野鳥の鳴き声を聞いていると、「何を話しているんだろう?」と思うことがある。でも、ほとんどの人は「鳥が言葉を話すわけないよね」と思い直して、それっきり忘れてしまう。しかし、京都大学白眉センター特定助教の鈴木俊貴さんは、そんな常識にとらわれなかった。大学生のときから15年間、シジュウカラの鳴き声に耳を傾け続け、「シジュウカラ語」の驚きの秘密を明らかにしたのだ。小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」10月号の記事を紹介する。

*  *  *
 鳥の鳴き声には、「さえずり」と「地鳴き」の2種類がある。さえずりは、繁殖の時期にオスが求愛や縄張りを主張するために出す鳴き声で、ウグイスの「ホーホケキョ」が典型的な例だ。地鳴きはさえずり以外の声で、オスもメスも一年中出している。鈴木俊貴さんの研究対象は地鳴きのほうだ。大学で鳥の声の研究を始め、耳を傾けるうちに、シジュウカラは地鳴きするときにいろいろな声を出し、状況に応じて使い分けていることに気づいた。

 シジュウカラは3月ごろに木の空洞に巣を作り、卵を産むとオスとメスでひなを育てる。そのとき、天敵のアオダイショウ(ヘビ)を見つけると、「ジャージャー」という鳴き声を出して仲間に警告するとわかった。カラスやネコを見つけてもそんな声では鳴かない。「ジャージャー」と鳴くのは、ヘビを見つけたときだけなのだ。

「ジャージャー」はシジュウカラ語で、「ヘビ」を意味する単語なのではないか─そう考えた鈴木さんは、実験して確かめることにした。近づいてきたシジュウカラに録音しておいたいろいろな鳴き声を聞かせ、ヘビに見立てた小枝を動かして、どんな反応をするかを調べてみたのだ。すると、「ジャージャー」以外の鳴き声を聞かせたときは、シジュウカラは小枝に近づかなかった。また、「ジャージャー」という音を聞かせても、小枝の動きがヘビに似ていない場合は、近づかない。ところが、「ジャージャー」という音を聞かせて、小枝をヘビのように動かしたときだけは、小枝に近づき、しばらくしてから飛び立った。

 鈴木さんは、シジュウカラのこの行動は、「ジャージャー」という警告の声からヘビの姿をイメージし、周りにヘビがいないかと、動く小枝をヘビと疑い、確認しようと近づいたのだと結論づけた。やはり、「ジャージャー」はシジュウカラ語の「ヘビ」だったのだ。

●「ピーツピ」「ヂヂヂヂ」なら反応 「ヂヂヂヂ」「ピーツピ」だと無反応

 シジュウカラ語にはほかに「警戒しろ」を意味する「ピーツピ」や、「集まれ」を意味する「ヂヂヂヂ」という単語もあることがわかった。「ピーツピ」を聞かせるとシジュウカラは周囲を警戒して首を振る。「ヂヂヂヂ」を聞かせると、音源のスピーカーに近づいてくるのだ。

 鈴木さんは、シジュウカラが二つの単語を組み立てて文をつくっていると考えた。文をつくるルール(文法)もありそうだ。そこで、実験をして確かめてみたところ、「ピーツピ」「ヂヂヂヂ」の順で聞かせると、警戒しながら近づいてくるのに、順番を変えて「ヂヂヂヂ」「ピーツピ」とすると、ほとんど反応を示さなかった。こうして、シジュウカラは語順まで聞き取って言葉を理解していることが確かめられた。シジュウカラ語には文法もあったのだ。

●シジュウカラは20以上の単語を持ち200種類近くの文をつくる!

 シジュウカラの近縁種(近い仲間)にコガラという鳥がいる。鈴木さんは、「コガラ語」も研究した。シジュウカラの「集まれ」は「ヂヂヂヂ」だが、コガラでは「ディーディー」だ。この声をシジュウカラに聞かせるとどうなるだろう? 鈴木さんは実験して、シジュウカラはコガラ語の「ディーディー」の意味も理解していることを確かめた。

 さらに、ヒガラという近縁種が、シジュウカラ語の「ジャージャー」を聞くと、同じようにヘビをイメージすることも鈴木さんは実験で明らかにした。シジュウカラの仲間は、自分の種に特有な言語を持つだけでなく、ほかの種の言語も理解する“バイリンガル”といえるかもしれない。

「これまでの研究で、シジュウカラは20以上の単語を持ち、それらを組み合わせて200種類近くの文(メッセージ)をつくり、仲間と話していることがわかった」と語る鈴木さん。人間以外の動物が単語や文法からなる言語を持つことを明らかにしたのは、鈴木さんが世界で初めてだ。鈴木さんによると、「じっくり観察などすれば鳥の言葉を理解できるようになる」そうだ。キミたちも野鳥の鳴き声に耳を傾け、観察してみよう!

(サイエンスライター・上浪春海)

※月刊ジュニアエラ 2020年10月号より