近年、かむ力と全身の健康との関係について関心が高まっています。歯を失った人の代替法として「インプラント」がありますが、「第二の永久歯」といわれるほど「かむ力」がとり戻せることで注目を浴びています。日本口腔インプラント学会は、広く一般の方々に向けて、インプラントについての正しい情報を伝える公式本『「かめる幸せ」をとり戻す』を9月に刊行しました。本書から抜粋する形で「残っている歯の数と認知症」「かむ力と健康長寿」についてお届けします。



*  *  *
 人生100年時代といわれるいま、認知症を発症せずに、できるだけ自立した生活を送りたいものです。

 実は、歯を大切にすることは、認知症を予防することにもつながるといわれています。

 米国の修道女を対象とした「ナン・スタディ」と呼ばれる認知症研究があります。

 同じような環境下で長年暮らす修道女たちに協力を得て、彼女たちの老化を多角的に調査したものです。

 それによると、残っている歯の数が「0〜9歯」の人は、「10〜28歯」の人より、アルツハイマー型認知症の発症リスクが2.2倍も高かったそうです。

 また、老いたマウスに迷路を記憶させる実験で、抜歯したマウスと抜歯しないマウスを比べた場合、明らかに抜歯したマウスの記憶力が低下したそうです。

 つまり、「歯が残っているかどうか」が認知症や脳の機能に影響するのです。

 さらに、年をとっても健康で質の高い暮らしをしたい、元気で活動的に生活をしたい、そう思っている人も多いことでしょう。

 それを実現するためにも、実は「歯が残っているかどうか」が、とても重要な役割を果たすのです。

 調査によると、食事を「とてもおいしい」「おいしい」と感じている人は、平均で約20本の歯が残っていたそうです。

 一方で、「おいしくない」と感じている人の平均は約11本です。

 健康で質の高い暮らし、QOL(Quality of Life)の高い生活に「おいしい」という感覚は大切です。

 その感覚は「残っている歯の数」によって大きく左右されるのです。

 ほかにも、「かみ合う歯が多い人ほど脚力やからだのバランスをとる能力が高い」「運動機能が高い人ほど歯の数や咀嚼できる食品数が多い」という調査結果もあります。

「歯」は、質の高い暮らしや健康長寿に大きくかかわっているのです。

 残っている歯が多いこと、かむ力のあることが、要介護を予防し、健康寿命を延ばすことに影響するとおわかりいただけたでしょうか。だからといって、「歯を失ったら終わり」ではありません。

 自分の歯はほとんどなくても、義歯を使用している人は、義歯を未使用の人に比べて認知症を発症する割合が低く、20歯以上自分の歯が残っている人とほぼ同様との調査結果があります。

 また、義歯を使用すると、転倒のリスクが少なくなることもわかってきています。

 たとえ自分の歯を失っても、入れ歯やインプラントなどの義歯で歯を補えば、お口の機能は回復します。

 歯を補う方法の中でも、特にインプラントはかむ力が強く、「第二の永久歯」ともいわれます。

 インプラントでお口の機能を回復することは、要介護を予防し、健康寿命を延ばすことに大きく貢献する可能性があるのです。

※『「かめる幸せ」をとり戻す』より抜粋