AI(人工知能)の進歩により、翻訳精度が向上している自動翻訳。ドラえもんの「ほんやくコンニャク」のように使える日は来るのだろうか。現在発売中の『AERA English 2020 Autumn&Winter』では、日本の自動翻訳技術の第一人者に、自動翻訳の最新事情について取材した。



*  *  *
 音声や文章を入力するだけでAIが翻訳してくれる自動翻訳。それらを搭載した翻訳機やアプリを使ったことはあるだろうか。本誌のアンケートでは、約7割が使ったことがあると回答。一昔前は誤訳や不自然な訳文になることが多く、「いま一つ」のイメージが強かった自動翻訳だが、近年は翻訳精度が大きく向上している。

 なぜ自動翻訳はここまで進歩したのか。自動翻訳技術の第一人者で情報通信研究機構(NICT)フェローの隅田英一郎さんによると、一昔前は「和文は主語+目的語+動詞」「英文は主語+動詞+目的語」といった構文(ルール)に沿って訳した単語を並べ替える"ルールベース"の機械翻訳だったが、それだと直訳に近く、意味のわからない訳文になりがちだったという。一方、現在主流の「ニューラル機械翻訳」は、機械が人間の脳の働きを模した深層学習を活用。原文と翻訳文のデータを機械にどんどん教え込み、ためこんだデータから学習モデルに沿って適切な訳文を作り出すという。

「文章をバラバラにするのではなく丸ごと覚えこませ、さらに日本語特有の言い回しや微妙なニュアンスを踏まえた翻訳例文もデータベースに加えることで、違和感のない訳文を作れるようになってきています」

■ますます進化し 精度は上がり続ける

 ニューラル機械翻訳はデータの量が多く、良いアルゴリズムがあれば、性能は上がり続けると、隅田さんは言う。「データは増える一方ですし、アルゴリズムも2〜3年で新しいものが出てきています。進歩が止まる兆しはなく、今後さらに性能は上がっていくでしょう」

 さらに会話を翻訳する場合は、話し声を正確に認識することも重要だ。隅田さんは、「機械の音声認識はかなり正確になってきている」という。

「聞き取った外国語を文字化するのは、ネイティブの人間より機械のほうが速くて正確なこともあるほど。音声出力の技術も、最近はかなり自然に聞こえるようになっています」

■すでに日常生活では十分に使えるレベル

 現段階で、自動翻訳はどの程度役に立つのだろうか。隅田さんは「タクシーで行き先を告げる、コンビニで買い物をする、病院を受診するといった生活一般は、自動翻訳で十分賄えるレベルになっています」と話す。訪日する人の国籍が多様化している昨今、観光関連や自治体の窓口、救急搬送の現場などさまざまな場所に多言語の自動翻訳が導入されているという。

 自動翻訳の精度が高まっていることは事実だが、「100%の正解が出せるわけではない」と隅田さんは言う。たとえば、自動翻訳は前後の文脈を考慮することはできないので、文にない単語を補足して訳文を作ることなどはできない。

「自動翻訳の正解率は9割くらいです。大量のデータとプログラムの組み合わせという点では、天気予報と同じ。天気予報も外れることはあっても、生活に必須ですよね。自動翻訳もその限界を理解した上で利用すべきです」

 NICTが開発した音声翻訳アプリ「VoiceTra」では、翻訳した結果を元の言語に「逆翻訳」して表示する機能があり、翻訳文に誤りがないか確認できる。こうした機能を活用すれば、カンボジアのクメール語やミャンマー語のような馴染みのない言語へ翻訳するときも、安心して使えるという。

「世の中の情報量は確実に増えていますから、自動翻訳を上手に使いこなすことも重要になるでしょう」と隅田さんは言う。では、今後自動翻訳がさらなる進歩を遂げれば、英語を学ぶ必要はなくなるのだろうか。

■自分で英語を話すか 自動翻訳を活用するか

 隅田さんはこう話す。

「結局は『何のために英語を使えるようになりたいのか』という目的次第なのではないでしょうか。英語で直接コミュニケーションを取りたい、英語で仕事をしたいという人は、しっかり英語を勉強する必要があるでしょうし、そうでない人は自動翻訳を積極的に活用して、時間や手間を別のスキルの習得に回すという発想があってもいい。ただ、翻訳結果の正誤を判断できるくらいの英語力はあったほうがいいかもしれません。機械が訳した文を発話してみるなど、英語の上達のために機械を利用するというのも一つの方法でしょう」

隅田英一郎(すみた・えいいちろう)
国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)フェロー。大手IT企業や民間の研究開発機関を経て現職。長年、自動翻訳・音声翻訳の研究開発に携わる。

(文/熊谷わこ)

※『AERA English (アエラ・イングリッシュ) 2020 Autumn & Winter』より