秋になると各塾で始まる、中学受験を見据えた入塾テスト。とくに小学校3年生の親は「うちの子はどうする?」と思っている方も多いのでは?「AERA with Kids 秋号」では、プロ家庭教師として活躍する、西村則康先生と安浪京子先生が対談。お二人の意見が一致した、中学受験生を教えていて気になること、そして低学年がやっておきたいこととは?

*  *  *
安浪:子どもたちを教えていて、以前から気になっていたのが基礎学力のことです。新しく教えることになった子の中には、塾に通ってはいるけれど学力が上がっていかないと悩んでいるご家庭もあって、そうした場合、多くは基礎学力が不足しているんですね。塾に通っているとは言っても、そもそも 大手塾はいきなり演習などから入ってしまって、一番やらなければいけない基礎を全部飛ばしてしまっている。そこも常々「由々しき問題」と思っていたんですけれど。

西村:授業システムがそうなってしまっているのですね。概念導入の授業があって、次に演習があってという順番でやるべきなのが、大半の塾はそうなっていません。たとえば生徒が質問にいくと「これはつるかめ算だから」で始める塾講師が本当に多い。「なぜつるかめ算と考えられるのか」という理由説明、もしくは子どもにつるかめ算と感づかせる導きがないのです。

安浪:本当にそうです。ですから問題は子どもにあるのではなく、教える側にある。西村先生や私のような家庭教師はそこの「教育の穴」を埋める仕事といってもいいぐらいです(笑)。

西村:私は基礎学力については、「基礎処理力」と「基礎概念力」の二つに分けてよく説明するんです。「基礎処理力」は、計算が早くできたり、図やグラフをさっと読み取ることができる力。繰り返しの学習でついていく力ですね。これはこれで大切です。「基礎概念力」とは、たとえば「8+5はなぜ13なの?」というような、理屈の部分を理解させること。学年が上がれば上がるほど、「なぜそうなのか」を納得する時間がとても重要になってきます。試行錯誤して考え、「なるほど!そうか!」という素直に心を動かす経験が必要です。

安浪:西村先生は「基礎概念力」はどのようにつけさせるのがいいと思いますか?

西村:まず大切なのは、子どもの身体感覚に落として説明すること。旅人算であれば、実際に子どもを立たせて、先生と向かい合い、ヨーイドンで一緒に歩き出す。すると、どこかでドンと互いがぶつかります。その感覚を身につけさせるとか。そこから説明を始める。このように、子どもが本来もっている身体感覚に、教科内容をつなぐ作業が基礎概念力をつける「導入授業」なのだと思います。

安浪:線分図を書くなど、書く作業できちんと視覚的に落とし込むことも大事ですよね。線分図を書かせずに、式だけ書いて解かせようという塾講師は多いですから。

西村:現場の塾の先生方が導入授業の大切さをわかっていない。経営陣の一部や問題を作っている教務の一部はわかっていると思いますが、それが現場に伝わっていない。

安浪:導入授業をやってあげたくても、それをやっているとカリキュラムが追い付かない、というのもありますよね。テストに出そうな問題をやっておかないと点が取れないし。でもそれは極端にいえば「テストに出る問題を先に見せている」だけ。実力をつけることではないんですね。

西村:だからデイリーチェック(復習テスト)では点数が取れるけど、マンスリー(実力テスト)ではできなくなってしまう。

安浪:保護者もまずは目先の点数の点数が上がることを求めていたりしますから難しいところです。

西村:ところが目の前の点数取りを目指しながら、実際は目の前の点数も上がっていない子は多いんです。4 年生のうちなら基礎概念力がなくても頑張って問題を覚えきれる。ただ、その方法で5 年生を過ごそうとすると半分が落ちこぼれる。6 年生ではほとんどの子が落ちこぼれる。だからいつかの時点で思考型、理解型の勉強に変えていくかが勝負だと思っています。

安浪:中学受験をこれから考えている低学年のご家庭は、基礎力をつけるために、今から何をしておくと良いと思われますか?

西村:基礎概念、理解力は何がベースになるかというと、身体感覚なんです。塾に入るのが4年生からだとすると、それまでの間にどういう勉強をしてきたのかが大切になります。大前提として学校の授業はしっかり聞くこと。これはじつはとても重要なのですね。「自分の思ったことはどんどん発言していいんだよ」「友だちの言うことはちゃんと聞いておくんだよ」からが勉強の出発点になるので、「うちの子は塾に行かせているし、先行して勉強しているから学校の宿題は適当にやっておきなさい」はよくない。あとは家庭内での会話も重要です。「今日学校で何があった?」の後に、すぐ「で、宿題は?いつやるの?」に親はなりがちですが、「こういうことがあって、こう思った」を引き出してあげる言葉かけをしてほしいですね。算数で言うと、近くのコンビニで構わないので、小銭をもたせて買い物にたくさん行かせてほしい。3年生でも10進数がわからない子が、近頃本当に増えてきているんです。

安浪:生活体験がないことで、勉強が理解できないケースが増えてきているなあと私も感じます。6年生の子に食塩の問題を教えていて、「水が蒸発して食塩が△%になりました。これは濃くなる?薄くなる?」と聞いたら、一緒という答えが返ってきたことがあって。「じゃあ、おみそ汁を煮詰めたらどうなる?」と尋ねても、どうなるかわからない。生活の中でお手伝いをさせていないんですよね。

西村:基礎学力は生活の中の経験がベースになります。割引セールでの買い物経験がない子に「割合(売買損益)」を教えるのは難しい。低学年の場合はとくに、生活すべてが勉強の元になっていると考えるべきなんですよ。

安浪:低学年の間は、「今からやらせておかないと乗り遅れる」も、あまり考えなくていいと思っています。3年生で塾の公開テストを受けたら算数の偏差値が28で、「中学受験は 諦めます」というご家庭があったのですが、「ちょっと待って。決めるのはまだ早いです」と。3年生の公開模試なんて教育熱心な家庭の子しか来ていないわけで、問題だってめちゃくちゃ難しい。先取りでやっている子は点数も取れるかもしれませんが、大事なのは6年生のときにどのくらいの学力がついているかですから、低学年のときに先取り学習でいい位置にいてもあまり関係ないんです。

西村:学習の方法で言うと、公文でのパターン演習は、合う子と合わない子がいます。文字を殴り書きしているようなら合わない可能性が高いです。じっと座って同じことを繰り返す作業を嫌々やっている証拠だからです。だったら指を使って体を動かせるそろばんに変えたほうがいいかもしれない。そろばんは10進数の感覚もしっかり身につきますしね。

安浪:たしかに公文は合う、合わないがあるかもしれないですね。低学年のうちに計算力をつけておくことは大切だとは思いますが。

西村:低学年のうちは生活のすべてが勉強につながっていると考えたほうがいいです。例えば、子どもが言葉の意味を聞いてきたらすぐに「辞書をひいてみなさい」という親御さんがいますが、低学年のお子さんにはそれはあまりよくないと考えているんです。そもそも辞書の説明は抽象的な言葉が多く、子どもは納得感を持ちにくい。

安浪:それにいつもそう言われるとだんだん辞書をひくのがめんどうくさくなって、そもそも質問をしなくなってしまったり。

西村:そうそう。まずは「いい質問ね」から始めて、一緒に考える姿勢を見せてほしい。的確でなくても、手際が悪くてもいいので、親御さんの言葉であれこれ説明してあげる。そのほうが、子どもの中にイメージを作ってあげられますし、語彙や表現が増えることにもつながります。

安浪:基礎学力ということを考えていくと、大本はやっぱり「いかに豊富な体験をさせておくか」なのでしょうね。だからといっていろいろ連れ出せばいい、というわけでもないのが難しいところ。例えば、「うちは世界遺産にいろいろ連れて行ったのにちっとも覚えていない」とおっしゃったお母様がいて。バスの中で親はスマホ、子どもはゲームではダメなわけです。

西村:そうなんですね。連れて行くのであれば親が率先して楽しむことが先決で、大人が楽しんでいることを表現しないと子どもはくっついてきません。

安浪:低学年でも、高学年でも中学生でも一緒ですが、楽しいと思ったこと、好きなことに没頭しながら深掘りしていくなかで、コツンと壁にぶつかって立ち止まる。それを自分の頭で克服して乗り越える。そうしたトライ&エラーこそが、結局は学力をつけることになるのかなと思います。

西村:人間、うまくいかなければ工夫を重ねます。それが頭を使うことだし、体で学ぶことだし、それが勉強につながっていくわけですから。

(構成=AERA with Kids編集部)

※「AERA with Kids秋号」掲載のお二人の対談では、直前期に入った6年生の心構えも掲載しています。ぜひ参考にしてみてください。