今年、一気に広がったオンライン授業。3月から2カ月半の休校中に、小中高大の各学校だけでなく塾でも唐突にスタートした。あれから半年。親と教師の悪戦苦闘は続き、疲労の度合いは増している。AERA 2020年9月28日号では、オンライン授業に苦戦する教師らを取材した。



*  *  *
「1週間確保できたはずの夏休みが、オンライン授業の準備のために、実質仕事になりました」

 東京都で教員をしている女性(30)は、ため息をついた。勤務先の公立小学校では、休校中から、タブレットの使用法やオンライン学習支援サービス「eライブラリ」について研修が行われている。eライブラリは双方向性で、ドリルなど課題を出したり進捗を確認したりできるほか、児童がメールで質問もできる。この夏休み、試みとして、eライブラリで宿題を出した。

 すると、「子どもからメールが来ている。個別に進捗確認と連絡をするように」と、お盆中に管理職から指示があった。

 休み前から、コロナ禍での勤務状況は過酷だった。休憩なしで1日7時間の授業をこなし、放課後は消毒作業を行い、仕事を終えるのは午後9時過ぎ。睡眠時間は不足がちで、体力的にもうギリギリだ。

「次に休校したら、Zoomによるオンライン授業をすぐにやると言われています。これ以上、仕事が増えるのは地獄です」

 8月、SNSで「#先生死ぬかも」がトレンド入りし、教員らが窮状を投稿した。AERAがアンケートを行ったところ、「感染予防対策に時間をとられる」「学習の遅れを取り戻すため授業時間が増えた」などに加え、「オンライン授業の準備が大変」という声が特に目立った。

 神奈川県の私立小学校に勤務する女性(45)は、5月の連休明けから約1カ月間、週に2、3回、1本10分程度の授業動画をオンラインで配信していた。

「45分の授業の要点を10分にまとめ、パワーポイントでスライドを作り、解説を録音する。校長がチェックして修正があれば撮り直します。学校に撮影に行くこともあり、動画1本作るのに丸1日かかっていました」

 女性はオンライン授業にならぬよう、「祈るばかり」だという。

■倦怠感が抜けない

 都内の公立高校で政治経済を教える男性(60)は、1週間に1回1テーマ、20分の音声による「授業」を配信している。原稿をまとめ、夜の教室でリハーサルを行い、スマホで録音する。パソコンでチャイムの音も加えるという力作だ。1本の授業を作るのに、最低3日はかかる。

 負担増は自覚している。

「倦怠(けんたい)感が抜けず、血圧も高止まりです。週末の休みは月に1日あるかないか」

 生徒からは好評で、コロナ禍が収まっても続けるつもりだ。

 通常授業が再開され、オンライン授業の機会は減りつつある。だが、いつまた必要に迫られるかわからない。備えておきたい意識が、教育関係者にはある。

 教育研究家の妹尾昌俊さん(41)も、双方向性で遠隔で行うことができるオンライン授業のメリットを、「不登校も含めた多様な子どもの教育機会を保障できる」と認めたうえで、運用面での課題を指摘する。

「ただでさえ教員が業務過多に陥りがちな現状で、普段の業務に加えてオンライン授業を完璧に行おうとしたり、自分たちで教材まで作ろうとすることは、現実的ではありません」

 ならば、どうすればよいのだろうか。

「一部の自治体が行っているように、編集は行わず、通常の教室で行われる授業をシンプルにライブ配信する。教員の負担を増やさない形であれば、実現できるのではと思います」

 理想の追求ではなく、持続可能なオンライン授業が求められている。(編集部・小長光哲郎)

※AERA 2020年9月28日号より抜粋