高齢になると、かめない食品が増えたりするなど、お口の機能が低下していきます。それはやがて全身への健康にも影響を及ぼします。日本口腔インプラント学会は、広く一般の方々に向けて、かむことの重要性についての正しい情報を伝える公式本『「かめる幸せ」をとり戻す』を9月に刊行しました。本書から抜粋する形で「体の健康とお口の健康のかかわり」「オーラルフレイル予防の重要さ」についてお届けします。



*  *  *
 超高齢社会を迎えた日本で、今後ますますキーワードとなる言葉があります。

 それが「フレイル」です。「フレイル」とは、高齢になって、心身の機能や活力が衰え、虚弱となった状態のことをいいます。「健康」と「要介護」の間といえばいいでしょうか。

 フレイルに早く気づき、治療や予防をすることで、要介護に進行することを防ぐと考えられています。

 フレイルを予防するために大切といわれる三つの柱があります。「身体活動」「社会参加」「栄養」です。

 からだを動かしたり(身体活動)、人と交わったりする(社会参加)ことと同じくらい、「栄養」は大切です。この「栄養」は、単に「バランスよく食べる」だけではありません。かむ力やのみ込む力など、口腔機能も含まれます。適切なお口の管理・ケアをして、口腔機能の低下を防ぐことも重要なのです。

 高齢になると、かめない食品が増えたりするなど、お口の機能が低下していきます。

 この状態を「お口」の「フレイル」で、「オーラルフレイル」といいます。

 オーラルフレイルになると怖いのが、負の連鎖です。かめなくなると、食べられる食品の数が減ります。すると、さらにかむ力が落ちてしまいます。

 この結果、口腔機能が低下し、低栄養やサルコペニア(筋力低下)のリスクが高まります。

 オーラルフレイルは、からだのフレイルに先がけて、始まります。調査によると、オーラルフレイルと認定された人は、そうではない人と比べると、24カ月後にはからだのフレイル、サルコペニアともに2倍以上の発生率でした。

 45カ月後の要介護認定、死亡の発生率も2倍を超えていました。

 オーラルフレイルは、全身の機能が低下するサインともいえるのです。

 しかし、むし歯や歯周病などにより、やむをえず永久歯を失うと、生え変わりはありません。歯を失ったままでいると、かみ合わせは悪くなり、かむ力も衰えます。結果、お口の健康を大きく損なってしまうのです。

 これまでは、いわゆる「入れ歯」や「ブリッジ」のような装置を利用して、失った歯を補い、お口の健康を回復してきました。しかし、ここ数十年、それに代わるものとして大きな存在感を示してきた装置があります。

 それがインプラントです。

 「入れ歯」や「ブリッジ」に比べてインプラントには「しっかりかめる」「残った歯に負担が少ない」「見た目が自然で美しい」などの利点が多くあります。なかでも、インプラントの最大の利点は、「しっかりかめること」ではないでしょうか。かむ機能を最も回復できるために、「第二の永久歯」といわれることもあるのです。

 日本でのインプラント治療の歴史はまだ新しいもので、歯科医療として認められたのは1960年代以降です。この半世紀、とりわけ過去20年間にインプラント治療は日本を含めて世界中で普及し、多くの患者さんがこの治療によりお口の健康をとり戻しています。

 一方で、インプラント治療は入れ歯やブリッジなどとは異なり、外科手術を伴います。従来の治療法に比べて治療期間が長くなること、治療費が高くなることなどの理由で、受診をためらう患者さんが少なくないのも事実です。また、医療情報が氾濫しているため、正しい情報を求めている患者さんが数多くいらっしゃいます。

 こうした状況に、インプラント治療についてわかりやすい情報を提供する本が必要だとの声を受け、この度刊行したのが『「かめる幸せ」をとり戻す』(朝日新聞出版刊)です。

 オーラルフレイル、ひいてはフレイルにならないためにも、「かめる幸せ」をとり戻し、健康に長生きするためにも、インプラントにすることを考えてみるのもいいかもしれません。

※『「かめる幸せ」をとり戻す』より抜粋