で言語技術の軸をつくる

 言語技術の軸をつくる第一歩として、三森さんは「問答ゲーム」を使う。最初に「はい」「いいえ」では答えられない質問で結論を導き、理由や説明を尋ね、その答えに質問を重ねる対話型の遊びだ。

「例えば、質問に対し『好き』という結論を初めに答え、相手に見通しを与えたあとに理由、そして最後に主張をまとめる。この流れは小論文などに応用できます」

 三森さんが問答ゲームで特に注意を払うのは、答える際に「僕」や「私」といった主語をつけること。原則として主語が入る英語での発信を見据えているからだ。

 家庭でできる言語技術の学びはほかにもある。三つの単語から文章を生み出す「一文づくり」や絵を詳しく説明する「描写レッスン」、物語を二度聞き、自分の言葉であらためて構成する「再話」。いずれも察しの悪い大人の存在が、子どもの思考力や表現力を伸ばす。

 英語の「聞く」「話す」といった技能は、「いずれ人工知能を含む最新技術が補ってくれる可能性がある」と三森さん。だが、思考そのものは機械には任せられない。

「母語の日本語による論理的で分析的な考え方、それが世界で活躍するための絶対条件です」

三森ゆりか(さんもり・ゆりか)
つくば言語技術教育研究所所長。高校卒業までをドイツで過ごし、「言語技術」の教育にふれる。現在は、森村学園の初等部と中等部、慶應義塾横浜初等部などで指導。日本オリンピック委員会や日本サッカー協会での指導など、アスリートの言語発信にも関わる。

(文/菅野浩二)

※『AERA English特別号 英語に強くなる小学校選び2021』より