草食系男子と言われる言葉は、今ではあまり聞かれなくなったが、最近の若い男子の恋愛観はいまだ複雑なようだ。たとえ高学歴でイケメンという誰もがうらやむスペックがあっても、あえて特定の彼女は作らない。だが、マッチングアプリで手当たり次第に「会える女の子」を探して、その日ごとに彼女の代わりにする。そんな“恋愛”が有名大学の男子には増えているという。その真意を取材すると、ただのチャラい大学生とは違う、女性に対してのピュアな一面が見えてきた。



*  *  *
「その場限りで関係が終わる方が、気が楽なんです。もし彼女を作るなら、2年間くらい付き合う覚悟がないとダメだと思う。だったら、彼女はいなくてもいいかなって」

 千葉県在住の大学生・石沢翔さん(仮名・21歳)は、ここ数年、あえて特定の彼女を作らない生活を送ってきた。石沢さんは千葉県内の有名私立高校を卒業後、慶応義塾大学へ進学した“エリート”だ。テニスサークルに所属し、幹部としてサークルを仕切ったことあり、コミュニケーション能力も申し分ない。今は家庭教師のアルバイトで月に5万円の収入を得ながら、就職活動の準備をしているという。

 爽やかな好青年でイケメンの部類に入る石沢さんがあえて彼女をつくらない理由は何なのか。

「彼女って、とくかくお金と時間がかかるじゃないですか。今のバイト代では彼女を満足させられる気がしないんです。それなら彼女を作らない選択をした方が合理的だなと思ったんです。僕の大学の友達でも同じような考えの奴は多いですよ」

 もちろん、女性経験がないわけではない。中学、高校時代にそれぞれ1人の女性と2年間ずつ交際した。高校時代の彼女とは、石沢さんが大学に進学して1人暮らしをしたことにより疲れてしまい、彼女に対して気をまわしてあげることが難しくなったのがきっかけで別れることになったという。

 別れ際は、2か月くらいかけて会う日数を減らす、LINEのレスポンスを遅くするなどの“匂わせ”をしてから別れたそうだ。

「僕の性格上、彼女から『別れたくない』と言われたらきっと断れないので、こちらから別れるだろうなっていう空気を先に作りました」

 女性との交際を面倒だと感じるようになったのは、客の男女をマッチングする「相席居酒屋」でのアルバイト経験も関係しているようだ。

「8か月間ほど働いていましたが、女性がガツガツとご飯を食べる姿を見たり、女性同士がゲスな会話を聞いたりすることは日常茶飯事。仕事そのものは楽しかったですが、この経験がきっかけで、より一層、女性にお金と時間を使うのが惜しくなりました」

 とはいえ、年頃の大学生。女性に興味がないわけではない。そこで石沢さんは、マッチングアプリを3つ利用して、暇な時や女性に会いたいと思った時に会える環境をつくることにした。いわば彼女の“代替機能”としてマッチングアプリで女性を見つけることにしたのだという。

 石沢さんによると、マッチングアプリで知り合った女性とは「その日だけ」と決めているそうだ。目的は、食事をしたり身体の関係を持ったりとさまざま。メッセージのやりとりは面倒なので、最初から続けるつもりはない。デート費用は割り勘または少し多めに出すことが多く、全額おごることはほとんどない。中年おじさんとは違い、そこは慶応生ゆえ、女性もかなり好意的なようだ。

 とはいえ、マッチングアプリで女性とやりとりするにはそれなりの費用がかかる。頻繁に利用するとなると、月5万円のバイト代では心もとない気もするのだが……。

「マッチングアプリって提携しているサイトに登録すると20日間無料で利用できるようになるんです。これを繰り返しています」

 石沢さんの友人たちも、この裏ワザを使ってマッチングアプリを利用しているそうだ。無料で利用できて、しかも出会える。効率性を重視する石沢さんやその友人たちにとっては“その日限りの彼女”をつくるには最適なツールなのだ。

 だが、マッチングアプリが若い男性にも利用され始めるようになると、“ライバル”も多くなってきた。若い会員が多くなりすぎて、出会える確率が下がってきたという。

「マッチングアプリもパパ活化してきているようで、純粋な出会いが難しくなってきました。そうなると、高級料理やお手当などを餌にしないと出会えなくなる。これでは、意味がないんです。新しいステージに踏み出す必要があるなと感じ始めました」

 パパ活目的の女性たちに“荒らされた”マッチングアプリから、どのようなステージに移るのか。石沢さんが選んだのは、なんと「パパ活アプリ」だったというのだから驚きだ。パパ活アプリはマッチングに比べて運営に払う費用も高額になる。あえてパパ活アプリに活路を見いだした理由は何だったのか。

「パパ活アプリは月額1万円ほどします。大学生には超痛い出費です。でも、“どうしても出会いたい!”という日の成功率はかなり高いことが分かったんです。なぜなら、パパ活アプリはまだ圧倒的におじさんが多い。そこで僕はあえて“お手当”の提示はせずに、食事代とホテル代の負担だけで勝負する。あとは、コミュニケーション能力でどうにでもなりますから」

 どの市場ならば、「21歳・慶大生」という自分のスペックが最も高く売れるかを計算しながら行動しているのは、いかにも高学歴の学生という印象を受ける。だが、その日限りで見知らぬ女性とやりとりをしながら、刹那的な関係性を続けるのは、かえって疲れないのだろうかという疑問もわく。また、アプリで出会った女性から、もし「彼女になりたい」などと求められたらどうするのだろうか。

「もともと関係が続く前提でやり取りをしていないので、彼女にしてくれとか面倒なことを言う女性はいないですよ。こちらもその日だけの関係を望んでいるので、発展させないような雰囲気を出してますし」

 最後に、石沢さんにこの恋愛スタイルをいつまで続けるのか聞いた。

「本命の彼女を作りたくなったらですね。あとは社会人になったらいろいろと余裕が出てくるのと思うので、その時に考えようと思います」

 彼女ができたら、アプリでの出会いは一切やめる考えのようだ。そこからは、本命の彼女に対する高い理想と責任感のようなものも感じる。一方で、アプリで出会った女性たちの扱い方は、あまりにも軽い。

 SNSの発達によって“ちょっと遊びたい”くらいの気持ちなら、特定の恋人を作らなくても、相手をしてくれる異性はすぐに見つかる時代になった。これが高学歴大学生の新しい恋愛スタイルなのだろうか。だが、そこには、面倒で、複雑で、お金も時間もかかる異性との関係の先にある「情愛」はない。それこそが、恋愛だけでしか味わえない醍醐味だったような気もするが……今はそういう時代でもないのかもしれない。(取材・文=吉田みく)