東京大学医学部を卒業し、現在、銀座アイグラッドクリニックの院長を務める乾雅人医師。大学院在学中に医療コンサルティング会社を設立し、大手保険会社の業務経験もあるという。その乾医師は、「現在の医療保険や死亡保険への加入はムダが多い」と話す。コロナ禍で医療保険や死亡保険に対するニーズが高まるなか、乾医師が話す「ムダ」とは何なのか、適切な保険の掛け方はあるのか、話を聞いた。



*  *  *
―保険会社で医療コンサルタントをされていたと聞きました。そもそも、どのような業務内容なんですか?

大学院生時代に縁があって、大手生命保険会社のCFR(Closed File Review)という業務に就きました。すでに保険金支払いが完了した案件を再検証し、保険金の支払い要件や金額が適切かどうかをチェックする仕事です。例えば、がん患者が入院中に骨折した症例では、がんの骨転移が原因なのか、転倒が原因なのかによって、支払う金額は変わります。加入者(患者)側には診断書を書いた医師がいますが、繁忙のために書類の不備なども一定数はあります。保険金支払いの過不足がないかどうか、悪意を持った保険活用がされていないかなどを確認していました。

―そうした経験をされたうえで、なぜ「保険はムダ」だと考えているのですか?

そもそも“保険が必要ない人”もいます。深く検討せずに当たり前のように加入することに違和感を抱いているということです。

―「保険が必要ない人」とは?

「保険」をどのようにとらえるかで考え方は変わってくると思います。そもそも保険は、降りかかるリスクに対する対処行動です。図「人生におけるリスクへの対処」の様に「インパクトの大小」と「頻度の多少」の2軸で分類すると分かりやすいと思います。それぞれリスクの種類に応じて、「回避」、「保険」、「予防」、「保有」という行動を合理的な選択としています。本質的に、リスクに対して「保険」を掛けるのが合理的なケースは、頻度が少ないけれど起きたら大きなダメージがある事柄に対してのみだと考えています。

―図の説明をお願いします。

例えば紛争地域に渡航した場合、身柄拘束などのインパクトが大きいリスクの可能性があります。このリスクに対しては、「回避」という行動が合理的です。「予防」は、インフルエンザに対してワクチンを打つことなどです。頻度はそれなりに大きく、インパクトが小さい事柄に対して合理的と言えます。また頻度が少なく、インパクトも小さい事柄に対しては、放っておいても問題ないため「保有」が合理的です。このように整理すると、「保険」という行動が合理的な場合は、一般のイメージよりも限定的であることが伝わると思います。

―図にある「保険」に該当するリスクが自分にとってどういった事柄なのかを考えたうえで、それぞれの生命保険や死亡保険を検討すべきだということでしょうか。

はい。例えば、将来生活習慣病にかかるリスクに対して医療保険に入っておくことは「保険」に該当すると考えがちですが、高コレステロール血症を避けたり、運動習慣をつけたりする「予防」も合理的な選択肢の一つです。また新型コロナウイルス感染症を例にあげると、当初は「感染力が強く、死に至る頻度が高い」というリスクに対して、「外出しない」という「回避」行動が合理的でした。しかしながら「感染力は限定的で、死に至る頻度が限定的」と再評価された場合、今度は「回避」ではなく、「保険」や「予防」、「保有」といった行動を検討すべきだと思います。

―保険に加入する前に考えるべき選択肢があるということですね。

図に照らし合わせて、病気や死亡など自身が危惧する事象が「どれくらいの頻度で起こるか」「どれくらい生活にインパクトを及ぼすか」を考えるといいと思います。インパクトについては資産も関係してきます。自分がどれだけ金融資産を持っているかで、病気・死亡などのイベントが起きたときのインパクトは変化します。同じ資産状況でも、「1000万円あればなんとかなる」人も、「子供がいるので3000万円は必要」な人もいてそれぞれリスクが違う。そういったご自身の事情を考えてから検討するといいでしょう。

そもそも日本国民には手厚い3割負担の「国民皆保険」があります。これは他国からしてみれば本当に恵まれた制度です。国民というだけですでに優れた保険に入っているのと一緒なんです。「国民皆保険」には「高額療養費制度」も含まれます。加えて国による「指定難病」への医療費助成もあり、この3つで大体の人は十分とも言えます。「高額療養費制度」は所得に応じて支払う金額が変わります。例えば、70歳以上で年収370万円以下の一般所得者であれば、どんな高額な治療を受けても一世帯での自己負担の月額上限額は5万7600円です。こうした制度と共に適切な貯蓄をしていれば、保険は、それほど必要なものではないかもしれません。それでも保険に加入したほうが「安心」だと感じてしまうのならば、「掛け捨て型」の保険をおすすめします。

―その理由を教えてください。

そもそも「貯蓄型」や「終身型」のような保険商品は“純粋な保険”としての機能と“運用”としての機能が合体しています。保険を“運用”機能で捉えると、株式などの金融商品への投資と比べて利率が低い。そのため資産運用のために入るのはおすすめしません。

―では仮に保険を選ぶときには、どういった保険会社がおすすめですか?

個人的にはネット保険会社をおすすめします。保険会社の構造を意識すると、私は対面式や広告を多く出している保険会社は避けます。その分自分が支払う保険に人件費・広告費がかかっているということですから。当然そういった余分な経費を掛けていない方が、顧客にとっていい保険だと思います

―今後はネット保険がスタンダードになるのでしょうか。

そうとも言い切れないのが面白いところです。どう考えてもネット保険会社は顧客にとって合理的で、出てきたときに保険業界に動揺が走ったくらいですが、飛躍的に加入率が上がったかというとそうではありませんでした。結局、“合理的だから選ぶ”のではなく、納得感や安心感に後押しされて選択しているんだなと思います。そう考えると、「貯蓄型・終身型保険」というのも、とにかく何かして「安心したい」という人たちにとっては合理的な選択なのかもしれません。

(構成・原田加菜)

<プロフィール>
いぬい・まさと/医師・医療コンサルタント。静岡県出身、35歳。洛南中学・高校卒、東京大学医学部医学科卒。外科専門医。研修医時代から医療コンサルタントとして経営・会計分野で多様な実務経験を積み、2016年に法人化。現在、医院経営や各種企業のコンサルティングを行う。