Hey! Say! JUMPのメンバーのひとりで、俳優やモデルとしても活躍する中島裕翔さん。昨年NHKで放送された「まるごとSTAR WARS」ではナビゲーターを務め、英語でのインタビューも経験した。現在発売中の『AERA English 2020 Autumn & Winter』では、英語に興味を持ったきっかけや「まるごとSTAR WARS」の裏話について聞いた。


*  *  *
 約2年前から、英語の勉強を続けている中島さん。普段の勉強法や英語への思いを聞きたいと伝えると、「もちろんです! ぼくでよろしければ」という言葉と、少し照れたような笑顔が返ってきた。

「英語に興味を持ち始めたのは、20歳ごろ。きっかけとしては、やはり圭人の存在が大きいですね」

「圭人」とは、同じくHey! Say! JUMPのメンバーで、海外に留学中の岡本圭人さんのこと。岡本さんは過去にイギリス留学の経験もあり、英語が堪能だ。

「仕事で海外へ行くと、圭人が通訳的なことをしてくれることもあって。そういう姿を間近で見たことが、刺激になりましたね」

 英語学習の初期段階では、地道なインプット作業が欠かせない。中島さんも時間を見つけては、文法の基礎固めや例文の暗記に取り組んだという。勉強の成果を感じることができたのはそれから数カ月後、仕事でニューヨークを訪れたときだった。

「ジャスティン・ティンバーレイクの振り付けも担当している振付師の方とお仕事をさせていただく機会があったんです。そこで予想以上にコミュニケーションが取れたことが嬉しくて。自分の英語は通じる!って自信もつきましたし、英語の勉強がさらに楽しくなりました」

■英語インタビューは毎日練習を重ねた

 今年1月に放送されたNHKの特番、「まるごとSTAR WARS」では、2015年以来2度目のナビゲーターを務め、J・J・エイブラムス監督を始めとする制作スタッフに、英語でインタビューを行った。

「事前に英語で質問を考えて、ネイティブのスタッフにチェックしてもらったら、単語も文法も、ぼくが書いたものよりかなりレベルアップされて戻ってきて(笑)。これは実力との差が大きいぞ!と思いました」

 それからは毎日練習を重ね、当日はすべての英文を暗記して臨んだ。

「棒読みのインタビューでは失礼なので、感情を込めて話せるようにはしていこうと。でもペーパー5枚ぐらいの英文を1週間で覚えなければならず、さすがに焦りました(笑)」

 現在の勉強方法は、「テキストの重要項目は文法、発音と色分けしてマーカーを引く」「リエゾンやリダクション(英語で発音しない部分)を意識してリスニングの練習をする」など、かなり本格的。中島さんの発音の良さには、生まれ持った「耳の良さ」も関係しているのではないかと尋ねると「そうかなぁ……でも確かに、ものまねはうまいって言われます」とのこと。

「海外のドラマや映画のセリフを、まねして言ってみることもあります。例えば映画『ジョーカー』の主人公が復讐相手に言う“How about another joke, Murray?”とか。不気味なシーンなので、まねしながら『怖っ!』てなります(笑)」

■間違いは気にしない、前向き思考が上達の秘訣

 英語を話すことの楽しさを、いきいきとした表情で語ってくれた中島さん。新しい言葉を覚えたときは、「とにかくすぐ、誰かに使ってみる」そうだ。その相手は海外留学中の岡本さんだったり、ジャニーズWESTの濵田崇裕さんだったり。

「圭人とは、ときどきビデオ電話で話しています。ハマちゃんは事務所の先輩であり、大事な英語勉強仲間。英語の話だと先輩後輩の垣根が取れて、後輩のぼくにも『そのイディオムはどういう意味なの?』なんて気さくに聞いてくれる。これも英語を勉強していて良かったことですね」

 完璧をめざさない。間違えても気にしない。英語学習では、そんな大らかさも大切だと感じている。

「海外の人にポジティブ思考の人が多いからなのかもしれないけど、英語を話していると、ぼく自身の思考も前向きになる。笑顔になるし、伝えたいこともどんどん出てくるんですよね」

 今の目標は「自分の力で、よりスムーズなコミュニケーションを取れるようになること」。そしてその先には、海外ドラマやハリウッド映画出演という大きな夢がある。

「海外の現場は日本と全く違うらしいので、そこも興味があります。まったく違う環境の中でどれだけ自分ができるか、試してみたいです」

◆中島裕翔(なかじま・ゆうと)
1993年東京都生まれ。アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」のメンバー。ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ)に出演。雑誌「MEN’S NON−NO」(集英社)ではモデルとしても活躍する。New Single「Your Song」が発売中。

(文/木下昌子)

※『AERA English 2020 Autumn & Winter』より